CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

パラサイト 半地下の家族

パラサイト 半地下の家族

『殺人の追憶』(2003)『グエムル-漢江の怪物-』(2006)『母なる証明』(2009)の韓国のポン・ジュノ監督がまたやってくれました! 今回紹介する『パラサイト 半地下の家族』は、クリーチャー映画でもSF映画でもなく、現実世界に生きる家族が、他人と争わずに共生したいと願っているにも関わらず、上手くいかずに寄生的な関係へと追い込まれる、予測不可能な人間ドラマ。ポン・ジュノ監督曰く「本作は、人々が皆で豊かな人生を送りたいと思っても、それがいかに困難であるかが見えた時に生じる、ユーモア、恐怖、哀しみを描いた悲喜劇」。予想のつかない、でも世界のどこかで起こり得る展開に、驚天動地の衝撃を受けました。

パラサイト 半地下の家族

全員失業中、“半地下”住宅で暮らす貧しいキム・ギテク(ソン・ガンホ)一家。長男ギウ(チェ・ウシク)は、ひょんなことから“高台の豪邸”で暮らすIT企業の社長パク・ドンイク(イ・ソンギュン)の家へ家庭教師の面接を受けに行くことになる。思いがけず、高給の就職先を見つけた兄に続き、妹ギジョン(パク・ソダム)も足を踏み入れるが……。この相反するふたつの家族の出会いは、次第に想像を遥かに超える物語へと加速していく。

パラサイト 半地下の家族

ポン・ジュノ監督作には、目の離せない衝撃的なユーモアやサスペンス、アクションがありながらも、現代社会に通じるテーマが必ず隠されています。その一方、明るくキャラの濃い登場人物たちの姿に、思わずクスりと笑ってしまうユーモアも。監督と4度目のタッグを組む、韓国の名優ソン・ガンホは本作でも変幻自在な圧巻の演技で物語を牽引しています。毎度のことながら、期待を裏切りません。

パラサイト 半地下の家族

今年5月に開催された、第72回カンヌ国際映画祭では、審査員満場一致で最高賞の「パルムドール」に輝いた本作。クエンティン・タランティーノ監督作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(公開中)やジム・ジャームッシュ監督作『The Dead Don’t Die(原題)』(2020年春公開予定)の話題作を抑え、韓国映画として初の同賞受賞という歴史的快挙を成し遂げました。また、第92回アカデミー賞(R)国際長編映画賞韓国代表にも選出され、受賞が有力視されています。

パラサイト 半地下の家族

いま世界が直面している貧富格差への痛烈な批判をも内包した、超一級エンターテインメント『パラサイト 半地下の家族』。スクリーンの前で、喜怒哀楽のすべての感情を揺さぶられてください!

パラサイト 半地下の家族
2020年1月10日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー
http://www.parasite-mv.jp/
(C) 2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

プッシュ通知

Author's Profile

GLAM編集長/エディター・ライター國方 麻紀(くにかたまき)
香川・丸亀出身、東京・吉祥寺在住のアラフォーのエディター・ライター。
女性誌『ELLE JAPON』『VOGUE JAPAN』のウェブ・エディターを経て、現在は女性サイト「GLAM」編集長に。
好きな映画のジャンルは、バイオレンスや時代劇、B級など。
「このコラムを読んで普段観ないようなジャンルの映画にも興味を持ってもらえたらうれしいです!」
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE

※当サイトの全ての掲載記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。