CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

この夏、新たな可能性を広げてくれる香りとは・・・

45 views

2

こんにちは。セラピストの堀井美岐です。夏本番!!楽しんでますか?暑い日が続いておりますが室内の冷房との気温差で体調も崩しやすくなりますので、体調管理をしっかりされてくださいね。夏の疲れが初秋に現れてきます。

さて、今回の香りは「レモングラス」です。
レモングラスは、スーパーでも普通に売られていますし、エスニック料理やハーブティーとしても馴染みのあるものだと思います。レモンより力強い香りが特徴です。

レモングラスはイネ科ですのでレモンとは直接関係はありませんが、香り成分であるシトラールがどちらも多く含まれていることが名前の由来とされています。

レモングラスの香りは心を元気にしてくれる作用に優れています。疲れを感じたときや、やる気が出ないときにパワーを与えてくれます。「ドライバーの精油」とも呼ばれており、運転時のリフレッシュや集中力が必要なときに最適です。スッキリした香りの部分は感情の流れをスムーズにしてくれます。

1

体への働きは、水溶性のビタミンAがたくさん含まれているので、免疫系、リンパ系、血液、体液の循環に良いと言われています。消化器系に働きかけ、食欲不振、消化不良などに効果的です。鎮痛作用にも優れており、肩こり、腰痛、筋肉痛にも有効です。

また、風邪や気管支炎のような呼吸器系にも働きかけます。防虫作用も高いので、虫除けなどにも使われます。皮膚に使用する場合は、刺激が強いですので注意が必要です。皮脂分泌を調整するので毛穴を引き締めたり、頭皮が脂っぽい人には効果的です。リンパの流れを促進するので、むくみやセルライトに効果的です。また母乳の出をよくするのにも有効です。

相性がよい精油はローズマリーやラベンダー、ローズウッドなど。
レモングラスのキーワードは「チャレンジ・可能性」陰陽だと「陽」。色はオレンジです。

マヤ暦では7月26日から新しい年が始まりました。この夏、レモングラスで気分を変えて新しいことにチャレンジしてみてはいかがですか。




Author's Profile

magentyセラピスト堀井美岐(ほりいみき)
オーラソーマ(R)プラクティショナー、レインドロップトリートメントをはじめ数秘やアロマリーディング、スピリチュアルリーディングを行うセラピスト。
2012年、自宅サロンmagenty(マゼンティ)をオープン。
自身のアトピー・アレルギー体質を元に自然治癒や代替医療なども学び、こころとからだのケアなどホリスティックビューティーを提供し、現在も勉強中。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE