リストランテ ピウマッジョのパスタのちチケッティ 

【レシピ】ひよこ豆のスープパスタとなすのグラタン

【レシピ】ひよこ豆のスープパスタとなすのグラタン

新宿3丁目にあるリストランテ ピウマッジョの三井隆弘シェフが毎月旬の食材を使って、ご家庭でもかんたんにできる本格的イタリアンレシピをご紹介!
今月は最高に美味しい秋茄子を使ったグラタンと、大人女子に人気のひよこ豆を使ったスープパスタを教わりました!

茄子のグラタンはベジタリアンのお客様のために考えたメイン料理です。もちろん、ベジタリアンの方ではなくてもご満足いただける仕上がりになっています。
少し手間はかかりますが、その手間こそが美味しさの秘訣なので、ぜひ挑戦してみてください。

ひよこ豆のスープパスタはイタリアの中部~北部にかけての郷土料理です。今回はスープパスタにしましたが、イタリアでの修行時代には白身魚を揚げたものと組み合わせて作っていました。
これからの時期には体を温めてくれるのにぴったりなパスタなので、こちらもぜひお楽しみください。

ひよこ豆のスープパスタ

ひよこ豆のスープパスタ

材料と分量(4人分)
ひよこ豆の水煮 500g
たまねぎ 1/2個
セロリ 1/3本
にんじん 1/3本
ニンニク 1片
セージ 1枚
コンソメスープ 材料がひたひたにかかるくらい
適宜
胡椒 適宜
ショートパスタ 120g(ひとり30g)
オリーブオイル 適宜
作り方
  1. たまねぎ、セロリ、にんじんを荒みじん切りにする
  2. 鍋にオリーブオイルとニンニクを入れて弱火で炒め、香りが出てきたら、たまねぎ、セロリ、にんじんを一緒に入れてしんなりするまで炒める
  3. ②にひよこ豆と材料がひたひたにかぶるくらいのコンソメスープとセージを入れて灰汁を取りながら煮込む
  4. ひよこ豆がやわらかくなったら、1/3を取り出し、残りはミキサーにかけてピューレにする
  5. ショートパスタを茹でる
  6. ④の鍋にピューレを戻し、水で伸ばして食べやすい濃度にする
    ピューレ状にしたもの
  7. ④で取り出したひよこ豆も鍋に戻してスープ状にし、塩・胡椒で味を調える
  8. スープをスープ皿に盛り、パスタを入れて最後にオリーブオイルをたらして完成!
【Chef’s one point】ちょっとしたことで、ぐーんと美味しくなるコツを伝授します
  • パスタは小さいものを使ったほうが食べやすいのでオススメ!
  • パスタの代わりにニョッキを使うのもオススメです。市販のものだと大きすぎるので、半分に切って使うと良いでしょう。
  • 最後にローズマリーを散らすと彩りよく香りも出ます。お好みでどうぞ!

茄子のグラタン

茄子のグタラン

材料と分量(4人分)
長茄子 3本
バジリコの葉 適量
小麦粉 適量
揚げ油 適量
バター 適量
パン粉 適量
粉チーズ 適量
モッツァレラチーズ 150g
トマトソース 150g
作り方
  1. 茄子は7mm~1cmの縦の薄切りにし、塩(材料外)を振って30分ほどアク抜きをする
  2. 30分経ったら、流水で塩ぬきをする(塩分を感じるか感じないかくらいまで)
  3. アク抜きをした茄子に小麦粉をまぶして揚げる
  4. バッドまたは耐熱皿にバターを塗ってパン粉を振り付け、トマトソースを薄く流す(まだらでOK)
  5. その上に揚げた茄子を隙間なく並べ→粉チーズ→トマトソース→モッツァレラチーズ、バジリコの順で3回繰り返して重ねる
  6. 3回目の茄子を並べたらトマトソースをかけ、パン粉を振り薄切りバターを乗せて180℃のオーブンで20分焼いて完成!
【Chef’s one point】ちょっとしたことで、ぐーんと美味しくなるコツを伝授します
  • 長茄子がない場合は、普通の茄子でももちろん代用可能です
  • トマトソースがない場合は、トマトの水煮缶を塩とオリーブオイルで味整えてソースにしてください
  • 出来上がったグラタンの上にジェノベーゼソースをかけるとさらに美味しくなります!
  • モッツァレラチーズはスライスタイプのものでもOK!

ristorante Piumaggio(リストランテ ピウマッジョ)のご予約お問い合わせは下記よりお願いいたします。
TEL:03-5341-4575

著者プロフィール

三井 隆弘
三井 隆弘ristorante Piumaggio シェフ

1978年生まれ。

イタリア フィレンツェで修行後、日本に戻り南青山のレストランで修行。

その後、小川町のレストランでシェフを務めた後、2015年からリストランテ ピウマッジョにてシェフを務める。


ristorante Piumaggio(リストランテ ピウマッジョ)

住所:東京都新宿区新宿3-6-2 栄ビル 4F

TEL:03-5341-4575

■営業時間

AM11:30~15:00(L.O.13:00)

PM17:00~23:00(L.O.21:30)

■定休日

毎週月曜日


関連記事

  1. 秋刀魚のコンフィのアレンジ&ほうれん草のスフォルマート 【レシピ】秋刀魚のコンフィのアレンジ&ほうれん草のスフォルマート…
  2. 【レシピ】小エビの冷静ジェノベーゼパスタとイタリア風ロースポーク 【レシピ】小エビの冷製ジェノベーゼパスタとイタリア風ローストポー…
  3. 鶏肉と白菜、温菜のラグーソースペンネのち小エビとうるい・じゃがいものインサラータ・ルッサ 【レシピ】鶏肉と白菜、根菜のラグーソースペンネ のち 小エビとう…
  4. 鱈とひよこ豆のトマトソーススパゲッティー 【レシピ】鱈とひよこ豆のトマトソーススパゲッティーのち青のりとシ…
  5. 【レシピ】カルテエッラ・スペアリブの蜂蜜風味・マチェドニア
  6. シラスとめかぶ・だしの和風冷製パスタとグラシーシェ(牛肉のパプリカ煮込み) 【レシピ】シラスとめかぶ・だしの和風冷製パスタとグラーシシェ(牛…
  7. 桜海老と蛤、菜の花のリゾットのちベーコンと春キャベツの詰め物 【レシピ】桜エビと蛤、菜の花のリゾット・ベーコンと春キャベツの詰…
  8. 【レシピ】鶏もも肉とオレンジのロースト&モッツアレラ カロッツァ…

New!!

  1. 香りは沈黙の言葉 香りは沈黙の言葉
  2. 『ザ・サークル』特性“サークルペン”プレゼント!
  3. フランスでも大ヒット!「この世界の片隅に」Dans un recoin de ce monde フランスでも大ヒット!「この世界の片隅に」Dans un recoin de ce monde
  4. 【ネイル】サンタベルトネイルでちょっと大人の指先を演出 サンタベルトネイル
  5. 【編集長日記】チョコレートの勉強会
  6. 新しいフィリピン、癒しのヒロット旅(3) ナーチャー・ウェルネス・ビレッジでスパ三昧 ヒロット編 新しいフィリピン、癒しのヒロット旅(3) ナーチャー・ウェルネス・ビレッジでスパ三昧 ヒロット編
  7. 正月準備やお年賀特集などをテーマに「AKOMEYAのお正月」フェアを開催! 正月準備やお年賀特集などをテーマに「AKOMEYAのお正月」フェアを開催!
  8. macaroniの刺繍とハンカチ展開催
  9. 全国からヨーロッパのアンティーク雑貨・家具を扱う名店が勢揃い「湘南 蚤の市」開催!
  10. 【チャイレシピ】No.47 豆乳チョコチャイ No.47 豆乳チョコチャイ

Present & Event

PAGE TOP