大人女子のおしごと事情

【ワークスタイル】できることは全部する。やらずに後悔したくないから。 濱中優佳さん(株式会社フラッグ)

映画の宣伝のためなら何でもする!

――かなりクリエティブな仕事ですね。
自分が動かなければ、映画の情報が広がらない、というわかりやすい仕事でもあります。逆に、自分がいろいろ考えて行動することで、一人でも多くの方に映画を知っていただくことができるのでやりがいがあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

――濱中さんは映画の宣伝のためにと、髪の毛を染めたこともあったとか。
『RED/レッド』という映画を担当したとき、髪の毛を赤く染めました。別に自分が表に立つわけではないのですが、web媒体の編集者さんにはインパクトが強かったみたいで、顔と名前を憶えていただきやすかったです。『エンジェル ウォーズ』のソーシャルを担当した時には、主人公が金髪のツインテールだったこともあり、金髪にしたこともあります。
そうやって映画のことが印象に残るのであれば、なんでもやります。私、やらずに後悔するのが嫌なんです。あとで「あれもできたのにしておけばよかった」と思いたくないですから。

――今までで特に印象深かった仕事は何でしょう。
「カイルXY」という、海外ドラマのDVDの宣伝を担当した時でした。配給会社の方から「Twitterをやってみたい」と言われ、アカウントを立ち上げて色々な情報をツイートしてみました。今でこそメジャーなソーシャルネットワークになったTwitterですが、その頃はまだそれほどではなく、手探り状態。そのような中、ツイートを見て「実際にドラマ、見てみたくなりました」とリツイートしてくれた人がいて、私が宣伝したことに対する反応をリアルに感じることができたという意味で、印象深かったですね。

お酒は大好きです。これだけはやめられません!

お酒は大好きです。これだけはやめられません!

あと『ヒミズ』という作品を担当したことです。この作品は、もともと原作の漫画がすごく好きで、「映画化決定」という話を聞いて、ぜひ宣伝をやりたい、と思いました。たまたま別の作品で仕事をご一緒させていただいた配給会社の宣伝プロデューサーが作品を担当することになり、「ぜひやりたいんです」と伝えたら、先方も「原作が好きな人にぜひお願いしたい」と言ってくださり、担当させていただけました。これは嬉しかったですね。

ページ:
1

2

3 4

関連記事

  1. 【ワークスタイル】今の自分に合った働き方を選びとる 近藤恵玲さん…
  2. 【ワークスタイル】たった一度の人生“自分の人生を生きぬきたい” …
  3. 植物が生き生きとする庭を 岡佐紀子さん(淡雪園) 【ワークスタイル】植物が生き生きとする庭を 岡佐紀子さん(淡雪園…
  4. 【ワークスタイル】肌が持っている力を引き出して本当の美しさを うすき友美さん(素肌美容家・MOON PEACH開発者) 【ワークスタイル】肌が持っている力を引き出して本当の美しさを う…
  5. 【ワークスタイル】目の前の患者さんに、全力で向き合う 歯科衛生士…
  6. 「仕事も生活も最高!」な働き方 滝口智子さん((株)GreenCreate代表取締役) 【ワークスタイル】「仕事も生活も最高!」な働き方 滝口智子さん(…
  7. 「好き」を仕事に まつゆう*さん(media icon) 【ワークスタイル】「好き」を仕事に まつゆう*さん(media …
  8. ドイツの伝統技術で、日本文化も大事にしたおもちゃを 伊藤真穂さん(木工玩具職人) 【ワークスタイル】ドイツの伝統技術で、日本文化も大事にしたおもち…

New!!

  1. パリ ギャラリー・ラファイエットのクリスマス 2018
  2. みんな大好きスペシャルハンバーグで休日ごはん
  3. オリジナル ガラスアクセサリーKWAL!(クワル)がポップアップショップを開催
  4. DEAN & DELUCA上陸15周年記念「デルーカさんのアップルパイ」を予約販売!
  5. クリスマスシーズン
  6. 12月は静寂な「ミルラ」の香りで1年を振り返る
  7. 疲れた日はきのこ蕎麦でほっこり平日晩ごはん
  8. 【ワークスタイル】みんなの生活の傍にヨガとヘナを 尾形弓子さん(ヨガ講師 ヘナ&ハーブインストラクター)
  9. パリの荷物預けサービス「At The Corner」と「City Locker」
  10. 【編集長日記】BIOPLE FESに参加してきました Vol.3

Present & Event

PAGE TOP