足立洋子の体がよろこぶおいしいご飯

【レシピ】美肌+αの効果抜群!コラーゲンたっぷり鶏手羽スープ

P7162909

陰暦11月の異称はこの月になると霜が降りて来ることから「霜降月」と言われたのが、「霜月」に転じたと言われているそうです。
又「雪待月」と言う言い方もあるようで、いずれにしても冬を迎える心持を表しているステキな呼び名ですね。

今日は体も冬バージョンに備えるため「病人の滋養食」と言われるほど素晴らしい効能を持つ「鶏の手羽先」を使った温かなほっこりスープを作ってみましょう。
春雨を多くすると主食も兼ねたスープになります。

コラーゲンたっぷり鶏手羽スープ

材料と分量(2人分)
鶏手羽先 4~6本
ザー菜 20~30g
生しいたけ 3枚
小葱 5本
緑豆春雨 20g
スープ 水カップ2+鶏がらスープの素小匙2
大匙1
適宜
作り方
 1.鶏手羽肉はさっと熱湯をくぐらせておく。(この一手間で鶏の臭みが消えます。)
2.ザー菜・生しいたけは太めの千切り、小葱は4㎝くらいの長さに、春雨は熱湯で戻して食べやすい長さに切っておく。
3.鍋にスープと酒を入れて鶏手羽肉を煮立たせずに煮る。(煮立たせないことで澄んだスープに仕上がります。)
4.3にザー菜、生しいたけ、春雨を入れて煮立ったら(このくらいの時間だと煮立たせてもスープは濁りません。)小葱をいれて出来上がり。

コラーゲンたっぷりの鶏手羽は大人女子の味方!

世界三大美人のお1人、揚貴妃も好んで食べたと言われる鶏の手羽先はコラーゲンをたっぷりと補給できる上、消化も良く「冷え性」「疲労回復」など、栄養の効果がすぐにあらわれるほどの健康食品です。

美肌効果にはかかせないコラーゲンですが、コラーゲンとは、タンパク質の一種で、皮膚や筋肉・内臓・骨・関節・目・髪など全身に含まれており、それらの細胞同士を連結させる役割をしています。

又、手羽先にはメチオ二ンと言う栄養素が豊富でお酒の飲み過ぎや、過食からおこる「脂肪肝」を未然に防ぐ効果があります。

体内にメチオ二ンが不足すると血管内にコレステロールが沈着し、「動脈硬化」「心臓病」を引き起こす原因になりますから積極的に摂取したい栄養素です。

寒い冬に向かって全身症状を良い状態にしておくには良質のたんぱく質は不可欠です。

著者プロフィール

足立洋子(あだちひろこ)
足立洋子(あだちひろこ)料理家
1951年、函館生まれ。
自由学園女子最高学部卒業。
会員数2万人の「全国友の会」において30年ほど食の講師をつとめる。
NHK「あさイチ」で料理のスーパー主婦として出演。
2013年9月に発売した新潮社から発売した著書『かんたん が おいしい』は13万部を超える。

レシピ本を多数出版している他、雑誌などへのレシピ提供を行なっている。
趣味はお取り寄せ。

関連記事

  1. 【レシピ】疲れも肩こりも解消!玉葱のステーキ
  2. 穴子寿司 【レシピ】おいしい穴子寿司で体力UP!
  3. 麻婆茄子のジャージャー麺風うどん 【レシピ】麻婆茄子のジャージャー麺風うどんで夏のむくみとさような…
  4. 【レシピ】鶏肉と白菜と○○のスープ鍋で体の芯から温めよう! 【レシピ】鶏肉と白菜の具沢山スープ鍋で体の芯から温めよう!
  5. 【レシピ】2016年も美味しく健康に!揚げ餅のたっぷりお汁
  6. 【レシピ】年越しは栄養満点のおとうじで 【レシピ】年越しは栄養満点のおとうじで
  7. 【レシピ】たこのチヂミで疲れを吹き飛ばそう! 【レシピ】たこのチヂミで疲れを吹き飛ばそう!
  8. 【レシピ】土用の丑の日には“うなぎとみょうがのお寿司”で夏バテ防…

New!!

  1. 【プレゼント】『アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング』一般試写会
  2. 世界初の個人美術館 パリ「ギュスターヴ・モロー美術館」
  3. ハリと透明感に満ちた肌へ。「コスメデコルテ AQ クリーム アブソリュート X」誕生!
  4. 【セルフネイル】表情豊かな冬のフラワーネイル
  5. 美白のハーブ「ヒース」でからだの内側からきれいに!
  6. YUKIRINセレクト、今選ぶべき美容オイル指南
  7. 【編集長日記】BIOPLE FESに参加してきました Vol.2
  8. 立冬が近づいたらビタミンカラー
  9. 【プレゼント】『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ライブビューイング付ジャパンプレミア試写会
  10. 幸運の星『木星』のパワーを香りでまとってみよう!!
七音の幸せになる数秘術占い 11月の運勢

Present & Event

PAGE TOP