CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

【編集長日記】タマスアビオイルとタマスアビバーム

沖縄のハーブ月桃を使ったコスメ「ムーンピーチ」。
開発者のうすき友美さんは今月の「大人女子のおしごと事情」にも登場してくださいました。

そんな、ムーンピーチから10月1日に新発売になった、肌が目覚める美容オイル「タマスアビオイル」と月桃と蜜蝋のパワーみなぎる美容バーム「タマスアビオイル」。
夏に行われた新作発表会でいただき、一足お先に体験させていただいていました。
私は、バームはポーチに入れていつも持ち歩き、オイルは普段使いのケアに取り入れてみました。

私は、とにかく花粉症がひどく、それも目に出てしまいます。花粉症の時期は目が真っ赤でコンタクトを入れることさえできず、痒くて痒くてたまらない。そして涙が止まらなくなってしまうので、この時期は非常に目の下の皮膚がデリケートになってしまうのですが、ある時、ムーンピーチのサーキュレイトプレシャスバームをつけたところ、あっという間に目のかゆみは消え、真っ赤に充血していた白目がきれいになった経験がありました。

それ以来、サーキュレイトプレシャスバームを「万能薬」として持ち歩いているのですが今回タマスアビバームにチェンジしてみることに。
お化粧直しの時に、ちょっと皮膚がかゆいな・・・痛いな・・・なんて時に、とにかくお助けバームとして使用しています。

そして、タマスアビオイル。
これが、本当にすごい。私は普段使いにと思っていたのですが、先日代々木上原にあるオーガニックセレクトショップmatsuricaにお邪魔した時に、オーナーのハナさんが、起きたらすぐにこれをつける「魂を目覚めさせるオイルだから」とおっしゃってるのを聞いて、なるほど!と納得し、それまでは鏡の前に置いていたのを、ベッドサイドのチェストに移動。
それからは、毎日まずは起きたら手のひらにタマスアビオイルを2滴ほど取り、胸いっぱいに香りを入れてからベッドから出るようにしています。

もちろん、そのあとお顔を洗ってからはお肌にもつけて。

すっと肌に入るのはもちろん、心にも入ってくるタマスアビオイル。
モヤモヤしていた気持ちも、すっと「こんなことだってあるんだよね」って思われてくれる、私には元気をくれるオイルになっています。
たとえ、置き忘れてきたものがあっても、それを取り戻してくれそうな感覚。
とても好きです。




Author's Profile

CheRish Brun.編集長小路桃子(しょうじももこ)
1975年10月生まれ。
自由学園女子最高学部を卒業後、鹿島建設(株)に就職。
2005年もっと女性が活躍できる場で働きたいと思い、GMOインターネット(株)に転職。
女性向けブログサービスヤプログ!で、コンテンツ企画・著名人ブログを担当。
映画、美容、レシピコンテンツなどオリジナル企画のほか、各メーカーとのコラボ企画を多数実施する。

2013年に思わぬ転機が訪れ退職。
退職2ヶ月後の2013年7月17日に大人女子を楽しむWebマガジンCheRishを立ち上げる。
その傍ら、母であるスーパー主婦足立洋子の専属フードスタイリスト、ワークユニットJIYU5074LABO.のメンバーとしても活動中。

当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE