おフランスかぶれのうたかたの日々

ガレット・デ・ロワの季節!

Bonne Année!!

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願いします。

01

日本ではお正月にはおせちを、7 日には七草粥を食べるという習わしがありますが、フランスの1月の食べ物と言えば…「王様のお菓子」という名の「ガレット・デ・ロワ」(Galette des rois)。

02

ガレット・デ・ロワは、アーモンドクリームがたっぷり入ったパイ。
「フェーヴ」(fève) という小さな陶器を入れ、フェーヴを当てた人は、その一年を幸せに過ごせると言われています。
1月6日、公現祭(Épiphanie)の日に食べるというのが一般的ですが、私の知人のフランス人のほとんどは1月末まで食べています(笑)
年明け最初の運試し。
家族や友達と一緒にガレット・デ・ロワを食べることはフランスでは大切なイベント。

03

日本でもパン屋さんやパティスリーだけでなく、ここ近年はスーパーやコンビニエンスストアなどでも見かけるようになり、かなりメジャーな食べ物になりましたね。
お店によって味も形も大きさも様々。
食べ比べも楽しいのですが、フェーヴや王冠をオリジナルで製作しているお店もたくさんあるので、私はガレット・デ・ロワよりもフェーヴがお目当てで、毎年複数のお店で購入します。
フェーヴの名前の由来は“そら豆”。
そら豆ほどの小さな陶器なので、誤飲防止のためにアーモンドやナッツなどをフェーヴ代わりに使うお店もあります。
フランスではフェーヴ専門店もあるほどで、某有名パティスリーではフェーヴだけで数千円もするものを販売もしています。(ガレット・デ・ロワ本体よりお高かったりもします…)

04

ガレット・デ・ロワの季節、フランスでもうひとつの楽しみは、冬のセール(SOLDES)!
フランスでは毎年夏と冬でセールの時期が決まっているのですが、この冬のセールは1月8日(水)〜2月11日(火)。
この時期にフランスに行かれる方、お買い物もガレット・デ・ロワの食べ比べも楽しんでみてくださいね!

著者プロフィール

nontage
nontageWebディレクター
渋谷区在住フランス狂。
趣味:フランス旅行・フランス映画鑑賞・フランス語学習
職業:WEBディレクター兼フランス妄想家
魂はフランスに置いて来ましたが、広島カープファンです。

関連記事

  1. パリのパッサージュ「ギャルリー・ヴィヴィエンヌ」
  2. まるでおとぎ話の世界!パリのレストラン「Le Chalet des Iles」(ル シャレ デ ジル) まるでおとぎ話の世界!パリのレストラン「Le Chalet de…
  3. 暮らすようにパリ滞在!アパートメントホテル「シタディーヌ」…
  4. メニューはステーキ1種類のみ!パリジャンに大人気レストラン
  5. パリの「空中庭園」プロムナード・プランテ
  6. パリで買ったエコバッグたち
  7. パリの新スポット!ルイ・ヴィトン財団美術館
  8. パリで買ったエコバッグたち 第3弾 パリで買ったエコバッグたち 第3弾

New!!

  1. みんな大好きスペシャルハンバーグで休日ごはん
  2. オリジナル ガラスアクセサリーKWAL!(クワル)がポップアップショップを開催
  3. DEAN & DELUCA上陸15周年記念「デルーカさんのアップルパイ」を予約販売!
  4. クリスマスシーズン
  5. 12月は静寂な「ミルラ」の香りで1年を振り返る
  6. 疲れた日はきのこ蕎麦でほっこり平日晩ごはん
  7. 【ワークスタイル】みんなの生活の傍にヨガとヘナを 尾形弓子さん(ヨガ講師 ヘナ&ハーブインストラクター)
  8. パリの荷物預けサービス「At The Corner」と「City Locker」
  9. 【編集長日記】BIOPLE FESに参加してきました Vol.3
  10. ファースト・マン

Present & Event

PAGE TOP