CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

【レシピ】かんたんがおいしい野菜の塩麴漬けで酵素を味方につけよう!

99 views

野菜の麴漬け

10月も残すところ10日になって、朝夕は寒いくらいの北海道です。
お店に出回る大根や人参が秋のお味になってきたと思いませんか。

夏大根は、ほぼ大根おろしや、サラダの千切り大根くらいしか使わないのですが、きめの細かい大根になった途端に買いたくなります。
太くて、丸みがあって、真っすぐなもの…持ってみて、重みを感じるものがおすすめです。

今日は野菜を塩麹で和えただけの即席漬けをご紹介します。野菜の効果はたくさん書いてきましたので、今日は塩麹効果を。

一大ブームまでおきた塩麹ですが、一時より鳴りを潜めたでしょうか?
・塩で味付けをするなら塩麹で…肉類は柔らかく、淡白な野菜はうまみやコクがプラスされます。他の味付は不要。
・酵素の働きで、ダイエットや美容(美肌や美白)、デトックス効果が期待できます。
・酵素の働きで、免疫力、抗菌力がアップします。

多めに作っておくと常備菜になりますが、3~4日で食べきりましょう。

野菜の塩麹和え

材料と分量(作りやすい分量)
大根
にんじん
きゅうり
ラディッシュ
合わせて300g
青じそ 適宜
塩麹 大さじ3
塩麹の塩気にもよりますが、100gに大さじ1が丁度良い
作り方
  1. 野菜はお好きな切り方で。同じ切り方、厚さにするとお皿の中はスッキリと見えます。
    今回は基本的には輪切りにしていますが、大根は大きいので、四ツ割のいちょう切りにしてあります
  2. 野菜に分量の塩麹で和えて、10分ほど置き、最後に千切りした紫蘇を和えてできあがり

美味しい日々
いよいよ

この時期のお楽しみの1つは「いくら」のお醤油漬けを漬けること。
鮭も子孫を残すために、この温暖化と戦って年々産卵が早まっているのだそうです。
結果、お店には悲しいような小さないくらが並んでいます。
昔は11月の終わり、卵もぷくぷくに太って…さりとて、口に入れてはじけない程度の卵を選ぶのは至難の業でしたけれど、これも楽しみの一つ。
昨年は鮭が穫れなくて、いくらの出回りも少なく、お値段も高くて、高くて…それでも、小樽の市場でおいしいのを見つけてかろうじて漬けましたから、今年は釧路の和商市場にお願いする予定。
ちなみに、写真は去年のもの。楽しみ楽しみの秋です。




Author's Profile

料理家足立洋子(あだちひろこ)
1951年、函館生まれ。
自由学園女子最高学部卒業。
会員数2万人の「全国友の会」において30年ほど食の講師をつとめる。
NHK「あさイチ」で料理のスーパー主婦として出演。
2013年9月に発売した新潮社から発売した著書『かんたん が おいしい』は13万部を超える。

レシピ本を多数出版している他、雑誌などへのレシピ提供を行なっている。
趣味はお取り寄せ。

当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE