CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

灼熱UVから髪を守れ!セブ島ビューティー【ヘアケア編】

183 views
リラックスする女性

みなさん、こんにちは。化粧品会社勤務→フィリピン語学留学→セブ島在住・美容ジャーナリストのMICHIKOです。前回のスキンケア:美白篇はいかがでしたか?今回はヘアケア編をお届けします!灼熱の太陽のもと、美髪を守る&保つ秘訣とは?

紫外線の髪への影響はあなどれない!

セブ島の海

暑い夏は、帽子や日傘、UVスプレーなどを駆使して、UVから髪を守る人も多いですよね!
強い日差しを長時間浴びることはそう多くなくても、特に夏の終わりは、髪の日焼け、色抜けを感じる人が多いのでは?

肌と違って、ダメージを感じるまでにタイムラグがある髪だからこそ、普段の行き届いたお手入れが必要。今月は、セブ島発!美髪を守る方法を伝授します!

硬水に負けないトリートメント!インバスヘアケア

シャワールーム

常夏のフィリピンは硬水。毎日髪を洗っていると、ごわつきなどを感じはじめる大人女子が多いようです。そのため、フィリピン女子は2日に1度髪を洗うという人も多いのですが、インバス、アウトバスのトリートメントが充実していて上手に利用しているそう。実際に私も使っていますが、ゴワツキに悩むことはあまりありません。

バスタイム後の一手間が勝負を決める!

バスタイムにヘアケアしたら、アウトバスのヘアケアにもトライしましょう。ミルクや乳液タイプなどもいいですが、フィリピンではオイルが主流。タオルドライ後のヘアにオイルをつけて、ドライヤーで補修。毎日キレイを保てます。

セブ島でも日本でも手軽に買える!ヘアケア商品

インバスヘアケアは、人気ブランドでトライ!

セブ島ドラッグストア

日本でもお馴染みの「パンテーン」「ダブ」もずらっと並んでいます!日本ではノンシリコンシャンプーも多いですが、シリコンが髪に悪いというのは俗説! むしろ、硬水でゴワゴワになった髪には、シリコンをはじめとするコンディショニング成分がたっぷり入ったシャンプー、コンディショナーを選んで、髪の指通りを良くしましょう!

バスタイムは、キューティクルが開いて髪に栄養が入りやすい状態です。いつものお手入れに、ヘアマスクやトリートメントなどを加えると、トラブルが気にならずに髪を守れます。

日本でも人気!「エリップス」のヘアオイルはお土産需要も高し!

エリップスヘアケアアイテム

フィリピンでも日本でも大人気の「エリップス」のヘアビタミン!実はインドネシアのブランドですが、お土産需要であっという間に人気になりましたよね。人気の秘密は、個装されているパッケージ。一回の量がわかりやすく使いやすいですよね。

ケラチンが豊富な「Smooth&Silky(イエロー)」、ホホバオイル配合でトリートメント効果の高い「Hair Repair(ピンク)」、カラーリングした髪にぴったりの「Nutri Color(パープル)」と、用途に合わせたラインナップが人気です。

私には、髪と同じ成分の「ケラチン」が複合配合されている「イエロー」タイプが合っているようです。今のところ、ごわつきも気にならないので、何回もリピートしています。
フィリピンだと、6個入りのパッケージが100円程度。一度トライしてみては?

フィリピンオリジナルのブランド「Sunsilk」「Palmolive」「Rejoice」も見逃せない

Sunsilkヘアケアアイテム

フィリピンでは一番人気のブランドはなんと言っても「Sunsilk」。特にピンクのパッケージのものが人気があるようで、どこのドラッグストア、スーパーでも見かけます。5つのフラワーエッセンス配合で、髪のコンディションを扱いやすく保つということで、一度試してみてはいかがでしょうか?

結論:過酷な夏には「プラスα」のインバス&アウトバスケアにトライ!

エリップス&パンテーン

厳しいUVから髪を守り、美しい髪をキープするには、インバスとアウトバスケアのコンビネーションが大切なことがお分かりいただけましたか?

バスタイムでは、シャンプー→コンディショナーに加え、トリートメントやヘアマスクの工程を加えて、キューティクルの開いた髪に、栄養をたっぷり浸透させましょう!紫外線をいっぱい浴びたという日は、より時間を長めにおいてもいいですね。

そして、お風呂を出た後のお手入れとして、タオルドライ後、アウトバストリートメントを使ってお手入れしましょう。色々なタイプがありますが、ドライヤーで乾かすことを考えると、オイルタイプやセラムなど、ドライヤーの熱を味方にケアできる商品がオススメ。

ジムや旅行先なら、パウチタイプの使い切りや、ミニボトルを駆使するなど、荷物が重くならないようにグッズをチョイス!旅先で追加購入&お手入れするのもアリですね。

今回の「セブ島ビューティー」はヘアケア編をお届けしました。来たる暑い夏にも、ダメージに負けず、髪にきれいを貯めていきましょう!

常夏の島、セブ島でのお手入れが皆様のご参考になりますように!




Author's Profile

美容ジャーナリストMICHIKO
PR会社、大手化粧品メーカーでの広報PR・広告業務を経て、美容ジャーナリストへ転身。
得意なジャンルは、化粧品会社勤務の知識を活かした、スキンケアとヘアケア。
語学留学を経て、現在セブ島在住。
常夏の島「セブ島」は、強い紫外線や硬水のため、肌や髪への一層のケアが必要。そんな中、叶えられる美白&美肌&美容情報をお伝えします。
体験記事もお楽しみに!
Follow :
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE

当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。