CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

いかとオクラと納豆のネバネバ和えで血液サラサラ!

暑い毎日が続いていますが、みなさんお元気ですか?
汗をかくこの時期は自然と血液濃度が高くなってしまいます。

今日は、いか納豆オクラなめこと血液がサラサラになるネバネバ食材を組み合わせた、和え物のレシピご紹介します。

いかとオクラと納豆のネバネバ和え

いかとオクラと納豆のネバネバ和え

材料と分量(2人分)

お刺身用のいか…1パック(約130g)
ひきわり納豆…2パック
オクラ…8本
なめこ…1袋
だし醤油…大さじ1 1/2
練りわさび …小さじ1/2

作り方

  1. オクラはさっと茹でて冷まし(水をかけても良い)2ミリくらいの輪切りにする
  2. なめこはさっとお湯を通す
  3. ボウルにだし醤油、わさびを入れて混ぜ、わさび醤油を作る
  4. 3に納豆、いか、おくら、なめこを入れてさっと和える

だし醤油がお手元に無いときは普通のお醤油に旨味調味料をひと振り入れてみてください

いかと納豆のすごいところ

いかは低脂肪、低カロリー、良質のたんぱく質が含まれる健康食材です。
たんぱく質の中には美肌効果が高いコラーゲンが含まれています。

他にもタウリン、ビタミンEなどが含まれていて、タウリンは肝臓の機能を高める役割を、ビタミンEは 抗酸化ビタミンでガンや老化と深く関わりのある活性酸素の働きを抑える優秀なビタミンです。

一緒に組み合わせた納豆は血行不良による冷えや肩こりを和らげ、これも又、美肌効果が期待できます。
納豆とともに、おくら、なめこのねばねばの成分ムチンは血液をサラサラにする作用がありますから、血栓の予防にも!

夜、眠っているときは血液が固まりやすいので夜に納豆を食べる方が血液がサラサラ状態を保てます。
つまり、“いかとオクラと納豆のネバネバ和え”は血液がサラサラになると同時に、美肌にも効果的な女性のためのカジュアル薬膳といえる一品です。





Author's Profile

料理家足立洋子(あだちひろこ)
1951年、函館生まれ。
自由学園女子最高学部卒業。
会員数2万人の「全国友の会」において30年ほど食の講師をつとめる。
NHK「あさイチ」で料理のスーパー主婦として出演。
2013年9月に発売した新潮社から発売した著書『かんたん が おいしい』は13万部を超える。

レシピ本を多数出版している他、雑誌などへのレシピ提供を行なっている。
趣味はお取り寄せ。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE