CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

肌のすきまと、すべりこむ微熱

6 views

11

眠りにつく前の一瞬。夢と現実の狭間。その瞬間、女に戻る。
レースのランジェリー代わりに黒の小瓶を纏う。どこまでも柔らかなスキンパルファム。肌をそっと撫ぜると触れた場所から指を熱く感じる。星が零れ落ちるように。
夢のうつつに、夜の顏を覗かせる。花びらがゆるやかに開く。大丈夫、清らかなバラが肌に寄り添うように支えてくれるから。
昼の顏は澄ましていれば良い。どんな醜さも欲望も小さなバッグに仕舞っておけば良い。けれど、夜と香りがあなたを解放する。女であって良い。求め奪って良いと囁くのだ。
女たちよ、自由になれ。


彼の鎖骨はまるで女性のようにどこまでも繊細だ。そっと人差し指でなぞってみる。
日焼けしていてもなめらかにしっとりと吸い付くような肌。
ニットの胸に顔をうずめると香りが出迎えてくれる。この香水の柑橘類やハーブのみずみずしさと、スパイシーな力強いエッセンスの対比は、ともすると不機嫌にも見えてしまいそうなクールな横顔と、笑った時に下がる目尻に似ている。
雨上がりの水たまりには、私たちの影と街灯が揺れ、空を見上げると秋の星座が煌めいていた。踏み石を渡り、公園のベンチに座る。ポケットの中でぎゅっと手を握りあう。明日も会えるように願う。

2

恋は香りと同じくらい不確かだ。でも飛び込んでみる勇気が、未来を変える。
彼はそっとジャケットを彼女の細い肩にかける。二人の吐く白い息は10月の夜空にゆっくりと消えていった。


立ち昇る紅い1本の煙は、まるで竜の尾のようにゆるやかな弧を描きながら、地上高く舞い上がり、空へ吸い込まれるように消えてゆく。

彼はその煙に足をかけると、少しづつ地上から昇っていった。熱を帯びた煙を両手で掴むと、身体の隙間に入り込んでゆく。そして、じりじりと昇ってゆく。

何時間かかけて、あと少しで空に届くという頃、煙はサッと途切れ、今度は地底へ引きずり込むように落ちていった。重力に任せ、ただただ落ちてゆく。声も出ない。激しい空気の音と風が落下していることを感じさせた。

地面に叩きつけられる!そう思った瞬間、身体が何も痛くないことに気が付いた。ギュッと閉じていた目をうっすら空けてみると、彼女が微笑んでいた。

天国と地獄は表裏一体。
愛する歓びと、愛する憎しみは1本の煙でつながっているのだ。時に舞い上がり、時に落下して、人間はそれでも愛を探す。
その煙はきっとユリの花とインセンスの香りで満ちているだろう。PASSAGE D’ENFERのように。

3


【掲載商品】
クレ・ド・ポー ボーテ「シナクティフ ローズシナクティフ」50ml / ¥30,000+税 / 株式会社 資生堂インターナショナル tel.0120-31-4710
ポール・スチュアート「オード パルファン フォーチュン」50ml ¥5,000+税 / ポール・スチュアート tel.0120-878-615
L’artisan Parfumeur「パッサージュ ダンフェ」100ml ¥16,400+税 / ブルーベル・ジャパン株式会社 香水・化粧品事業本部 tel.03-5413-1070




Author's Profile

美容ジャーナリスト/香りのストーリーテラーYUKIRIN
ナチュラルコスメとフレグランスのエキスパートとして、
「香りで選ぶナチュラルスキンケア」や、「香りとメイクのコーディネート」など提案する他、
香りから着想される短篇小説を連載中。

媒体での執筆・連載の他、
化粧品のディレクション、イベントプロデュース、ブランドコンサルティングなど幅広く活動している。
Follow :
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE