CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

【ワークスタイル】一緒に働く仲間が最大限の力を発揮できるように 山田薫さん(化学メーカー勤務)

一緒に働く仲間が最大限の力を発揮できるように 山田薫さん(化学メーカー勤務)

人事部にいたときは、学生さんとの面接に小一時間。世間話をしながら、相手を見極めていたという山田さん。今は営業部で、現場とお客様をつなげる大事な役割を担っています。「日々、他の部署の人やお客様に育てていただいています」と語る会社員・山田さんのお仕事について、詳しくうかがいました。

「私の仕事は調整役」

――現在具体的にはどのようなお仕事をされているのですか。
顔料や印刷インキ等を開発、製造している化学メーカーでマーケティング・営業の仕事をしています。主に液晶パネルをつくる家電メーカーさん向けに、発色の元となる画素用の「赤・緑・青」の色材を販売しています。

会社では、技術部の人たちが新製品の開発などにかかわり、工場で実際に量産する体制をとっています。私はそうした、技術や工場の人たちと、お客様の間に入って、よりスムーズによい製品をお届けできるようスケジュールを組んだり、それぞれの要望を伝える、言ってみれば調整役です。

仕事用のノートは打ち合わせの内容が
仕事用のノートは打ち合わせの内容が

たとえば、お客様から「新製品をつくるから、こういう色を出せるようにしてほしい」というお話があれば、それを技術に伝えて、開発につなげたり、お客様からの発注を工場に伝えたり。新規のお客様を開拓するというよりは、お客様の対応をするのが主になっています。

――この会社を選ばれたのはなぜですか?
就職活動をしているときに、自分は商社や金融よりも、扱っているものが見える会社、メーカーのほうが合っている気がしました。あとは海外にも興味があったので、それらを軸に探して、絵を描くもの好きだったことから、今の会社を志望しました。




Author's Profile

フリーライター菅原然子(すがわらのりこ)
大学で数学、大学院で教育社会学を専攻後、月刊『婦人之友』(婦人之友社)、月刊『教員養成セミナー』(時事通信出版局)等の記者・編集者を経て独立。
人物インタビューや教育関連記事を中心に、多分野の記事を書いています。
夫婦+コドモ2人(♀)の4人家族。
趣味はチェロを弾くこと。
動物と、文字と、音楽をこよなく愛するもの書きです。

当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE