ハーブ・漢方生活はじめてみませんか

南アフリカの奇跡のハーブ ~ルイボス~

暑い暑い夏が続いていますが、夏バテや熱中症大丈夫ですか?
私はなんとか夏バテにもならず元気に過ごせています!さすがに外で思いっきり遊ぼうとはならないですが・・・

夏バテ&熱中症対策としては、エアコンや水分などを適切に使ったり補ったりするのはもちろんのこと、実は食事と睡眠が意外にも大事だったりします。
季節の旬の食材をたっぷりと摂り、しっかりと睡眠時間を確保してくださいね。

南アフリカの奇跡のハーブ ~ルイボス~
今回は、南アフリカでしか育たない奇跡のハーブ「ルイボス」を紹介します。

ルイボスティーでお馴染みなのでご存じの方も多いかもしれませんが、ルイボスはミネラルが豊富で抗酸化作用の高いハーブです。
熱中症や日焼け対策にも良いルイボスは、この季節にぴったりですね。

また、美容にも良いと言われているので、女性にはぜひ活用してほしいおすすめのハーブです。

そんなルイボスの秘密と、美味しく飲めるルイボスのブレンドティーも紹介しますので、ぜひ最後までお付き合いください。

ルイボスってどんな植物?

ルイボスは、南アフリカ特産で、しかもセダルバーグ山脈の周辺にしか生育することができないハーブです。ルイボスとは、赤い低木(レッドブッシュ)という意味で、赤褐色の針のような葉っぱが特徴的です。

ルイボスティー

このルイボスのお茶は、周辺の先住民が「不老長寿のお茶」として飲んできた歴史があるとても魅力的な健康茶の一つでもあります。
不老長寿という言葉を聞いただけで、なんだか健康になりそうな予感がしますよね!
この辺りの土壌や気候が奇跡のお茶を育み、今では南アフリカだけでなく世界中で愛飲されています。

ルイボスティーがこれほどまでに世界中で飲まれる理由は、飲みやすいテイストであることはもちろん、抗酸化作用やミネラルが豊富なことなど、私たちのからだに良いことがたくさんあるからではないでしょうか

ルイボスティーの魅力とは?

ルイボスティーは、フラボノイドやミネラルなどがとても豊富なノンカフェインのお茶です。

抗酸化作用があり、便秘や冷え性、アレルギーなどにも良いと言われています。このようなことから不良長寿のお茶として親しまれ、また私たち大人女子にもてとも魅力的なお茶でもあります。

またハーブティーというと少し飲みにくいものもありますが、ルイボスティーはとても飲みやすく、ティータイムだけでなく、食事と一緒でも美味しく飲むことができます。

ノンカフェインで、タンニンの含有量も緑茶などと比べると少ないので、お子様でも安心して飲めますよ。

ルイボスティーは、自然発酵させたレッドルイボスティーと発酵させないグリーンルイボスティーがあります。レッドには独特の風味があります。初めての方やレッドが飲みにくいと感じた方は、グリーンがおすすめです。

また、ルイボスの成分を効率的に摂取するには、やっぱりお茶がおすすめ。普通のお茶を飲む感覚で飲めますし、ほかのお茶とのブレンドにもとてもおすすめです。
南アフリカの現地でも、他のお茶やハーブとブレンドしたものが売っていたり、自分好みの味にして楽しんでいるみたいです。

ホットでも冷たいお茶でも美味しいので、1年中飲めるお茶として常備しておくと良いですよ。健康の維持、病気の予防にぜひ取り入れてみませんか。

おすすめのブレンド

ルイボスティーは、いろいろな飲み物とブレンドしても美味しく飲むことができます。自分の好きな飲み物とぜひ楽しみながらブレンドしてみてください。

今回のコラムでは、私のおすすめのブレンドを2つ紹介します。

りんごジュース+ルイボスティー

りんごジュース+ルイボスティー

夏にぴったりのブレンド。冷やして飲むとさらに美味しいです。

りんごジュースだけでなく、オレンジやぶどうなどの100%ジュースでも飲みやすくておすすめです。
夏に失われがちなミネラルやビタミンなどもこれなら美味しく摂ることができます。

シナモン+ジンジャー+ルイボスティー

シナモン+ジンジャー+ルイボスティー

冷房で冷えたからだにおすすめの1杯です。シナモンやジンジャーなどのスパイスとも相性が良いので、チャイのように牛乳で煮出しても美味しいですよ。

作り方はすべての材料を入れて煮出すか、お湯を注いでください。夏なら氷を入れてアイスにしても!
ルイボスティーはタンニンが含まれていますので、濃くお茶を出すと渋みが出ます。
渋みが苦手な方は、薄めにするか水出しがおすすめです。

もちろん、体が冷える冬の時期にもオススメ!

その他にもほうじ茶や黒豆茶などの日本茶とも相性ばっちりですよ。南アフリカからの奇跡の贈り物をぜひ一度お試しください。
[amazonjs asin=”B000FQS812″ locale=”JP” title=”有機栽培ルイボスティ 3gx30包”]

著者プロフィール

CHIAKI
CHIAKI
1979年生まれ、兵庫県在住。
メーカーでの研究所勤務を経て、現在は薬剤師として奮闘中。
お薬を患者さんに渡す立場として、なるべく病気にかからない予防分野に興味を持ち、ハーブや漢方の資格を取得。
毎日の暮らしに簡単に取り入れることができる、ハーブ、漢方生活をどんどん提案していきます。

関連記事

  1. 花粉症にもうれしい伝統的な自然飲料~ハーブコーディアル~ 花粉症にもうれしい伝統的な自然飲料~ハーブコーディアル~
  2. 簡単薬膳ごはん~秋のうるおい食養生~
  3. ひんやり爽やかなハーブ“ミント”で暑い夏も快適に!
  4. きのこの王様「まいたけ」は毎日食べてほしい薬膳食材 きのこの王様「まいたけ」は毎日食べてほしい薬膳食材
  5. 簡単薬膳ごはん~夏バテしない食養生~ 簡単薬膳ごはん~夏バテしない食養生~
  6. 簡単薬膳ごはん~黒色&温め食材で冬を乗り切ろう~
  7. 寒い冬は“エキナセア”で免疫力アップ&風邪予防
  8. 夏の日焼け対策 夏の日焼け対策

New!!

  1. 両国で江戸を感じる大人女子遠足
  2. 第3回CheRish meat 肉おじさん by格之進は超贅沢な焼肉食べ比べ!
  3. ガラスカボションアクセサリーを多くの人に 小川真理子さん(会社員/ガラスアクセサリーKWAL!代表)
  4. 【2月 乙女座の満月】浄化の時 ~執着と過去から私を解き放つ~
  5. 【プレゼント】『ねことじいちゃん』特製ペーパークリップ
  6. ガラスネイルで、いち早く2019SSを取り入れよう!
  7. 【プレゼント】ロゴナ ボリュームシャンプー ビール&はちみつ・コンディショナーセット(非売品)
  8. 味付け卵丼で平日晩ごはん!こんなにかんたんがおいしくていいの?
  9. 細かい悩みにもアプローチ!次に狙うべき、ナチュラルファンデ春の新作
  10. 「デュカス・シュル・セーヌ」Ducasse sur Seine アラン・デュカスのセーヌ川クルーズレストラン

Present & Event

PAGE TOP