CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

三明治と珍珠奶茶

243 views

P1000877

「三明治」はサンミンズと読むのですがサンドイッチのこと。
台湾の街中には朝ご飯屋さんが沢山あって、ふつうの三角のサンドイッチも置いてあるし、こうしたトーストタイプのサンドイッチやハンバーガー、おかゆや蛋餅(ダンピン)と呼ばれるクレープのようなもの、お粥、などなど安くて美味しいものが気軽に買えます。

P1010331

大抵お昼くらいまで営業しているので、ちょっとお腹が空いたときなどにもちょうどよいのです。
写真は「玉米(ユイミー)」のトーストサンド。玉米とはコーンのことです。
注文が入ってから作ってくれるのですが、コーンは卵と合わせてオムレツのような感じで入っていました。その他はきゅうりとレタス。それが軽くトーストした薄切りパンに挟まっています。やさしい味でとっても美味しい。

朝買うときにはどこのお店も大抵豆乳が置いてあるのでいつもは豆乳と一緒に買ったりします。この豆乳もクセがなくてまた美味しい。台湾の豆乳、大好きです。
こういう朝ご飯屋さん、日本にもあればいいな、ってすごく思います。
気軽で安くて美味しくて。朝ご飯抜きなんて絶対に出来なくなります。

それからもう一品は珍珠奶茶。これはタピオカミルクティのことです。
台湾に行ったら絶対に飲む!という人も多いのではないでしょうか。
もちもちの大粒のブラックタピオカにミルクティ。この組み合わせは本当に最強!美味しいですよね。

こういったテイクアウトのドリンク屋さんも街中には山のようにあります。コンビニとドリンクスタンドは台湾ではどこを歩いていても見かけます。
今回のタピオカミルクティは「50嵐」というお店のものなのですがこのお店も本当にどこでもあって、一体何店舗あるんだろうというくらいです。

いつも人が並んでいるし、現地の人にも人気のようです。日本語メニューも完備してあるのでわたしたち日本人も安心して行けるお店です。もちろん味もばっちり。
ただ、どこのドリンクスタンドでも注文する時に絶対にいくつか聞かれることがあるので実はちょっとだけ心の準備が必要です。

それは「砂糖の量(甜度)」と「氷の量(冰塊)」。台湾のドリンクは甘さが入っているのがスタンダード。なのでみんなカスタマイズして自分好みのドリンクを作ってもらっています。「正常」というのが甘さMAXの状態。これだと結構甘いのでわたしはいつも「半糖(バンタン)」と伝えて甘さ半分にしています。

何か聞かれているな、と思ったら大抵この二つのことなので自分の好みを伝えましょう。メニューや壁に表が必ずあるので指さしで大丈夫です。
最後に袋に入れるかどうかもおそらく聞かれると思います。

「要袋子嗎?(ヤオ ダイズ マ?)」袋子が袋のことなのでこれで「袋は要りますか?」ということになります。
いる場合は「要(ヤオ)」いらない場合は「不要(ブーヤオ)」と伝えます。
でも量がたっぷりなので袋に入れてもらって、飲みきれない時はぶら下げながら歩くと手も使えるし便利です。

最後におまけ。
タピオカミルクティはとっても美味しいので滞在中毎日でも飲みたい!という声もよく耳にします。でもちょっとカロリーも気になりますよね。量も多いし。
そんなときにわたしのお気に入りはこれ。

コンビニなどで買えるタピオカミルクティのアイスキャンディです。
もちろんタピオカもしっかりと入っているのですが残念ながらもちもち感はありません。でも風味はばっちり。手頃な大きさだし結構タピオカミルクティ欲は満たされますよ。ぜひこちらもお試しください。

P1010636 P1010637




Author's Profile

トラベルライター&台湾ブロガーコバシイケ子
2011年にはじめて台湾を訪れてから、懐かしさと新しさが入り混じる独特の雰囲気、ゆるさ、旅行だけでは食べつくせない幅広い食のバリエーション、薬膳をはじめとした食文化に魅せられ頻繁に通いはじめる。

2016年、ブログ「TAIWAN IKEKO」を開設。

現在ameba公式トップブロガーとして日々台湾情報を発信中。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE

※当サイトの全ての掲載記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。