CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

孤狼の血

孤狼の血

前回の『娼年』での予告通り、今回も松坂桃李の熱演が光る『孤狼の血』を紹介したいと思います。

私は幼少時代から、故・深作欣二監督の「仁義なき戦い」シリーズなどで一世風靡した“東映実録路線”が大好きで、昨年春、広島×ヤクザ×警察の男臭い映画を東映が制作すると発表されてから、それはそれは楽しみにしていました。

ただ、昨今コンプライアンスを過度に重視する日本の映像業界と現代社会のなかで、どこまで表現できるのだろうと案じてもいましたが、期待以上に完成度の高い出来栄えで、ラストは大号泣。現在のところ、私の中で今年一番衝撃を受けた邦画です。

石橋蓮司@孤狼の血

昭和63年。暴力団対策法成立直前の広島・呉原。そこは、未だ暴力団組織が割拠し、新たに進出してきた広島の巨大組織・五十子会系の「加古村組」と地場の暴力団「尾谷組」との抗争の火種が燻り始めていた。そんな中、「加古村組」関連企業の金融会社社員が失踪する。失踪を殺人事件と見たマル暴のベテラン刑事・大上(役所広司)と新人刑事・日岡(松坂桃李)は事件解決の為に奔走するが、やくざの抗争が正義も愛も金も、すべてを呑み込んでいく。警察組織の目論み、大上自身に向けられた黒い疑惑、さまざまな欲望をもむき出しにして、暴力団と警察を巻き込んだ血で血を洗う報復合戦が起ころうとしていた……。

役所広司@孤狼の血

「警察じゃけ、何をしてもええんじゃ」と手段を選ばない捜査方法から、ヤクザとの癒着など黒い噂が絶えない刑事・大上章吾役を演じるのは、名優・役所広司。荒々しく強烈な存在感で、観る者を強く惹きつけます。

松坂桃李@孤狼の血

大上のやり方に疑問を持ちながらも徐々に影響を受けていくエリート新人刑事・日岡秀一には松坂桃李。もがき、葛藤しながら成長していく姿を情熱的に演じ切り、『娼年』に続きまたも新たな境地を見せています。

江口洋介@孤狼の血

五十子会、加古村組から抗争を仕掛けられる老舗・尾谷組の若頭・一之瀬守孝役には江口洋介。そして、大上とは旧知の仲で、捜査に協力するクラブ「梨子」のママ・高木里佳子には真木よう子。
さらに、中村獅童、ピエール瀧、竹野内豊、石橋蓮司、滝藤賢一、田口トモロヲら、日本屈指の俳優陣による演技合戦がスクリーンに炸裂しています。

真木よう子@孤狼の血

『警察小説×仁義なき戦い』と評される、第69回日本推理作家協会賞を受賞した柚月裕子著の同名原作は、ミステリー要素を含みながら複雑に絡み合う緻密なストーリー展開と濃密な人間ドラマで各方面から絶賛を受けています。柚月さんは「『仁義なき戦い』があったからこそ生まれた小説」と語り、そのDNAを受け継ぐ東映が見事に映画化。

そして、メガホンをとったのは、『凶悪』(2013)や『彼女がその名を知らない鳥たち』(2017)など、人間を鋭く、生々しく描写する手腕で世界的にも評価の高い白石和彌。呉原のモデルとなった呉を中心にオール広島ロケを敢行し、渇いた昭和の世界を映像に収め、飢えた狼たちの物語を極上のハードボイルドエンターテイメントへと昇華させています。

孤狼の血

広島の架空都市・呉原を舞台に、刑事とヤクザ、そして女がそれぞれの正義とプライドを胸に、生き残りを賭けて戦う生き様を描いた映画『孤狼の血』。女性の皆さんにはちょっとハードボイルドかもしれませんが、敬遠せずにまずは観てください。何が正義なのか? 誰の為の正義なのか? 生き残るのは誰か? 待ち受ける想像を超えるラストで“孤狼の血”の意味を知った時、驚くべき感動を覚えると思います。

孤狼の血

孤狼の血
5月12日全国公開
http://www.korou.jp
(C)2018「孤狼の血」製作委員会

created by Rinker
¥2,000 (2019/12/15 07:47:28時点 Amazon調べ-詳細)

プッシュ通知

Author's Profile

GLAM編集長/エディター・ライター國方 麻紀(くにかたまき)
香川・丸亀出身、東京・吉祥寺在住のアラフォーのエディター・ライター。
女性誌『ELLE JAPON』『VOGUE JAPAN』のウェブ・エディターを経て、現在は女性サイト「GLAM」編集長に。
好きな映画のジャンルは、バイオレンスや時代劇、B級など。
「このコラムを読んで普段観ないようなジャンルの映画にも興味を持ってもらえたらうれしいです!」
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE

※当サイトの全ての掲載記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。