CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

ゴーストバスターズ

ゴーストバスターズ

1984年に世界的ブームを巻き起こしたアイバン・ライトマン監督作のアクション・コメディ映画『ゴーストバスターズ』。私世代には懐かしい作品ですが、若者にはNHK連続テレビ小説『あまちゃん』の駅長がカラオケで「ゴーストバスターズ〜♪」と熱唱していたのでお馴染みでしょうか。今回は同名作の主人公たちを女性に換えたリブート版『ゴーストバスターズ』を紹介したいと思います。

ニューヨーク、コロンビア大学の素粒子物理学博士エリン(クリステン・ウィグ)は、大学の終身在職権の審査直前で心霊本を出版していた過去がバレ、クビになってしまう。途方に暮れたエリンは、ひたすら超常現象研究に没頭してきた幼馴染のアビー(メリッサ・マッカーシー)と、彼女の研究パートナーのホルツマン(ケイト・マッキノン)のともに“幽霊退治”を行う会社「ゴーストバスターズ」を起業。そこに地下鉄でゴーストに遭遇した地下鉄職員のパティ(レスリー・ジョーンズ)と受付としてマッチョでイケメンのケヴィン(クリス・ヘムズワース)が加わる。そんな時、今まで眠っていたゴーストたちが、ゴースト増強装置によってパワーアップし街に溢れ出し…。

ゴーストバスターズ

私はリブート版を観る前に84年版を観返したのですが、比較して良し悪しを言うと…。
まずリブート版が良かった点は、なんといっても最新VFXを駆使した映像がスゴい。ぜひ3Dで観ることをオススメします。3Dでゴーストがスクリーンに映し出されると劇場はまるでホーンテッドマンション状態に! また、84年版オリジナル・キャストのビル・マーレイやシガーニー・ウィーバー、リブート版では製作総指揮も担当するダン・エイクロイド(危うく見落とすようなチョイ役だったので要注意!)、2014年に他界した脚本兼任のハロルド・ライミス、本人役として一瞬オジー・オズボーンもカメオ出演しているので、出番をお見逃しなく。そして、映画ファンにはたまらない名作映画(ゴースト系)のパロディも盛り込んでいて思わずニヤリとしてしまいます。

ゴーストバスターズ

反対に少し残念だったのは、メインキャストの地味さが否めないこと。ポール・フェイグ監督×メリッサ・マッカーシーのコンビはいつも通りの面白さで良いのですが…、それ以外に『デンジャラス・バディ』(2013)のサンドラ・ブロックのような女優が1人欲しかったなと。でもメリッサは役柄同様ムードメーカー的な存在で今回もいい味を出していました。日本での知名度はまだ高くはありませんが、『ヴィンセントが教えてくれたこと』でも書いたように、米『Forbes』誌の「2015年版 最も稼いだ女優」では、ジェニファー・ローレンス、スカーレット・ヨハンソンに次いで第3位にランクインし、米『TIME』誌の「2016年最も影響力のある100人」に選出され、そして二児のママというパワーウーマンです。これを機に注目してみてください。

クリス・ヘムズワース

あと、女性向けに忘れてはならない見所としては、クリス・ヘムズワースです。『マイティ・ソー』シリーズ時ほどムキムキでなく、そしておバカな天然キャラ。最高です! エンドロールでも80年代風のちょっとダサいダンスを踊っているので、本編終了後もお楽しみに。

夏にぴったりのアトラクション・エンタテインメント『ゴーストバスターズ』。とにかくレイ・パーカーJr.のオリジナル・テーマソングが流れるだけでワクワクしますので、ぜひ劇場へ足を運んでください。

ゴーストバスターズ

ストバスターズ
8月11日(木・祝)~14日(日)先行公開
8月19日(金)全国公開
http://www.ghostbusters.jp/




Author's Profile

GLAM編集長/エディター・ライター國方 麻紀(くにかたまき)
香川・丸亀出身、東京・吉祥寺在住のアラフォーのエディター・ライター。
女性誌『ELLE JAPON』『VOGUE JAPAN』のウェブ・エディターを経て、現在は女性サイト「GLAM」編集長に。
好きな映画のジャンルは、バイオレンスや時代劇、B級など。
「このコラムを読んで普段観ないようなジャンルの映画にも興味を持ってもらえたらうれしいです!」

当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE