CheRish Brun.|チェリッシュブラン

私のごきげんな毎日

孤狼の血 LEVEL2

シネマキアート

あの衝撃から3年。強烈なバイオレンスと秀逸なストーリーテリングで、僭越ながら2018年マイベスト第1位に選んだ映画『孤狼の血』の続編が誕生しました。監督はもちろん(今、個人的に日本で一番信頼している)白石和彌監督。前作の3年後を舞台に、同名原作シリーズ三部作のいずれとも異なる、完全オリジナルストーリーで展開します。

3年前に暴力組織の抗争に巻き込まれ殺害されたマル暴伝説の刑事・大上章吾(役所広司)の遺志を受け継ぎ、広島の裏社会を治める刑事・日岡秀一(松坂桃李)。しかし、刑務所から出所した五十子会上林組組長・上林成浩(鈴木亮平)の登場によって、その危うい秩序が崩れる。ヤクザの抗争、警察組織の闇、マスコミによるリーク、身内に迫る魔の手によって、日岡は窮地に追い込まれていく……。

孤狼の血 LEVEL2 松坂桃李

「本作の製作が正式に決まったことを聞いた時、遂に前作のクランクアップ時に役所さんからいただいて、3年間御守りのように肌身離さずもっていたライターの出番だ!と思いました」と語る松坂桃李。前作では新米エリート刑事だった日岡は、殉職した大上=ガミさんを継承して、本作ではルックスもダーティでハングリーな“孤狼”形態へと変貌を遂げています。ただ、狼になろうとすればするほど、孤独になり、追い込まれ、余裕がなくなっていくのです。『孤狼の血』の看板を背負って立ち、覚醒した松坂桃李のその姿にはとても引き込まれます。

孤狼の血 LEVEL2 鈴木亮平

また新顔組から、日岡の前に立ちはだかる“悪魔”の男・上林を演じる鈴木亮平は、白石監督から「上林を日本映画史に残る悪役にしてほしい」というオファーに、異常な狂気を放つモンスターを作り上げ見事に応えています。日岡のスパイとして上林組に潜り込むチンタを演じる村上虹郎は「任侠映画においてやるべきことがすべて詰まった役どころ」という言葉の通り、物語の端々で強い印象を残しています。

孤狼の血 LEVEL2

前作同様『孤狼の血 LEVEL2』でも、人間ドラマの機微から鳥肌モノの死闘までをリアルに描き、飢えた狼たちの物語を極上のハードボイルドエンターテイメントへと昇華させています。ただ、映画を観ている間ずっと、「ここにガミさんがいたら……」と考えてしまいました。本作には出演していない役所広司という偉大すぎる俳優の存在感にも改めて気付かされました。

孤狼の血 LEVEL2 松坂桃李

孤狼の血 LEVEL2
8月20日(金)全国ロードショー
https://www.korou.jp/
(C) 2021「孤狼の血 LEVEL2」製作委員会

フリーランス エディター・ライター國方 麻紀(くにかたまき)
香川・丸亀出身、東京・吉祥寺在住のエディター・ライター。
女性誌『ELLE JAPON』『VOGUE JAPAN』のウェブエディター、ウェブサイト「GLAM」「tend」「BRASH」統括編集長を経て、現在はフリーランスに。好きな映画のジャンルは、バイオレンスや時代劇、B級など。
「このコラムを読んで普段観ないようなジャンルの映画にも興味を持ってもらえたらうれしいです!」
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Evernote
Feedly
Send to LINE