CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

パリでBouillon(ブイヨン)を楽しもう

220 views
ブイヨン・シャルティエ

トラディショナルなフレンチがお手頃価格で楽しめる「ブイヨン」

「ブイヨン」と言えば、肉や野菜などからとるスープの出汁のことを連想しますが、フランスでは “トラディショナルなフランス料理を提供する” レストランの形態のことも指します。

トラディショナルと聞くと少しハードルが高いようなイメージがありますが、格式高いレストランではなく、むしろ大衆食堂の雰囲気。

ウッディ・アレンの映画『ミッドナイト・イン・パリ』の中の世界、まるでベル・エポックの時代に迷い込んだような歴史ある建物のなかで、お手頃価格で肩肘張らずにフランス料理がいただけるのが魅力的。

パリの「ブイヨン」と言えばBouillon Chartier (ブイヨン・シャルティエ)

ブイヨン・シャルティエ

以前ご紹介したレストラン「Bouillon Chartier (ブイヨン・シャルティエ」 も、その店名通り「ブイヨン」のひとつ。

世界中のガイドブックにも載っているので、毎日毎日長蛇の列ができるほどの人気店です。

今年の2月にパリ左岸・モンパルナス駅の目の前にもオープンしたので行ってきました。
1900年代創業時、もともとはこちらのモンパルナス店が1号店だったようです。

歴史的建造物として指定された建物、内装もディテールにいたるまで本当に素敵!!

ブイヨン・シャルティエ

メニューを注文すると、テーブルに殴り書き。
これが伝票代わりになるのですが、毎回何を書いているのかさっぱり解読できません(笑)

ブイヨン・シャルティエ

私が必ずシャルティエで注文するのは、ボロネーゼ。
大して美味しくないので他人におすすめはできませんが、昔からの行きつけのお店で毎回同じメニュー、例えば唐揚げ定食を頼むような感覚。
これを食べることでなんだかホッとするし、パリに戻ってきたって気分になれるのです。

ブイヨン・シャルティエのボロネーゼ

Bouillon Chartier Montparnasse ブイヨン・シャルティエ モンパルナス
59 Boulevard du Montparnasse, 75006 Paris
営業時間:11:30〜24:00 無休

2017年オープン「Bouillon Pigalle(ブイヨン・ピガール)」

ブイヨン・ピガール

続いてご紹介するのはBouillon Pigalle(ブイヨン・ピガール)

モンマルトルの丘の麓、ムーラン・ルージュもあるメトロPigalle(ピガール)駅を出てすぐの場所にあります。
2017年にオープンしたばかりのレストランなのですが、今や大人気店です。

二階建ての店内はめちゃくちゃ広いです。
私が行ったときは17時台だったのですぐに入店できましたが、お店を出る頃には行列ができていました。

メニューはフランス語と英語から選べます。
価格帯はシャルティエとかなり似ていて、前菜(と言ってもアペロ程度のサイズのものもあります)は1ユーロ台から、メインも10ユーロ前後。
ワインのメニューも豊富!

ブイヨン・ピガール

Oeuf Mayonnaise(ウフマヨネーズ、通称「ウフマヨ」)という一皿、日本では数年前にキューピーマヨネーズのCMで紹介されていたので知られていると思いますが、ゆで卵にマヨネーズをかけただけのシンプルメニュー。
フランス人にとってのソウルフードでもあります。

なんと「A.S.O.M」 (ASSOCIATION DE SAUVEGARDE DE L’ŒUF MAYONNAISE)、ウフマヨ保護協会まで存在しているのです!!
その協会が開催している「Les championnats du monde de l’œuf mayonnaise」(世界ウフマヨ選手権)で、今年こちらのお店が優勝しました。

簡単すぎるメニューなので、普段ウフマヨって絶対レストランで頼まないのですが、そんなので優勝されたら食べないわけにはいかないじゃない、ということで注文してみました。

見た目はいたって普通ですが。

ブイヨン・ピガールのウフマヨネーズ

結構しょっぱいです。
フランスのマヨネーズって大抵薄味で、「キューピーが最強!」って思っていたけどここのマヨはキューピーよりだいぶパンチが効いていました。
酒の肴、という感じでしょうか。

そしてタルタルステーキもいただきました!
こちらもとってもシンプルで美味しいです。

ブイヨン・ピガールのタルタルステーキ

Bouillon pigalle ブイヨン ピガール
22 Boulevard de Clichy, 75018 Paris
営業時間:12:00 ~24:00 無休

グラスワイン一杯と小さい前菜&メインでも20ユーロ以下で楽しめます。
やっぱり私、こういう大衆食堂・ブイヨンが大好き♡




当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE