ハーブ・漢方生活はじめてみませんか

栄養バランスを調える、五色で薬膳ごはん

栄養バランスを調える、五色で薬膳ごはん

今年も残りわずかになってきました。何かと忙しい年末、さらには忘年会などの外食で食生活が乱れていませんか。
お家で食べる日はなるべくバランスのとれた食事を心がけたいものですが、ついついさっと済ませてしまったり、同じようなメニューになったりしてしまいがち。



そこで今回のテーマは、栄養バランスを五色で調える薬膳ごはんです。五色を意識するだけで、いつものごはんがバランスのとれたお家ごはんに大変身!今日からでも早速取り入れてみましょう。

五色って何?

バランスの良い食事を毎日とることって、意外と難しいと思いませんか?いろいろな食材を使って、メニューを考えて…..と思うだけで、料理を作るのが億劫になることありますよね。

薬膳では、「五行」をベースにした考え方があります。その中に「五色」があり、緑(青)、赤、黄、白、黒という五つの色をあらわしています。この五色は、体の機能をあらわす「五臓」や季節をあらわす「五季」に対応しています。

つまり、この五色を食事でバランスよくとることで、体のバランスが調い、季節による不調にも対応できるというわけです。

薬膳に興味があるけど、なんだか難しそうと思っている人でも、まずこの五色を意識す ることから始めてみましょう。

五色を意識してみましょう。

1日の食事を考えるときに、五色が入るように心がけてみましょう。
朝食に緑と赤の食材を食べれば、昼食と夕食に残りの3色が入るように献立を考えてみ
ください。
1食で全ての色を揃えようと思わずに、1日で考えてみると思ったほど難しくないですよ。

薬膳では、カロリーを意識することよりも、この五色を意識する方が大切であると考えています。(カロリー制限のある方や病気のある方は、お医者さんの指示に従ってくださいね)五色を意識することで、自然と栄養のバランスが調えられていきます。

また、季節と五色も対応しています。春は緑、夏は赤、黄、秋は白、冬は黒です。
それぞれの季節の旬の食材を見てみると、五色と対応していることが多かったりします。
季節によって、その季節の色の食材を少し多めに献立に加えてみるのもおすすめです。

五色に対応する代表的な食材

  • 緑の食材(五季:春 五臓:肝臓、目、胆のう)
    小松菜、ほうれんそう、春菊、きゅうり、長ねぎ、ブロッコリー、菜の花、キャベツ、おくら、にら
  • 赤の食材(五季:夏 五臓:心臓、小腸、血、舌)
    トマト、スイカ、鮭、まぐろ、かつお、たこ、牛肉、豚肉、羊肉、馬肉
  • 黄の食材(五季:土用(長夏) 五臓:脾臓、胃、口、筋肉)
    にんじん、かぼちゃ、とうもろこし、さつまいも、みかん、柿、びわ、桃、卵黄
  • 白の食材(五季:秋 五臓:肺、大腸、鼻、皮膚、髪)
    れんこん、里芋、長芋、大根、かぶ、たまねぎ、ゆりね、ぎんなん、白きくらげ、白米、梨、りんご、いか、白身魚、鶏肉、はちみつ
  • 黒の食材(五季:冬 五臓:腎臓、膀胱、耳、骨)
    なす、きのこ類、ごぼう、黒ごま、黒きくらげ、黒豆、ひじき、昆布、もずく、海苔

簡単薬膳レシピ:五色のバランススープ

簡単薬膳レシピ:五色のバランススープ

材料と分量(2人分)
かぶ 1/2個
鮭(生) 1切れ
かぼちゃ 1/8個
黒ごま 小さじ1
長ねぎ 1/2本
しょうが 1片(千切り)
松の実 小さじ1/2
塩麹 大さじ1/2
みそ お好みの味に調整
出汁(昆布、かつお) 300cc

五色のバランススープには、五色の食材が入っています。特に冬におすすめの食材を使ってみました。
忙しいときなど、お味噌汁やスープなどの1品に五色をバランスよく使うのもおすすめです。その時々の旬の食材を使い、季節によって味付けを変えてもいいですね。

また、五色に五味をプラスするとさらに健康維持や健康増進に役立ちます。
五味とは、「酸味・苦味・甘み・辛味・鹹味(塩辛さ)」の5つの味をあらわします。味覚だけでなく、ぞれぞれ五臓に働きかけ、体の調子を調える働きがあります。

五色や五味を意識することで、食欲もアップし、元気への近道になります。バランスのとれた食事で、体のバランスも調えてみてください。

著者プロフィール

CHIAKI
CHIAKI
1979年生まれ、兵庫県在住。
メーカーでの研究所勤務を経て、現在は薬剤師として奮闘中。
お薬を患者さんに渡す立場として、なるべく病気にかからない予防分野に興味を持ち、ハーブや漢方の資格を取得。
毎日の暮らしに簡単に取り入れることができる、ハーブ、漢方生活をどんどん提案していきます。

関連記事

  1. 植物の力で花粉症対策 植物の力で花粉症対策
  2. 夏の日焼け対策 夏の日焼け対策
  3. 森林セラピー体験してみませんか
  4. 簡単薬膳ごはん~秋のうるおい食養生~
  5. 疲れ目、肩こりをハーブで撃退~スマホ、パソコンが原因?!~ 疲れ目、肩こりをハーブで撃退~スマホ、パソコンが原因?!~
  6. きのこの王様「まいたけ」は毎日食べてほしい薬膳食材 きのこの王様「まいたけ」は毎日食べてほしい薬膳食材
  7. ハーブ・漢方生活はじめてみませんか
  8. ひんやり爽やかなハーブ“ミント”で暑い夏も快適に!

New!!

  1. 【4月 天秤座の満月】心に滋養を。立ち止まる事で、“豊かさ”を引き寄せよう!
  2. わずか10分で完成!桜えびと春キャベツのペペロンチーノで平日晩ごはん 桜えびと春キャベツのペペロンチーノ
  3. みんなが肩の力を抜けるように 辻元舞さん(モデル)
  4. そろそろ必要?大人女子の気合いネイル
  5. 【プレゼント】『リラックマとカオルさん』特製クリアファイル
  6. 私の生き方、振り返ってみませんか?「Grit〜やり抜くチカラ」開催!
  7. 春のストレス対策ハーブ~パッションフラワー~
  8. ナチュラル&オーガニックコスメのNew Comer!
  9. 思わず写真が撮りたくなる街・パリ モンマルトル編
  10. 新年度にオススメ!大人女子の勝負ネイル

Present & Event

PAGE TOP