CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

台湾フルーツたっぷりの台北おしゃれドリンクスタンド

台湾フルーツたっぷりの台北おしゃれドリンクスタンド

你好!daqiaoです!
8月の台湾は夏真っ盛り。大体日々最高気温が37℃前後。
体感気温は40℃くらいになるときもあり、そんなときは吹く風もまるでドライヤーの熱風のようです。
生活する上でこの灼熱の日々を過ごすいくつかのポイント、わたしが日々実践していることをお伝えしておきますね。旅行のときももちろん共通だと思うので。

まずはとにかく熱中症、紫外線対策を!

  • 水分は常に持ち歩きこまめに補給
  • 日焼け止め、帽子、サングラスは必須。日傘は台湾で買うのもあり
    台湾で売っている日傘が結構いいのです。安いもので200元(約700円)くらい。晴雨兼用UVカット付き、裏面がシルバーコーティングになっているものが主流です。もうちょっと金額を出せばワンタッチ式の結構デザインのいいものも購入可能。店でも露天でもあちこちで見かける商品です。あと台湾はかなりの高確率で夕立が起こることが多いのでわたしもバッグの中にはいつも折りたたみ傘が入っています。
  • 歩く速度は超スローで
    うっかり早歩きとか駆け足とかしたら汗と暑さでどろどろになり溶けてしまうかもしれません。笑
    台湾に来た当初、なんだかみんな歩く速度が遅くないか?と薄々思っていたのですがたぶん省エネのためです。汗をかかないように。
  • 無理をしないでタクシーで移動
    台湾のタクシーは初乗り70元(約250円)と日本に比べると料金が安い。言葉ができなくても住所を見せるだけでほぼオッケー。ただ、台湾のタクシーやバス、運転が本当に荒い……。そういうものだと思って乗ってください。あとシートベルトを着用しましょう。そして、タクシーも車体がボロボロのものはなるべく避けること。わたしはなるべく「台湾大車隊」という会社のタクシーを流しでも選ぶようにしています。大手タクシー会社でちゃんとしているので安心感があります。
  • 薄手のカーディガンを持ち歩く
    室内と室外の温度差がとにかく激しいです。室内は基本クーラーがんがんで寒くなることがあるほど。あとバスなどの公共交通機関も当たり前のようにがんがん。例えば九份行きのバスなど長距離を走るバスに乗る際も持っていた方が安心です。ガイドブックなどにはストールなどと書かれていることもありますが個人的に女性ならカーディガンがおすすめ。外を歩く時も肩からかけておけば日焼け対策にもなるのでノースリーブにカーディガン、わたしもこのスタイルが多いです。

あとはとにかく風通しの良い服装を。素材もなるべくさらっと着心地のいいものがいいですね。これだけで体感温度がぐっと違ってくると思います。
ちなみに台湾女子はショートパンツにノースリーブ率が圧倒的に多いです。
最初は結構な露出だなー、と正直思っていたのですが涼しさと突然の夕立の時も被害が少ない理にかなった服装だな、と今は思っています。なので、そんな感じの服装もみんな見慣れているので全く浮くことはありません。ご安心を!

さてまた伝えたいことが多すぎて前置きが長くなってしまいましたが今月の本題です!
冒頭でも書いたのですが、こまめな水分補給は本当に大事。
台湾の素晴らしいところはとにかく至る所にドリンクスタンドがあるところ。
コンビニと同じくらいドリンクスタンドの数もあるような。
街歩きの時にはドリンクを買って、飲みながらぶらぶら。これが台湾流の楽しみ方です。

そのドリンクスタンドにも色々系統があって、主流なのが台湾といえば真っ先に思いつく「珍珠奶茶(タピオカミルクティ)」をはじめとするお茶がベースのお店、その他にはフレッシュフルーツを使ったドリンクも同じくらいメジャーなのですが従来はフルーツ屋さんがやっていたり、夜市の屋台でよく見かけるものでした。
ですが近頃、主にそのフレッシュフルーツを使ったドリンクスタンドにおしゃれの波がやってきている気がするのです。

素材にこだわり内装もおしゃれ。味もばっちり。
ドリンクの色も可愛いものが多いのでついつい写真を撮りたくなってしまいます。
しかも嬉しいのはお値段がどれもお手頃。フルーツの国だからこそのバリューです。

今回はわたしもお気に入りのそんなおしゃれドリンクスタンドを選りすぐってみたのでご紹介しますね!

花甜果室

花甜果室


この2色使いが美しいドリンクは「芭比情歸何處(BARBIE)」という名前。
苺、ブルーベリー、オーツ、はちみつ、ミルクを使ったドリンクです。
冒頭の店頭写真も実はこちらのお店。おしゃれドリンクスタンドの先駆けともいえる存在で周辺にはファッション系やカフェなど年齢層問わず楽しめるショップが揃っていて、お店もいつも賑わっています。システムは先に番号札をとり、番号が来たらオーダーという流れ。

住所:台北市大安區敦化南路一段160巷40號
(MRT忠孝復興駅4番出口より徒歩約8分)
電話:02-2711-0234
営業時間:日~木 12:00-21:00 金土 12:00~21:30
Facebook:https://www.facebook.com/BLOSSOMINGJUICE

agri

agri


この綺麗なグリーンのドリンクはなんと「ずんだシェーク」。
まさか台湾でずんだの味を楽しめるなんて。こちらのオーナーさんは日本人とのことで店内にも日本人スタッフが在住しているようです。
ずんだ、あずき、きなこなどのミルクシェークのほかにフルーツや野菜を使用したスムージーメニューも充実。からだに嬉しいメニュー構成です。店内は席もいくつかあり内装がとにかくおしゃれ。お店のある赤峰街はMRT中山駅から雙連駅までの通りでとても穏やかな雰囲気。このお店のようなおしゃれな雰囲気のカフェ、雑貨店も多くお散歩するのが楽しい通りです。

住所:台北市大同区赤峰街49巷25号
(MRT中山駅4番出口より徒歩約3分)
電話:02-2558-8617
営業時間:12:00-21:00、月曜定休
Facebook:https://www.facebook.com/agri.taipei

菓豬

菓豬


有名な夜市「士林夜市」のあるMRT劍潭駅。駅を出てそのまま大きな通り文林路を士林駅方面に歩いて行くとこのぶたのロゴが可愛いドリンクスタンドがあります。
この日選んだドリンクは「落日美人魚(人魚姫の夕焼け)」という名前のクランベリー、パイナップル、キウイ、オレンジのミックスジュース。しかもカップに注ぐ前に「この味で大丈夫?」と試飲させてくれる親切さ。甘味などが足りなければ調節してくれるようです。夜市散策のついでに、と言いたいところだけれどその時間は人も多く待ち時間も長そう。個人的なオススメは夜市が準備をはじめる夕方ごろ。ゆっくり吟味できるし、静かな夜市の幕開けの雰囲気はちょっとしたわくわく感もあります。日本語メニューもあり。

住所:台北市士林區文林路173號
(MRT劍潭駅2番出口より徒歩約7分 )
営業時間:日~金 15:00-23:00 土 12:00-23:00
Facebook:https://www.facebook.com/菓豬-JuiceNi-1026618057430711/

小角落

小角落


ここのおすすめは「木瓜牛奶」パパイヤミルク。パパイヤミルクは台湾に来てから目覚めた飲み物のひとつ。台湾の完熟パパイヤがミルクと合わさると独特のくせがなくなり、とにかくマイルドでほんのり甘く優しい味に。女性に嬉しい栄養素もたっぷりなので台湾に来たからには一度は飲んで欲しいドリンクです。
しかもここのお店は一般のドリンクスタンドと同じように、砂糖の量、氷の量が選べます。フルーツジュースの場合、あまり聞かれたことのなかったのでそんなところも嬉しいところ。MRT景美駅というあまり観光では行かないような場所ではあるのですが、ローカル感溢れる景美夜市がすぐそばにあります。合わせて立ち寄ってみるのがおすすめコースです。

住所:台北市文山區景文街175號
(MRT景美駅1番出口より徒歩約5分)
電話:02-2930-1300
営業時間:10:30-22:30
Facebook:https://www.facebook.com/CornerPapaya/

プッシュ通知

Author's Profile

トラベルライター&台湾ブロガーコバシイケ子
2011年にはじめて台湾を訪れてから、懐かしさと新しさが入り混じる独特の雰囲気、ゆるさ、旅行だけでは食べつくせない幅広い食のバリエーション、薬膳をはじめとした食文化に魅せられ頻繁に通いはじめる。

2016年、ブログ「TAIWAN IKEKO」を開設。

現在ameba公式トップブロガーとして日々台湾情報を発信中。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE

※当サイトの全ての掲載記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。