足立洋子の体がよろこぶおいしいご飯

【レシピ】パワーみなぎる!切り干し大根のはりはり漬け

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

切り干し大根のはりはり漬け

・カルシウムは、生の約23倍
・カリウムは、生の約14倍
・食物繊維は、生の約16倍
・ビタミンB1・B2は、生の約10倍
このすごい食材は何のことだと思いますか?
実は常備菜の王者「切り干し大根」です。
お日様の光をいっぱいに受けた「切り干し大根」はカサが減った分、旨味も栄養もぎゅつっと凝縮されて素晴らしい食品になります。
利尿作用、むくみ防止、エネルギー代謝促進…と効果抜群!冬の間に知らずにため込まれた不要なものをデトックス!

切り干し大根のはりはり漬け

材料と分量(2人分)
切り干し大根 20g
わかめ 乾燥だったら5g、塩わかめだったら20g
ポン酢醤油 大さじ2~3
作り方
  1. わかめは水に戻すか、塩を抜いて、食べやすい大きさに切っておく。
    切り干し大根は1度水洗いをしてから、たっぷりの水に15分くらいつけて戻し、きっちりと絞る。
  2. ①にポン酢醤油をかけてできあがり。
    ※多めに作っておくと、立派な常備菜になります。

美味しい日々
籠もり月  前編
ちょつと時期がずれてしまいましたが、寒い1月・2月は家に籠もっていることが多いので、昔から籠もり月と言われています。
食で言うと乾物や、保存食を上手に活用して、この籠もり月を過ごすと言うのが昔の習わしだったようです。
北海道は毎年寒いわけですが、この冬は特にここ数年なかった寒さと雪に、お買い物に行くのも面倒くさい。で…、そんな毎日、できるだけお買い物に行かずに済む方法を考えるわけです。見るとあるある乾物や、冷凍庫の保存もの。サッサと食べてしまいたいものを見ないようにしてきたわけですから。そのお蔭で冷凍庫や食品庫が随分スッキリしました。
その一部をご紹介。

一度食べてみたくてお取り寄せしていた平田牧場の冷凍餃子に、たっぷりのちぢみほうれん草を入れてスープ餃子に。上からはこれ又、たっぷりの食べるラー油を。これで栄養だって完璧。

冬越ししているじゃが芋を台に、コストコで買っていたソーセージを乗せてチーズ焼きを…なになに、いつもより愛おしい食卓になりました。

著者プロフィール

足立洋子(あだちひろこ)
足立洋子(あだちひろこ)料理講師
1951年、函館生まれ。
自由学園女子最高学部卒業。
会員数2万人の「全国友の会」において30年ほど食の講師をつとめる。
NHK「あさイチ」で料理のスーパー主婦として出演。
2013年9月に発売した新潮社から発売した著書『かんたん が おいしい』は13万部を超える。

レシピ本を多数出版している他、雑誌などへのレシピ提供を行なっている。
趣味はお取り寄せ。

関連記事

  1. 【レシピ】夏バテ防止に!鰻とみょうがのお寿司
  2. 【レシピ】気楽に作れる海老入りニラ饅頭で冷え性改善&風邪予防!
  3. 青ジソご飯 【レシピ】青じそご飯で美味しくリラックス
  4. たぬき汁 【レシピ】たぬき汁で腸内スッキリ!デトックス
  5. 鱈のハーブソルト 【レシピ】鱈のハーブソルトで欲張り美食
  6. 小豆ご飯 【レシピ】小豆ご飯で、小豆のパワーを味方につけて
  7. 【レシピ】今が旬!鱈の三平汁でカラダにやさしく
  8. 【レシピ】温活女子にピッタリ!鶏南蛮蕎麦で2013年をさようなら…

New!!

  1. 【レシピ】小エビの冷製ジェノベーゼパスタとイタリア風ローストポーク 【レシピ】小エビの冷静ジェノベーゼパスタとイタリア風ロースポーク
  2. 【編集長日記】MY HONEY表参道本店がOPEN! MY HONEY
  3. おもかげのフーガ 「おもかげ」
  4. 【ワークスタイル】父が教えてくれた仕事への姿勢 森本麻未さん(ネイリスト) 父が教えてくれた仕事への姿勢 森本麻未さん(ネイリスト)
  5. 【ネイル】大人ポップなペイズリーネイル ペイズリーネイル

Present & Event

  1. パワーレンジャー
PAGE TOP