おフランスかぶれのうたかたの日々

ガレット・デ・ロワの季節!

Bonne Année!!

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願いします。

01

日本ではお正月にはおせちを、7 日には七草粥を食べるという習わしがありますが、フランスの1月の食べ物と言えば…「王様のお菓子」という名の「ガレット・デ・ロワ」(Galette des rois)。

02

ガレット・デ・ロワは、アーモンドクリームがたっぷり入ったパイ。
「フェーヴ」(fève) という小さな陶器を入れ、フェーヴを当てた人は、その一年を幸せに過ごせると言われています。
1月6日、公現祭(Épiphanie)の日に食べるというのが一般的ですが、私の知人のフランス人のほとんどは1月末まで食べています(笑)
年明け最初の運試し。
家族や友達と一緒にガレット・デ・ロワを食べることはフランスでは大切なイベント。

03

日本でもパン屋さんやパティスリーだけでなく、ここ近年はスーパーやコンビニエンスストアなどでも見かけるようになり、かなりメジャーな食べ物になりましたね。
お店によって味も形も大きさも様々。
食べ比べも楽しいのですが、フェーヴや王冠をオリジナルで製作しているお店もたくさんあるので、私はガレット・デ・ロワよりもフェーヴがお目当てで、毎年複数のお店で購入します。
フェーヴの名前の由来は“そら豆”。
そら豆ほどの小さな陶器なので、誤飲防止のためにアーモンドやナッツなどをフェーヴ代わりに使うお店もあります。
フランスではフェーヴ専門店もあるほどで、某有名パティスリーではフェーヴだけで数千円もするものを販売もしています。(ガレット・デ・ロワ本体よりお高かったりもします…)

04

ガレット・デ・ロワの季節、フランスでもうひとつの楽しみは、冬のセール(SOLDES)!
フランスでは毎年夏と冬でセールの時期が決まっているのですが、この冬のセールは1月8日(水)〜2月11日(火)。
この時期にフランスに行かれる方、お買い物もガレット・デ・ロワの食べ比べも楽しんでみてくださいね!

関連記事

  1. 旅は計画するところから既に始まっている—フランス旅行「プラン」…
  2. エッフェル塔よりも歴史あるブランド「Janat(ジャンナッ…
  3. エールフランスのアラカルトメニュー
  4. パリのオススメカフェ「Folks And Sparrows」
  5. シャンゼリゼ大通りで香り高いゲランの紅茶を シャンゼリゼ大通りで香り高いゲランの紅茶を
  6. フランスの港町ナント ジャック・ドゥミ『ローラ』の舞台へ フランスの港町ナント ジャック・ドゥミ『ローラ』の舞台へ
  7. フランス旅行のお土産選び〜食べ物編〜
  8. パリのおすすめレストラン「Astier」

New!!

  1. 【ワークスタイル】たった一度の人生“自分の人生を生きぬきたい” 高山奈保美さん(同)アンジェロ代表
  2. 【プレゼント】『泣き虫しょったんの奇跡』公開直前イベント試写会 】『泣き虫しょったんの奇跡』
  3. 南アフリカの奇跡のハーブ ~ルイボス~ 南アフリカの奇跡のハーブ ~ルイボス~
  4. ナチュラルコスメでつくる、秋のモードメイク ナチュラルコスメでつくる、秋のモードメイク
  5. パリの朝食専門レストラン CLAUS(クラウス) パリの朝食専門レストラン CLAUS(クラウス)
  6. 夏の“足のつり”はアロママッサージで解消しよう!
  7. 野菜の素揚げのせ冷やしうどんと豚の竜田揚げでパワフル週末ごはん 暑い夏を乗り切る休日ごはんの献立
  8. 【プレゼント】『寝ても覚めても』トークショー付試写会 『寝ても覚めても』
  9. 【フラワーアレンジ】真夏はビビットな色合いで
  10. 【占い】七音の幸せになる数秘術占い 8月の運勢

Present & Event

  1. 】『泣き虫しょったんの奇跡』
PAGE TOP