CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

カレーの恩返しカレー 9月22日のランチ

3連休も今日で終わり。
今回の3連休は自宅で仕事をしつつのんびりと。
若い頃は休みとなれば、疲れてようが、やることが多少あろうが、出かけなくちゃ損!と思っていたけれど、今は出かけたい時は出かける、休みたい時は休む。
その判断ができるようになっただけ、少し大人になったのかも。

カレーの恩返しカレー

そんな連休真ん中の日のランチはこちら。

カレーの恩返しのカレー〜今日は、ビーフカレーです。〜

8月に行われたほぼ日初の展示会にて、お土産にいただいたレトルトカレー。
その日は、8月26日に発売されたキーマカレーを試食しとても美味しかったので、こちらも期待大。

朝から少し外出していたオットくんは、楽しそうに自分の食べたいものを買ってきてたので、私一人分のご飯を炊いた。
通常レトルトカレーはパウチのままお湯で温めるものが多いけれど、さすがほぼ日。
おすすめはフライパンで温めることの記載が。
なんでのスパイスの香りがより濃厚になるのだそう。

そんなことを書かれたらもちろんフライパンで温める。
大さじ1杯のお水をプラスして、混ぜながら中火で温めグツグツしてきたら完成。

カレーの恩返し(持ち歩きタイプ)を1/3入れてサッと混ぜ、ご飯の上にかける。

カレーの恩返しカレー

さらに上から、カレーの恩返し(持ち歩きタイプ)をプラスして完成。

あぁ……なるほどスパイシー。当たり前だけれど、キーマカレーとはまた全然違う。
サラっとしたカレーではあるけれど、牛肉の旨味がしっかりと出ていてThe Beef!といった感じ。

パウチから出した時はしっかりとした牛肉の塊が入っているのだけれど、温めている間にほろほろっと崩れていくところも好き。

カレーの恩返しカレー

ベランダで育てているミントとレモンバームをたっぷり入れたハーブティーをお供にしたら、スパイスと、ハーブティーの異なる爽やかが相まって、パクパクと食べてしまった。
次はチキンも食べてみたいし、キーマカレーの味も忘れられない。

ところで、ほぼ日の展示会の時にオーダーした、ほぼ日手帳Weeksホワイトボードカレンダー

ほぼ日手帳とほぼ日ホワイトボードカレンダー

手帳は基本はジャレットバーナルなので、大きいものは必要なく、でも来年のカレンダーを確認するのと、少し先までのスケジュールを見通すために展示会でオーダーした。
他のものも使ったけれど、私にはWeeksが一番しっくりくる。

ホワイトボードカレンダーは一度使ってみたいと思っていたので小さい方をオーダー。
使うのが楽しみ。

9月も残りわずか。もう2020年の手帳やカレンダーを買ってるって。
1年先のことはどうなってるかわからないけれど、こうなっていたいなと思うことは自由。
手帳にはなってたらいいなーって思うことを書いてみよう。

プッシュ通知

Author's Profile

CheRish Brun.編集長小路桃子(しょうじももこ)
1975年10月生まれ。
自由学園女子最高学部を卒業後、鹿島建設(株)に就職。
2005年もっと女性が活躍できる場で働きたいと思い、GMOインターネット(株)に転職。
女性向けブログサービスヤプログ!で、コンテンツ企画・著名人ブログを担当。
映画、美容、レシピコンテンツなどオリジナル企画のほか、各メーカーとのコラボ企画を多数実施する。

2013年に思わぬ転機が訪れ退職。
退職2ヶ月後の2013年7月17日に大人女子を楽しむWebマガジンCheRishを立ち上げる。
その傍ら、母であるスーパー主婦足立洋子の専属フードスタイリスト、ワークユニットJIYU5074LABO.のメンバーとしても活動中。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE

※当サイトの全ての掲載記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。