CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

カップケーキでお花のブーケ♥とってもSweet

2015-11-18 09.34.28

こんにちは。
寒くなってきたぶん、胸がキュンとなるような、心がじんわり、ポカポカ温まるような、体験がほしいですね。
贈り物で、人にちょっとした感動をプレゼントする、そんな嬉しい季節です。

今日は、みんなの大好きなカップケーキを焼いて手作りするお花のブーケをご紹介します。もちろん自然素材のカップケーキはココアにキャロブをブレンドした優しい味。
はじめに無縁バターを室温に戻しておいてください。

12309310_10208662826952425_1299474145_n

まず用意する道具は・・・

  • 小さな植木鉢か、大きめのスープマグカップなど
  • 球体の発泡スチロール(自分で容器に合わせてカットしても良い)
  • アルミホイル
  • 竹串、爪楊枝
  • はさみ
  • カールレタスやパセリ
  • セロファンまたはラッピングペーパー
  • リボン

カップケーキで作るお花のブーケ

2015-11-18 12.01.24

カップケーキの材料(12個分)

ひまわり油(またはキャノーラ油)…120g
塩…2つまみ
オーガニックシュガー…120g
ソイミルク…300ml
アップルビネガー…小さじ2
バニラオイル(バニラシュガーの場合 小さじ2)…数滴
薄力粉…240g
ココアパウダー…20g
キャロブパウダー…20g
ベーキングパウダー…大さじ1

<バタークリームの材料>
無塩バター …250g
塩…ひとつまみ
粉砂糖…200g
赤い色素…少量
ソイミルク…大さじ1くらい

作り方

  1. マフィン型にマフィンカップを用意しておく(12個用のマフィン型を使います)。
  2. ひまわり油とシュガー、ソイミルクをよくかき混ぜておく。薄力粉、ココアパウダー、キャロブパウダー、ベーキングパウダは一緒にふるっておく。 すべてをウィスクで優しくなめらかに合わせる。
  3. ふちにこぼさないように、均等に生地を流していく。型の8分目位がちょうどいい量です。
  4. 底をたたいて平らにならし、175℃のオーブンで12分焼きます。
  5. 冷ましている間に、バタークリームを作ります。
  6. バタークリームの材料をボウルにすべて入れ、しっかりしたツノが立つまでホイップします。
  7. 絞り袋に大きめの星口金をつけ、バタークリームを詰めておきます。

※ピンク色のバタークリームを作るのに、赤い色素が必要ですが、自然素材ということで私はレッドビーツのすりおろした汁を小さじ1〜使いました。冷凍のラズベリーやブラックベリーを溶かした汁でもいいと思います。

2015-11-18 12.04.30

組み立て方 

  1. ベースとなる容器にアルミホイルで包んだ発泡スチロールをはめて固定させます。
  2. 竹串を中心に1本さし、まわりに5本(放射状に)さします。
  3. 中心にマフィンを2個さし、まわりの串に1個ずつさらにその外側に6個を放射状にさしていきます。
  4. バタークリームを絞ります。渦を綺麗にバラの花に見えるように。
  5. 空いているすき間には、イチゴをさしていって、全体がブーケに見えるようにアレンジします。イチゴにはお好みでチョコレートがけをしてスプリンクルを飾ってもいいですね。
2015-11-18 12.04.59

プレゼントをしたお友達のマニちゃん、カップケーキをさっそくペロリ。とっても喜んでくれました。

プッシュ通知

Author's Profile

ヴィーガンシェフMeg
1973年北海道生まれ。
小学生の頃から菓子作りと料理をはじめる。
1993年イギリス留学のときベジタリアンに出会う。2005年吉祥寺にベジタリアンカフェをオープン。
DEVADEVA CAFE(二代目オーナーはJyoti Alkesh氏)
現在オランダで、ケータリング、ベジタリアン料理ワークショプ、Conscious eatingのコーチングを行う。趣味は自然散策、ピアノ、旅行。
1995年よりマントラ瞑想、ヨガ、ヴェーダンタを学び、料理そのものが瞑想の一環となる。
Follow :
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE

※当サイトの全ての掲載記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。