CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

鮭のムニエルでワンプレート週末ごはん

いよいよ各地で梅雨入り宣言がではじめましたね。
昨年のような豪雨被害が少ないことを願っています。

さて、今月の「週末ごはん平日晩ごはん1度で2度美味しい!」は“生鮭”を使ったレシピをご紹介します。

鮭のムニエルをワンプレートで!

一年中出回っている鮭ですが、北海道近海で穫れるこの時期の鮭は “ 時鮭 ” と言って、脂のりも大きさも最高の “ ” です。
スーパーで売っている鮭は、大きく分けると “ 塩鮭 ” と “ 生鮭 ” ですが、今回は “ 生鮭 ” を使います。

今日ご紹介する週末ごはんは「鮭のムニエル」です。

鮭のムニエル

鮭は ガーリックを少し効かせてオリーブオイルで焼き、次にフライパンの油を軽く拭きり、バターを入れて火にかけ、溶けたら熱々のご飯を炒めたバターライスに。
あとは、彩りを見ながらお野菜を添えたらカフェ風ワンプレート!

  • 生鮭のムニエル ガーリック風味
  • マッシュポテト
  • ほうれん草のソテー
  • プチトマト
  • バターライス

鮭のムニエル ガーリック風味

鮭のムニエル

材料と分量(2人分)

生鮭の切り身…2枚(1切れ約100g)
塩…小さじ1/4
こしょう…少々
白ワイン又は酒…大さじ2
小麦粉…大さじ1
オリーブオイル…大さじ1
にんにく…1片

作り方

  1. 鮭に塩、こしょうをふって10分ほど置き、白ワインまたは酒をを振りかけ更に10分程置く
  2. にんにくをみじん切りにする
  3. 魚から出た水気をキッチンペーパーなどで拭き、茶こしを使って小麦粉を両面に振りかける
  4. フライパンにオリーブオイル油をいれ、にんにくを入れて焦がさないように中火にかけ、にんにくの香りが立ってきたらにんにくを取りだす
  5. 鮭を入れ表になる方を下にして焼く
  6. 良い焼き色がついてきたら裏返して同じように焼き完成!
鮭のムニエル

美味しい鮭を食べたいなら

切り身の鮭を買われると思いますが、まず色を見てできるだけオレンジ色の濃いものを選びましょう。

また、ブロックで売っていたらブロックで買った方が断然おいしいです!
鮭は削ぎ切りにして売られていることが多く、大きく見せている分、身が薄くなっています。
ブロックで買え場合は、削ぎ切りにするのではなく、包丁を真っすぐ入れて切ってください。
それだけでお味がグンと良くなります。

プッシュ通知

Author's Profile

料理家足立洋子(あだちひろこ)
1951年、函館生まれ。
自由学園女子最高学部卒業。
会員数2万人の「全国友の会」において30年ほど食の講師をつとめる。
NHK「あさイチ」で料理のスーパー主婦として出演。
2013年9月に発売した新潮社から発売した著書『かんたん が おいしい』は13万部を超える。

レシピ本を多数出版している他、雑誌などへのレシピ提供を行なっている。
趣味はお取り寄せ。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE

※当サイトの全ての掲載記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。