足立洋子の体がよろこぶおいしいご飯

【レシピ】青じそご飯で美味しくリラックス

青ジソご飯

和ハーブの王様と言えば新緑の季節にぴったりの青シソです。

何となく飾り物のような青シソですが、この青シソ、βカロテンの含有量は野菜の中でもトップクラスですが、もう一つの優れ成分をご紹介しましょう。不足することでイライラ、不安、無気力などの精神不安定の症状になりやすいカルシウムが多く含まれています。カルシウムにはストレス耐性を高める働きがあります。

又、この青ジソのスッキリとした香りには気持ちを落ち着けて、リラックスさせる働きがあると言われています。5月病が有名な昨今ですが、普段のお食事にも気軽に取り入れてみましょう。今日は青ジソをたっぷり使ったかんたんなご飯をご紹介します。

青じそご飯

材料と分量(2人分)※作りやすい分量
2合
大さじ2
小さじ1/3~1/2
出し昆布 5㎝角1枚
青じそ 10枚
作り方
  1. 昆布だしで炊き上げ、ご飯を人肌くらいに冷ます
  2. 青じそは千切りにする
  3. 千切りにした青ジソをご飯にさっくりと混ぜ込む
  4. お茶碗によそって出来上がり!

美味しい日々
まだまだ寒い北海道ですが、昨日はいつものメンバー4人で旭川に行ってきました。
用事のほかに、委員会も兼ねていましたので、外で食べる時間がもったいなく、何年か前に札幌駅で買って美味しかった「春爛漫」と言う駅弁を札幌から4つ買ってJRに乗り込みました。
春爛漫
用事が終わって、会議をする場所に移動。お昼ちょっと前だったけれど、先にお昼をいただきましょうとお弁当を広げました。
道産食材で作られたお弁当はお味も優しく、ふきの煮物にたらの芽の天ぷら、今が旬のサクラマスと美味しいものだらけ。
今の駅弁は当たり外れがないわねーと感激しながら、おいしくいただきました。
ピンクグレープフルーツのゼリー
デザートにはピンクのグレープフルーツで作った、これまた美味しいゼリーを用意してくださり、またまたの「忙中閑あり」でした。
わたしの住む苫小牧より、余程北にある旭川なのに気温は20℃。
ちなみに朝出かけた時の苫小牧は6℃です。苫小牧の桜のつぼみはまだまだ硬くて、本当に咲くのか心配になるほどですけれど、旭川の桜のつぼみは間もなく開きそう。
この記事がアップされる頃には桜前線……北上中のことでしょう。

著者プロフィール

足立洋子(あだちひろこ)
足立洋子(あだちひろこ)料理家
1951年、函館生まれ。
自由学園女子最高学部卒業。
会員数2万人の「全国友の会」において30年ほど食の講師をつとめる。
NHK「あさイチ」で料理のスーパー主婦として出演。
2013年9月に発売した新潮社から発売した著書『かんたん が おいしい』は13万部を超える。

レシピ本を多数出版している他、雑誌などへのレシピ提供を行なっている。
趣味はお取り寄せ。

関連記事

  1. 【レシピ】美容効果抜群!ピーマンをおいしく食べよう
  2. 牛蒡のから揚げ 【レシピ】ごぼうのから揚げで冬の美肌をお助け!
  3. 【レシピ】いかのねばねば和えで血液サラサラ!
  4. 切り干し大根のはりはり漬け 【レシピ】パワーみなぎる!切り干し大根のはりはり漬け
  5. 【レシピ】肥満防止にはわかめの生姜炒め
  6. 【レシピ】かんたんがおいしい野菜の塩麴漬けで酵素を味方につけよう…
  7. たぬき汁 【レシピ】たぬき汁で腸内スッキリ!デトックス
  8. みょうが寿司 【レシピ】初夏を感じるサッパリみょうが寿司

New!!

  1. 【ワークスタイル】たった一度の人生“自分の人生を生きぬきたい” 高山奈保美さん(同)アンジェロ代表
  2. 【プレゼント】『泣き虫しょったんの奇跡』公開直前イベント試写会 】『泣き虫しょったんの奇跡』
  3. 南アフリカの奇跡のハーブ ~ルイボス~ 南アフリカの奇跡のハーブ ~ルイボス~
  4. ナチュラルコスメでつくる、秋のモードメイク ナチュラルコスメでつくる、秋のモードメイク
  5. パリの朝食専門レストラン CLAUS(クラウス) パリの朝食専門レストラン CLAUS(クラウス)
  6. 夏の“足のつり”はアロママッサージで解消しよう!
  7. 野菜の素揚げのせ冷やしうどんと豚の竜田揚げでパワフル週末ごはん 暑い夏を乗り切る休日ごはんの献立
  8. 【プレゼント】『寝ても覚めても』トークショー付試写会 『寝ても覚めても』
  9. 【フラワーアレンジ】真夏はビビットな色合いで
  10. 【占い】七音の幸せになる数秘術占い 8月の運勢

Present & Event

  1. 】『泣き虫しょったんの奇跡』
PAGE TOP