まつい瑶子のおしゃれフォト

料理カメラマン まつい瑶子のおしゃれフォトVol.11

a

ある日の夕食風景です。
白いお皿を使い、露出を上げて明るい写真に仕上がるようにしました。
明るい写真はカジュアルで楽しげな雰囲気になるので、ファミリー向けレストランのメニュー写真に多く使われています。

b

上の写真と同じ料理で、お皿+盛り付け+背景を変えて撮ったものです。
露出を下げてアンダー気味に撮ると落ち着いた雰囲気になります。

c

並べ方を変えて撮ったものです。
メンチカツのお皿の下に小皿を重ね、他のお皿よりも高さを出しています。
いろいろな料理を並べて撮る場合、一部のお皿の高さを変えると存在感・立体感が出てきます。

d

左:F5,6
右:F8,0
一見、左右どちらも同じような写真に見えますが、ほんの少しだけ撮り方を変えています。
2枚とも手前と奥のお皿をぼかして主役のメンチカツにピントが合うようにしているのですが、左の写真はF5,6とややぼけ気味に、右の写真はF8,0と左よりもやや絞ってメンチカツの衣のカリッとした香ばしさ、食感が出るようにあまりぼかさずに撮っています。
また、右の写真は茄子のお皿の位置をほんの少し変えて一番奥の野菜と同じバランスで見切れるようにしました。

e

お皿を並べて斜めから撮る構図の場合、きれいに見えるポイントは、
A=画面上部と下部のお皿の見切れる範囲を合わせる(どちらも同じくらい見切れるような構図にする)。
B・C=画面左右のお皿の見切れる範囲を合わせる(A同様どちらも見切れるような構図にする)。
ことです。
例えば手前のお皿が見切れていて、奥のお皿の全景がしっかり写っていると、なんとなく違和感のある写真になってしまいます。
お皿一枚一枚をしっかりと写す構図の場合は、上下左右の隙間をおなじ間隔にするとバランスの良い写真になります。

著者プロフィール

まつい瑶子(まついようこ)
まつい瑶子(まついようこ)
1974年生まれ、北海道出身。
出産後写真に興味を持つようになり、主婦業の傍ら本格的に写真を学ぶ。

現在はフリーカメラマンとして雑誌・書籍・web広告を中心に撮影活動を行っている。

関連記事

  1. モニタの色、合っていますか?
  2. 料理カメラマン まつい瑶子のおしゃれフォトVol.6
  3. 料理カメラマン まつい瑶子のおしゃれフォトVol.9
  4. 料理カメラマン まつい瑶子のおしゃれフォト Vol.1
  5. 自然な色合いで写真を撮るには?
  6. 料理カメラマン まつい瑶子のおしゃれフォトvol14
  7. 料理カメラマン まつい瑶子のおしゃれフォトvol13
  8. 料理カメラマン まつい瑶子のおしゃれフォトVol.5

New!!

  1. 【セルフネイル】目を引く最強フレンチ クリスマスイルミネイル
  2. 【プレゼント】「くるみ割り人形と秘密の王国」プレミアム・キーチェーン
  3. きのこたっぷり!チキンソテーのきのこクリームソースで週末ごはん
  4. 【プレゼント】『アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング』一般試写会
  5. 世界初の個人美術館 パリ「ギュスターヴ・モロー美術館」
  6. ハリと透明感に満ちた肌へ。「コスメデコルテ AQ クリーム アブソリュート X」誕生!
  7. 【セルフネイル】表情豊かな冬のフラワーネイル
  8. 美白のハーブ「ヒース」でからだの内側からきれいに!
  9. YUKIRINセレクト、今選ぶべき美容オイル指南
  10. 【編集長日記】BIOPLE FESに参加してきました Vol.2

Present & Event

PAGE TOP