足立洋子の体がよろこぶおいしいご飯

【レシピ】食べると幸せになれる!?カレーうどん

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

12月も後半月・・・すっかり寒くなりましたね。年末に向かって疲労もたまってきている頃でしょうか?
今日は体の芯から温まる、おいしくてお蕎麦屋さんのようなカレーうどんをご紹介しましょう。意外なカレー効果も。

カレーうどん

材料と分量(2人分)
茹でうどん

2玉

豚ばら肉

100g

玉葱

1個

ほうれん草や、小松菜などの青菜の物

適宜

麺つゆ(かけそばの濃さで)

1・1/2カップ

カレー粉

大匙1

片栗粉

小匙1/2

作り方
1.豚ばら肉は3~4㎝に切り、玉葱は薄切りにする。
2.カレー粉と片栗粉を混ぜて小量の水で溶いておく。
3.麺つゆを沸騰させた中に豚肉と玉ねぎを入れて一煮立ちさせたら②を入れる。
4.茹で麺は熱湯をくぐして熱々に・・・③をかけて、青菜などをのせる。熱々をどうぞ。

カレーは美肌効果に影響をもたらす!!

カレーに含まれるウコン(ターメリック)は、肌の殺菌・浄化作用もあり、肌の調子を整えてくれます。肌トラブルや湿疹にも効能があるとされ、インドでは薬効として、ニキビや吹き出物のケアに利用されてきました。

インドの女性は、暑い直射日光を浴びている割に、肌艶の美しい女性が多いそうです。美肌の秘密はカレー?

そうして、今日はおまけに面白い記事を見つけたので載せます。

♪♪カレーを食べると幸せになる!
人間の体にはセロトニンという通称「幸せホルモン」があり、なんと脳ではなく腸から出ていることが判明!!
腸からセロトニン分泌指令を出すのに最適な食品は『カレー』であることも判明した。
スパイスが多く含まれ、たんぱく質、脂質、炭水化物がバランスよく摂取できるカレーは、腸を温める効果がバツグンなので「カレーたべて食ったし幸せだわ(笑)」「セロトニン分泌しよっと(笑)」という状態となり、腸がセロトニンをドバドバ出すよう脳に指令を送るのだ。

・・・そうです。1年の終わりを「幸せ」に過ごせますように。良いお年をお迎えください。

著者プロフィール

足立洋子(あだちひろこ)
足立洋子(あだちひろこ)料理家
1951年、函館生まれ。
自由学園女子最高学部卒業。
会員数2万人の「全国友の会」において30年ほど食の講師をつとめる。
NHK「あさイチ」で料理のスーパー主婦として出演。
2013年9月に発売した新潮社から発売した著書『かんたん が おいしい』は13万部を超える。

レシピ本を多数出版している他、雑誌などへのレシピ提供を行なっている。
趣味はお取り寄せ。

関連記事

  1. 切り干し大根のはりはり漬け 【レシピ】パワーみなぎる!切り干し大根のはりはり漬け
  2. 【レシピ】土用の丑の日には“うなぎとみょうがのお寿司”で夏バテ防…
  3. 【レシピ】風邪予防&美肌効果にれんこんのはさみ焼き
  4. 【レシピ】夏疲れにはとうもろこしご飯を 【レシピ】夏疲れにはとうもろこしご飯を
  5. みょうが寿司 【レシピ】初夏を感じるサッパリみょうが寿司
  6. 【レシピ】体の酸化防止に!さんまの梅干し煮
  7. 【レシピ】春菊のサラダで体の中を浄化させて春の準備を
  8. 麻婆筍 【レシピ】麻婆筍でおいしく美肌を目指そう!

New!!

  1. 【プレゼント】『女王陛下のお気に入り』一般試写会
  2. 【セルフネイル】ハッピーをトッピングしてくれるクリアハートネイル
  3. 基本のパウンドケーキを作ってみよう
  4. 寒い冬は“エキナセア”で免疫力アップ&風邪予防
  5. ナチュラルコスメの新色図鑑~2019 SPRING
  6. パリのおすすめホテル Hotel Bienvenue Paris
  7. 【プレゼント】『雪の華』一般試写会
  8. 2019年はミントをぜひ常備しておきましょう!
  9. 【編集長日記】暮らしを大切にすること
  10. 【1月 山羊座の新月】“行動力”と“自分らしさ”が心地よさの鍵

Present & Event

PAGE TOP