CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

旬の食材がたっぷり!春におすすめの薬膳スープ

111 views

一気に季節が進んで、すっかり春めいてきましたね。
お散歩が楽しくなるぐらいのぽかぽか陽気に、気分も明るくなってきたように感じます。

一方でこの季節、花粉に悩まされている方も多いと思います。
そんな時は、ネトル、エルダーフラワー、ペパーミントのハーブティーやべにふうき茶などのお茶はいかがですか。
医薬品ではありませんので、今すぐ症状が緩和するというものではありませんが、アレルギー体質の方などは長期的に飲んで、ゆるりと体質改善してみてはいかがでしょうか。

暖かくなってきた今回は、春におすすめの薬膳スープを紹介します。
春特有の不調も、旬の食材をたっぷりと使った薬膳スープで予防していきましょう。

春に起こりやすい不調とは?

春は気候も良く、思わず外に出かけてみたくなるのは私だけでしょうか。
そんなの無理無理!!といった声があちこちから聞こえてきそうですが、意外と春は体調が優れないという人が多いのも事実!
鼻がむずむず、くしゃみ連発、目がしょぼしょぼ、なんだか気分までイライラして眠れない。こんな症状がある人は、春特有の不調が原因かもしれません。

春は漢方でいう五臓の一つ「肝」が活発になりますが、この「肝」のバランスを崩すと様々な不調としてからだにあらわれてきます。
「肝」は自律神経や目、筋肉を司っていると言われており、「肝」のバランスが崩れると、不眠やイライラ、めまいや頭痛、鼻づまり、鼻水、目のかゆみや充血、花粉症などといった症状が出やすくなります。

また、季節によって私たちのからだに影響を及ぼし、病気の原因にもなるものを邪気といいますが、春には「風邪」という邪気によって、からだの上部に不調があらわれることがあります。

春の不調を乗り越える方法とは?

春のからだの不調は、①「肝」のバランスをととのえる、②からだの余分なものをデトックスするの2つの方法で対策できます。

①「肝」のバランスをととのえる

「肝」のバランスをととのえるには、血を補う(「肝」の働きを安定させる)、気の巡りをよくする(イライラや不眠などのストレス対策)、「肝」と関係性が高い「脾」をサポートすることがポイントとなります。
「肝」のバランスをととのえる食材をいつもより積極的に摂ることで、不調を予防することができます。

例えば、にら、チンゲン菜、玉ねぎ、きゃべつ、じゃがいも、アスパラガス、にんじん、菜の花、しそ、三つ葉、あさり、いか、ほたて、豚肉、たまご、クコの実などの食材は、「肝」が弱っている時におすすめです。

また、酸味には「肝」と「脾」の働きを高める作用があるので、春にはお酢や柑橘系のもので味付けをするのも効果的です。

②からだの余分なものをデトックスする

冬の間にため込んだものを外に排出することも、春の不調を予防するのに効果的です。
苦味のある食材は、排出作用が高く解毒効果が期待できます。
また、香りや辛味のあるものは、巡りをアップする効果があり、発汗作用によって余分な熱や毒を発散します。
余分なものを排出することで、からだの働きが正常になり、抵抗力も高まります。

例えば、たけのこ、菜の花、しそ、三つ葉、パクチー、あさり、わかめ、はまぐり、黒豆などの食材は、デトックスに良いといわれています。 

また、春は生活環境の変化から、ストレスがたまる季節でもあります。
あまり無理をせず、うまくストレスを発散し、リラックスすることもこころがけてください。

そして、わたしたちのからだは冬眠から目覚めたばかりの熊のごとく、まだまだ春へのからだへと順応していません。
からだを冷やさないように、なるべく温かい食べものを食べるようにし、乾燥対策もしっかりと行ってくださいね。

春におすすめの薬膳スープ

スーパーで手に入る食材で作ることができる薬膳スープレシピを紹介します。

菜の花とたけのこの酸辣湯風スープ

今が旬の菜の花、たけのこを使ったスープです。ワカメとアサリも加えて春の味覚がたっぷり!お酢とラー油と醤油の、すっぱ辛い味付けでどうぞ。

菜の花は、「肝」の働きを高め、辛味にはデトックス作用も期待できる春の万能食材です。
スープ以外にも、「肝」と「脾」の働きを高める酸味を使って、菜の花の酢味噌和えは最高の組み合わせですね。
ストレス対策におすすめのジャスミン茶に、金柑の酸っぱさを加えた薬膳茶も一緒にどうぞ。

アスパラのポタージュスープ

アスパラとじゃがいも、玉ねぎを使った豆乳ベースのスープです。ミキサーなどで全ての材料をポタージュにし、塩のみで味付け。最後に胡椒をふってできあがり。

アスパラやじゃがいもは、「肝」の働きを助ける「脾」の働きを高めるので、春からの季節にぴったりの食材です。
胡椒には気を巡らせたり、辛味や香りによるデトックス効果も期待できます。

イカと豚肉の沖縄風味噌汁

イカと豚肉を使った沖縄風味噌汁です。かつお昆布だしで煮込んだ豚肉はイカとの相性が抜群!

イカは、「肝」の働きを高め、気や血を補います。また豚肉は「脾」の働きを高めるので、イカと豚肉との組み合わせはおすすめです。ちなみに、沖縄ではイカ墨を入れるそうですよ。イカ墨が手に入ればぜひ!!




Author's Profile

薬剤師/ハーバルセラピスト/漢方スタイリストCHIAKI
1979年生まれ、兵庫県在住。
メーカーでの研究所勤務を経て、現在は薬剤師として奮闘中。
お薬を患者さんに渡す立場として、なるべく病気にかからない予防分野に興味を持ち、ハーブや漢方の資格を取得。
毎日の暮らしに簡単に取り入れることができる、ハーブ、漢方生活をどんどん提案していきます。

当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE