CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

【レシピ】女子力UPな豆腐のチーズグラタン

豆腐のチーズグラタン

豆腐と言うと有名なのは「大豆イソフラボン」です。
この「大豆イソフラボン」の特徴は女性ホルモンに似た働きをすると言うことにあります。

女性ホルモンの低下に伴う一番は更年期障害と呼ばれるもので、肩こりやのぼせ、生理不順となど、近ごろでは若くてもこの辛い症状に悩んでいる方たちが多いと聞きます。意識してお豆腐を主菜にした日を設けてみるのも改善策になると思います。

豆腐のチーズグラタン

材料と分量(2人分)
木綿豆腐 1丁
だし醤油or麺つゆ 適宜
ピザ用チーズ 40~50g
作り方
  1. 豆腐を水切りする。ペーパータオルに包んで、電子レンジで2分加熱。
  2. 厚さが半分になるように、横に切る。
  3. 耐熱皿に入れてだし醤油、又は麺つゆをかけチーズをのせてオーブントースターなどでこんがり焼き目が付くまで焼く。

美味しい日々
籠もり月  後編
籠もっていた間に、普段はバタバタしてできなかったこともしました。
「お土産に」といただく嬉しい物たちも、気持ちがゆっくりしないと食べるところまでは行きつけません。冷凍庫に眠ってもらったり、冷蔵庫の中でじーっと待ってもらったり。

先ずは、冷凍庫に入っていた大好物の銀杏をむきました。銀杏…大好きです。うわさでは聞いていましたが、始めて電子レンジでの殻むきに挑戦しました。
網で煎るよりも数段楽で、むいてる先から食べてしまうほど。カラッと揚げてお塩をふってと思っていたのに・・・。

30個ほどのボケ始めたおりんごでコンポートを作りました。(ボケる…北海道の方言だと言うことがわかりました。しゃきっとした感覚がなくなり、ぼーっとした感じになることです。)

お正月早々に国産レモンをたくさんいただいたのに、そのままで冷蔵庫に入っていましたが、全部レモン汁を絞りそのレモン汁で煮たコンポートのおいしいこと。
おいしいコンポートは色々な方にお福分けをして喜んでいただきました。こう言うのを丁寧な生活と言うのかしら…と自己満足ですが、とても幸せ気分の日々でした。




Author's Profile

料理家足立洋子(あだちひろこ)
1951年、函館生まれ。
自由学園女子最高学部卒業。
会員数2万人の「全国友の会」において30年ほど食の講師をつとめる。
NHK「あさイチ」で料理のスーパー主婦として出演。
2013年9月に発売した新潮社から発売した著書『かんたん が おいしい』は13万部を超える。

レシピ本を多数出版している他、雑誌などへのレシピ提供を行なっている。
趣味はお取り寄せ。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE