CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

【レシピ】シミ・ソバカスを防ぐ美肌効果抜群!ブロッコリーのサラダ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大雪に悩まされたところも多かったこの冬もいよいよ終わり3月に入りました。
若くても冬には血圧が上がりやすかったり、何となく体の中がスッキリしなかったり・・・冬の間にたまつてしまった老廃物を早く解毒し、春バージョンの体を作りましょう!
今日はブロッコリーを使ったサラダをご紹介します。
ブロッコリーにはシミ・ソバカスを防ぐ美肌効果もありますよ。

ブロッコリーのサラダ

材料と分量 (2人分)
野菜
レタス
胡瓜
玉葱
ルッコラ
サラダほうれん草
合せて150g
トマト 1個
ブロッコリー 1/2本
ベーコン 40グラム
作り方
1.野菜(トマト、ブロッコリー以外)を切って冷水の中で彩りよく混ぜ合わす。
レタス→ちぎる
胡瓜→縦半分に切って斜め切り
玉葱→縦半分に切って薄く半月切り
ルッコラ→食べやすい長さに切る
サラダほうれん草→食べやすい長さに切る
トマト→6等分に切る
2.小房に分けたブロッコリーは沸騰したお湯の中に入れて20秒くらいで堅めにゆでる。
※一気に冷水をかけて冷ますのが一番緑がきれいに仕上がります。
3.ベーコンは少し厚みが残るように切ってお好みの焼き加減でどうぞ。
4.器に彩りよく盛付けお好みのドレッシングや、マヨネーズ・・・私はポン酢で頂くのが好きです。
※お好みで粉チーズをかけても美味しいです。

ブロッコリーのビタミンCはレモンの2倍!

ブロッコリーの栄養面でのすごさは、なんと言ってもビタミンCの豊富さです。
その量はレモンの約2倍、じゃがいもの7倍にもなり、ブロッコリー100gでビタミンC、1日の必要量が摂れる計算です。

緑色のブロッコリーには、血中コレステロールを下げると共に、抗酸化作用の大きい葉緑素が豊富です。
胃粘膜を保護して胃炎や胃潰瘍を防ぐビタミン様成分のビタミンUなど、注目の成分も多様に含まれ栄養の宝庫といってよい野菜でしょう。
また、1株食べても40キロカロリーと、低カロリーなのも大きな魅力の食材です。

プッシュ通知

Author's Profile

料理家足立洋子(あだちひろこ)
1951年、函館生まれ。
自由学園女子最高学部卒業。
会員数2万人の「全国友の会」において30年ほど食の講師をつとめる。
NHK「あさイチ」で料理のスーパー主婦として出演。
2013年9月に発売した新潮社から発売した著書『かんたん が おいしい』は13万部を超える。

レシピ本を多数出版している他、雑誌などへのレシピ提供を行なっている。
趣味はお取り寄せ。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE

※当サイトの全ての掲載記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。