CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

マスターピース

134 views
ラルチザン パフューム バナ バナナ オードパルファム

バーカウンターの内側で、シュゾンはうつろな目で、行き交う豪奢な身なりの人々を眺めていた。いや、決してうつろな目をしようと思っていた訳ではない。しかし傍からはそう見えた。

今日の演目はなんだったかしら。キャバレーにバレエやサーカス、パントマイムにアクロバット…最近は何でも有りだ。プライドの高いブルジョワジーが集い、紅潮した顔でフォリー・ベルジェールの赤い椅子に座る。気取ったって無駄よ。あっちのバルコニーの男も、前列にいる男も私の客。彼らは退屈で行儀のよい日常を拭い去る熱狂を欲しているだけ。

モーニングコートのうら若き紳士が通りがかり。彼女に目配せをする。先日、森の中でピクニックに呼んでくれた紳士だ。4人で強いリキュールの大きな瓶を飲み干して、かなり酔っぱらった。若い男にとって、怖いのは大人ではなく女の視線だ。ああいう連中は、何も考えなくていいから楽だわ。お金持ちのご子息さん。

次にドリンクをオーダーしにきたのは、明るいまなざしの紳士だった。黄色のバナナコスチュームを身に着けた仲間が背後に居る。ユーモラスながら、どこか洗練された印象だ。

「常に黒服なのかい?」

彼はそう声をかけてきた。私の身に着けている黒のジャケットは、ウエストをキュッと絞ってあり、バストを強調するデザインだ。デコルテは四角く大きめに開いており、彼女の白い肌を際立てていた。

「えぇ、そんなところ。」

シュゾンは小さく答えながら、酒のグラスを差し出した。そっけないと思われてもおかしくない態度だ。それでいい、彼は客だが「客」じゃない。

「君に、私の旅に着いてきてほしいと言ったらどう思うかね?」

一瞬、答えに詰まった。これは仕事と捉えていいの?

「気が向いたら、ここに来てくれ。」

彼は小さく折りたたんだ紙を置いて去った。その紙からは、シュゾンが今まで嗅いだことのない美しい香りがした。バナナやジャスミン、刺激的なペッパーと重厚なアンバー。ほんの少し苦くて、でもミルキーで官能的。急に興味を惹かれ開いてみると。中には住所と地図が書かれていた。仕事だとしたら、オーナーに話すべき?戸惑いながらメモを仕舞うと、ちょうど次の客が来た。好色そうな恰幅の良い男だ。暗号のカクテルを頼んできた。目を合わせることはないが、不躾なまでに見られているのが分かる。いつものこと。

「もう上がっていいぞ。」

オーナーがポンと肩を叩く。バーメイドを上がったシュゾンは、後ろで結っていたブロンドの髪をほどき、念入りにリップを直した。裏口の3番扉の前で、さっきの男が待っている。


その週末、彼女は紳士に貰ったメモの住所を訪ねてみた。住所は実在した。門の中は植物が鬱蒼と生い茂り、そう大きくはない敷地ながら品の良い雰囲気が漂っていた。呼び鈴を鳴らすと使用人が現れ、「聞いております」と通された。聞いている?一体何を?日付の約束も無かったし、今日私が来るとは知らないはずだ。

客間のソファーに腰かけていると、先日の紳士が現れた。今日は変なコスチュームでなく、ボルドー色のシャツに辛子色のタイをしていた。つぶらな目は好奇心に満ちた子供のようで、小粒の歯が薄い唇から見える。

「来てくれると思っていたよ。旅に出る前に間に合って良かった。」

「これって仕事ですか?オーナーに許可をとっているの?」

「いや、仕事じゃない。だから君が着いてくるかどうかは、君次第だ。しばらく休むことになるだろうから、オーナーには君から話した方がいいだろうね。」

「人口170万人のうち、娼婦が何人いるかご存知ですか?登録している娼婦だけでで、12万5千人です。だいたい6~7人に1人がそうってこと。」

「それが何だね?」

「何故私を一緒に旅に誘ったんです?仕事でないのなら、私何もしないですよ。」

「あのバーカウンターで、君のうつろな表情にピンときたからかな。君は、今の自分を好きでも嫌いでもない。過去に後悔も満足もしていない。未来に期待も絶望もしていない。無に見えたんだ。違うかな? 僕は植物を収集している研究家だ。庭を通ってきただろう?植物が好きで、様々な植物を求めて旅をしている。植物は素晴らしいよ。生まれて去っていくまで、とてもドラマティックなんだ。そんな植物を、君と一緒に見に行きたいと思った。私と行ってみないか?」

翌週末、シュゾンは博士と西アフリカの海辺にいた。

ラルチザン パフューム タンブクトゥ オードトワレ

トロピカルフラワーに、パピルスウッド。恋人を虜にする香り。博士は女性として扱うというよりは、助手のようにシュゾンに接した。アフリカの大地で、パリでの毎日が遠く思えた。その香りは、シュゾンがいつの間にか忘れていた知的好奇心を掻き立てた。彼女はとても頭が良く、乾いたスポンジのように知識を吸収した。機転や思考力もある。ただ学ぶということを諦めていたのだ。薄曇った毎日のせいだった。


アンティアトラス山脈の麓の渓谷で、一人の老婦人がタルーダントの城壁に沈む夕陽を見つめていた。灼熱の毎日、涼しい木陰。夕焼けからオレンジブロッサムの香りが空に昇っていく。彼女は古い革の手帖を取り出すと、そのイメージを書きとめ深呼吸した。植物の記憶と、旅の記憶が重なってゆく。

26歳の時、人生が一変した。私はパリで香り創りを習い始めた。植物の魅力を香りに反映させていく。その香りは、富裕層の間で流行し、次々に新作やビスポークを求められるようになった。お金が入ると大半は次の香り創りに費やしたが、元の仕事はする必要は無くなった。誰かの妻になる必要も、娼婦を続ける必要もなくなった。二択の呪縛から解き放たれたのだ。

老婦人は、あの時出会った博士のことを想いながら、目の前に広がる光景をどんな香りにできるだろうと考えた。私の知性を解き放ち、生きがいをくれた人。博士と様々な土地を旅し、私の歴史は積み重なっていった。

香りから想い出が創られ、想い出からまた香りが創られる。
幸せのリインカーネーション。私は博士のマスターピースだ。

ラルチザン パフューム イストワール ド オランジェ オードパルファム

【掲載商品】
ラルチザン パフューム
「バナ バナナ オードパルファム」(100mL ¥21,050+税)
「タンブクトゥ オードトワレ」(100mL ¥17,000+税)
「イストワール ド オランジェ オードパルファム」(100mL ¥19,500+税)
ブルーベル・ジャパン株式会社 香水・化粧品事業本部
Tel.0120-005-130(受付時間10:00~16:00)
www.latelierdesparfums.jp




Author's Profile

美容ジャーナリスト/香りのストーリーテラーYUKIRIN
ナチュラルコスメとフレグランスのエキスパートとして、
「香りで選ぶナチュラルスキンケア」や、「香りとメイクのコーディネート」など提案する他、
香りから着想される短篇小説を連載中。

媒体での執筆・連載の他、
化粧品のディレクション、イベントプロデュース、ブランドコンサルティングなど幅広く活動している。
Follow :
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE

当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。