CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

クレオパトラも愛用していた【フランキンセンス】で若返り

1-1

こんにちは。セラピストの堀井美岐です。
10月に入り、どこからか金木犀の甘い香りが広がり、心地よい秋を感じさせてくれます。
今月の香りは「フランキンセンス」です。

「若返りの精油」として一時話題になり、店頭から消えた精油として記憶にある方もいるのではないでしょうか?
元々は、イエスの誕生にフランキンセンス(乳香)が金より高価なものとして、捧げられたと言われています。また古代エジプトでは、化粧品としてクレオパトラも目の周りに使用していたとも言われています。

乳香は古代から現代まで宗教的な儀式に欠かせないもので、気持ちを落ち着かせ、体を浄化してくれる効果があります。

フランキンセンスの香りはウッディでかすかにレモンの様な香りがします。古くから瞑想時に用いられていたように、松果体を刺激し、心を安らかにし、平静な感情に導いてくれます。また、日々感じる不安や強迫観念を和らげてくれるに役立ちます。

身体への働きは、粘膜に対してとても効果的で肺の浄化や呼吸をラクにしてくれます。
子宮の強壮に役立つので、鎮静作用として出産の時の強い味方になります。また、産後のマタニティーブルーにも効果的です。その他、咳、喘息、気管支炎、膀胱炎などにも効果的です。はじめに述べたように「若返りの精油」の意味は、皮膚細胞に対して、再生を促す効果があり、老化した肌を活性化させてくれたり、しわ・たるみを改善し肌にハリと潤いを与えてくれると言われています。

フランキンセンスは、免疫力が高く精神、肉体、感情とあらゆる面で万能の精油と言われており、ガン細胞にも効果的と海外では利用されているところもあります。

相性が良い精油は、ラベンダー、ゼラニウム、オレンジスイート、ネロリ、サンダルウッドなど。
これから寒くなり空気が乾燥する季節となりますので、フランキンセンスでプロテクトして心と身体に潤いを与えてみてはいかがでしょう。

プッシュ通知

Author's Profile

magentyセラピスト堀井美岐(ほりいみき)
オーラソーマ(R)プラクティショナー、レインドロップトリートメントをはじめ数秘やアロマリーディング、スピリチュアルリーディングを行うセラピスト。
2012年、自宅サロンmagenty(マゼンティ)をオープン。
自身のアトピー・アレルギー体質を元に自然治癒や代替医療なども学び、こころとからだのケアなどホリスティックビューティーを提供し、現在も勉強中。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE

※当サイトの全ての掲載記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。