CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

7月14日、パリ祭の日の過ごし方

パリ祭 エッフェル塔と花火

フランスはグッと寒くなり、街がクリスマス仕様になってきました。
ですが、今回は真夏の7月14日「パリ祭」の日の過ごし方についてご紹介いたします!

「パリ祭」とは?

7月14日は、1789年のバスティーユ監獄襲撃が起源となった、フランスの建国記念日フランス革命記念日)のこと。フランスでは「le 14 jeuillet」(7月14日)英語では「Bastille day」(バスティーユの日)と呼びます。

実際に「パリ祭」と呼ぶのは日本だけで、パリだけでなく、フランスじゅうがお祭りモードになります。
7月14日についてはこちらの連載で以前にも記事にしていますのでご覧ください。

朝の軍事パレードから夜の花火まで、パリの長い一日

朝は軍事パレード&航空ショー

パリ祭り 軍事パレード&航空ショー

シャンゼリゼ大通りには7時台から人が並び始めます。メトロもシャンゼリゼ大通りに通じる駅はすべて閉鎖。

ここで軍事パレードを見るためには、入場時にセキュリティチェックが必要です。
空港のようなセキュリティゲートがない代わりに、警備員に体をくまなく触られます。(男性の場合は男性警備員が、女性は女性警備員がチェックします)

8時ちょっと前に着いて、なんとか最前列を確保。
フランス国旗と、式次第が配布されます。
時間にルーズなフランスですが、さすがに国を挙げての一大イベント、きっちり時間通りに開始されました。

最前列ではあるのですが、ちょっと…いやだいぶ遠かったです。マクロン大統領は豆粒ほどの大きさでした。
大統領お目当てで行くなら、シャンゼリゼ大通りの北側で見るのがいいのかもしれません。

フランス マクロン大統領

ちなみにトイレはないので、トイレのために柵の外に出ようものならまた厳重なセキュリティチェックが必要になります。

さて、私が見たかったのは、航空ショーでの、フランス国旗「自由・博愛・平等」トリコロールカラーの飛行機雲だったのですが…

パリ祭 航空ショー

シャンゼリゼ大通りでは、あまりにも真上(というよりもちょっと後方)を通って行ったので、一ミリも見ることができませんでした。
上の綺麗なトリコロール飛行機雲の写真は、7年前にルーヴル美術館前で撮ったものです。
「戦車が好き」、もしくは「大統領を一目見たい!」というかたはシャンゼリゼ大通りでの鑑賞が向いていますが、私のようにトリコロールカラーにときめく人は向いていません(笑)

パリ祭り
結局途中で抜けてしまった

夜の花火

夏のパリに夜が訪れるのは、なんと22時過ぎ。
外が完全に暗くなるのは23時頃なので、花火の打ち上げもそのくらいの時間になります。
なので軍事パレードが終わってから夜の花火まではかなり時間が開きます。
ヴェルサイユ宮殿までちょっと遠出をするもよし、ランチしてショッピングして一旦ホテルに帰るもよし、美術館巡りをしてもよし、と、有意義に過ごしましょう。

この日の花火は、「シャンドマルス公園からエッフェル塔を見る」アングルに合わせてプログラミングされているため、もちろんベストポジションはシャンドマルス公園です。
ですが、ここがまた激戦区。
明るい内からみんな場所取りをするので、一人旅での場所確保はほぼ無理(トイレを半日我慢できる人なら別ですが)。
場所取りというか、大勢でピクニックしながらシャンドマルス公園で過ごす、というフランス人が多いようです。

モンパルナスタワーから見下ろす花火

モンパルナスタワーの上から見下ろすという手もあります。
7月14日の夜はいつもより入場料が高く(2019年7月14日は50€でした)、入場は300人限定。
ちょっと遠いのですが、望遠レンズやズーム機能を使えば全然問題ない距離です。
パリで一番高い位置から花火を見下ろすなんて、なかなかできない体験です!

一人旅なら、ホテル プルマンパリ トゥールエッフェル がおすすめ!

エッフェル塔

私は今回一人旅だったので、ホテルから花火を見ることにしました。
トイレの心配も、スリに怯えることも、帰り道の混雑も気にすることもないので、本当に楽でした!

私が泊ったのは、エッフェル塔のすぐ近くにあるホテル プルマン パリ トゥール エッフェル (Hôtel Pullman Paris Tour Eiffel) 。
フランスをはじめ、世界規模で展開するホテルチェーン「アコーホテルズ」の系列ホテルです。部屋数が430部屋とかなり多いので、満室になることはほぼないんじゃないかと言うくらいにとにかく広いです。

だいたいパリでのエッフェル塔ビューのホテルは10万円超えは当たり前なのですが、こちらのホテルはこんなに至近距離でありながらその半分程度の価格で泊まることができるのです。フランスのホテルは「一人当たりいくら」でなく、部屋ごとの金額ですので、二人で泊ればだいぶお得感あります。

ホテル プルマン パリ トゥール エッフェル

真横からの鑑賞なのでときどきエッフェル塔が真っ暗になることもありますが、迫力満点な花火に、全身全霊で感動しました!!

パリ祭 エッフェル塔と花火

動画はこちらから

Hôtel Pullman Paris Tour Eiffel
ホテル プルマン パリ トゥール エッフェル
22 Rue Jean Rey, 75015 Paris
https://www.accorhotels.com/ja/hotel-7229-プルマンパリトゥールエッフェル/index.shtml

早くも来年の7月14日はどこで過ごそうかと画策中です…!

プッシュ通知

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE

※当サイトの全ての掲載記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。