CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

足立さんに教わる春キャベツと豚肉のソテー

春キャベツと豚肉のソテー

桜前線は東北までやってきたようです。津軽海峡を越える日も間もなくでしょう。
今日は旬の春キャベツと新玉ねぎを大ぶりにたっぷりと使ったソテーです。

バターで炒めているのが特徴ですが、お肉はもちろん春キャベツと新玉ねぎのおいしさを味わってみてください。
この一品でお肉もお野菜も食べられてしまう、この春一押しのボリュームいっぱい、かんたん過ぎるレシピです。

さて、一年中あるキャベツですが、春キャベツは巻きもあまくて柔らかく生食にむいています。
又、冬キャベツはカッチリと巻きも強く、ポトフやロールキャベツなどの煮込みに向いていると言えます。

春キャベツと冬キャベツ…品種は違いますが、栄養素として含まれている成分にさほど違いはありませんが、美肌を作るための栄養素、ビタミンCは1.3倍、カロテンにおいては約3倍になります。
おそるべし…春キャベツですね。

春キャベツと豚肉のソテー

材料と分量(2人分)
豚の肩ロース生姜焼き用 約200g~300g
春キャベツ 1/2個
新玉ねぎ 1個
バター 20~30g
ウスターソース 適宜
作り方
  1. 春キャベツは大ぶりに、新玉ねぎは1㎝の半月切りにしておく
  2. フライパンキャベツと新玉ねぎを入れて、ところどころにバターをちぎって置き、火にかける
  3. ②に火が入り始めたらお肉を入れて火を通す
  4. ウスターソースをかけながらいただく

美味しい日々
ひとりご飯
1人暮らしになって10年目の時に「ひとりぶんのおうちご飯 おいしく楽しい5つの黄金ルール」と言う本を講談社さんから出版していただきました。
あれから3年過ぎて、未だに「ひとりご飯」を極めたい?と思っています。
今日のレシピもそうですが、彩りよくはひとりご飯には欠かせない条件です。
そして、最近は益々時短を意識しています。
1つのお皿でお肉も、お野菜も…と欲張って毎日新メニューを作って行くのはとても楽しい作業です。
ここのところのヒット作は一皿でお肉もお野菜も…はたまた主食まで入っているスパゲッティ。
野菜たっぷりスパゲッティー
ちぢみほうれん草に、冷蔵庫の中に入っていた野菜を組み合わせました。
スパゲティを茹でている間に野菜切って、オリーブオイルで炒めて茹であがったスパゲッティを入れ、ガーリックパウダーと塩コショウ、最後にだし醤油で風味付けです。
今日も美味しく出来上がりました。

[amazonjs asin=”4062996375″ locale=”JP” title=”ひとりぶんのおうちご飯 おいしく楽しい5つの黄金ルール (講談社のお料理BOOK)”]

プッシュ通知

Author's Profile

料理家足立洋子(あだちひろこ)
1951年、函館生まれ。
自由学園女子最高学部卒業。
会員数2万人の「全国友の会」において30年ほど食の講師をつとめる。
NHK「あさイチ」で料理のスーパー主婦として出演。
2013年9月に発売した新潮社から発売した著書『かんたん が おいしい』は13万部を超える。

レシピ本を多数出版している他、雑誌などへのレシピ提供を行なっている。
趣味はお取り寄せ。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE

※当サイトの全ての掲載記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。