CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

夏野菜の揚げ浸しで理想の一汁三菜で平日晩ごはん

192 views

暑い季節の揚げ物はやっぱり苦手・・・と思ってしまう方もいらっしゃるとは思いますが、ぜひ挑戦していただきたい 『野菜の素揚げ』

夏野菜の素揚げ

今日、ご紹介するの平日晩ごはんは、週末ご飯でご紹介した『野菜の素揚げ』を使った『野菜の揚げ浸し』です。

私は、今年の夏もたくさんのお野菜を揚げました。私の夏メニューのベスト1と言っても過言ではありません。

週末に、とにかく素揚げにできるお野菜を少し多めに揚げて、麺つゆ風のたれにどんどん漬け込んでいくだけ。
平日はその日に食べたいものを食卓に出すだけでOK!調味もいらなければ、時間もかかりません。

これぞ理想!一汁三菜の平日晩ごはんの献立

野菜の揚げ浸しと焼き鮭の献立
  • ご飯
  • お豆腐と小葱の味噌汁
  • 焼き鮭
  • 野菜の揚げびたし
  • きゅうりとめかぶの酢のもの

今日は献立の型紙のような一汁三菜にしてみました。
面倒の定番に思われているこのパターンですが、実はこれほどかんたんなものはありません。

お茶碗、お椀、大皿、小皿、小鉢、このお皿のパターンに乗せて行くと良いだけ。バランスの取れた食事ができるからです。

揚げびたしは冷蔵庫から、酢のもののきゅうりは海水漬けの中から取り出して切るだけ。
今日のメニューも脂ののった美味しい鮭を焼いている間に、どれもあっという間に作れます。

酢のものはお口がさっぱりしますが、面倒だったら抜いてしまってもかまいませんよ。

野菜の揚げ浸し

野菜の揚げ浸し

材料と分量(作りやすい分量)

揚げて美味しい野菜・・・合わせて500gくらい
・なす
・ピーマン
・かぼちゃ
・さつまいも
・ししとう
・さやいんげん
・ごぼう
・オクラ
・アスパラetc
揚げ油・・・適量
麺つゆ・・・適量

作り方

  1. 麺つゆはかけ蕎麦くらいの薄さに水で割り、鍋にだしパックと一緒に入れて一煮立ちさせる
  2. 茄子→縦半分に切って斜めに細い切れ目を入れる
    ピーマン→縦半分に切って種を取る
    かぼちゃ→5㎜から1㎝の厚さに切る
    ししとう→真ん中に包丁を入れておく(破裂をさせないため)
    さやいんげん→筋を取る
    アスパラ→食べやすい長さに切る
  3. 鍋に油を入れて(3㎝くらいの分量)野菜を入れて下につかないうちに上がってくるくらいの温度になったら、水気を拭いた野菜を入れて揚げる
    茄子は皮目を下にして揚げると色がさめない、白い身の方がこんがり色づくのが目安
  4. 揚げバットに厚手のキッチンペーパーを敷いて油を切る
  5. 4の野菜を耐熱皿などに並べ、1の麺つゆ(粗熱がとれたもの)をかけ、粗熱が取れたら冷蔵庫に入れて漬け込む
野菜の揚げ浸し

手作り麺つゆ

麺つゆがない!という時には、ご自宅にある材料でかんたんに麺つゆを作ることができます。

材料と分量(作りやすい量)

かつお節・・・1/4カップ
みりん・・・1/4カップ
醤油・・・1/4カップ
水・・・1.5カップ

作り方

  1. 鍋に全ての材料を入れて火にかける
  2. 煮立ったら中火にして1分ほど煮出してから、漉して別容器に入れる
野菜の揚げ浸しの献立

一口メモ
今回は、鮭を焼きましたが、もちろん他のお魚でもOKです。
お魚を焼くのが面倒・・・という方は、もちろんお肉でもOKです。ご自身で色々とアレンジしてみてください。
麺つゆを手作りした場合は、揚げ浸しの工程1は抜かしてください。
野菜の揚げ浸しは、南瓜やさつま芋など、甘いお野菜を入れておくと味のバリエーションがあってとても重宝するのでオススメです。

来月はベース菜「四川の素」を使った週末ごはん・平日晩ごはんをご紹介予定です。
お楽しみに。




Author's Profile

料理家足立洋子(あだちひろこ)
1951年、函館生まれ。
自由学園女子最高学部卒業。
会員数2万人の「全国友の会」において30年ほど食の講師をつとめる。
NHK「あさイチ」で料理のスーパー主婦として出演。
2013年9月に発売した新潮社から発売した著書『かんたん が おいしい』は13万部を超える。

レシピ本を多数出版している他、雑誌などへのレシピ提供を行なっている。
趣味はお取り寄せ。

当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE