CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

みんな大好きスペシャルハンバーグで週末ごはん

81 views

12月に入って今年も残すところ一ヶ月を切りましたね。
今年の北海道は異様に暖かく、長い秋を過ごしている感じでしたが、ついに冬将軍の到来!今日はとっても寒いです。

さて、今月の「週末ごはん平日晩ごはん1度で2度美味しい!」は大人も子ども大好きな「ハンバーグ」です。

ハンバーグをフライパンで焼く

作っておくととにかく便利!ハンバーグの素

お料理に時間がかけられる時は、気持ちにも余裕のある時。
「一度の手間で2回分」と、1単位も、2単位も大して時間は変わりませんから、緩い気持ちで取り組んで見てくださいね。

ちなみにわたしのハンバーグには玉ねぎが生でたっぷり入っています。玉ねぎの歯ごたえもまた美味しいので是非試してみてください。

ハンバーグの素

材料と分量(2人分×2)

合挽き肉・・・400g
玉ねぎ・・・大1個
卵・・・1個
パン粉・・・1カップ
牛乳・・・1/2カップ
塩・・・小さじ1
こしょう・ナツメグ・・・3~4ふり
サラダオイル・・・大さじ2/3

作り方

  1. 玉ねぎはみじん切りにする
  2. ボウルにハンバーグの材料をすべて入れ、軽く粘りが出るまでよく混ぜ合わす。
  3. 4等分にして、それぞれたたきながら空気を抜き、小判型に成型する
  4. フライパンに油を入れ熱し、③を入れて焼く
  5. こんがりと焼き色がついたら裏返して3~5分焼く。楊枝などを刺して、透明の肉汁がでてきたら出来上がり。
  6. 2枚は冷まして冷凍する

休日ご飯はみんな大満足のスペシャルハンバーグ

スペシャルハンバーグ
  • ライスorパン
  • スペシャルハンバーグ(トマトといんげんのソテー)
  • かんたんコーンスープ

ちょと物足りないな・・・という時はグリーンサラダを一緒にどうぞ!
また、夜にパンは・・・という時は、ご飯にお味噌汁でも美味しいですよ。

スペシャルハンバーグ

さて、これから今日のメイン「スペシャルハンバーグ」にお色直しです。

スペシャルハンバーグ

材料と分量(2人分)

ハンバーグ・・・2枚
ベーコン・・・40g
ピザ用チーズ・・・40g

作り方

  1. ベーコン→厚めに切る(2枚)
  2. ハンバーグを作る
  3. 両面こんがりと焼けたら、厚めに切ったベーコン、さらにその上にチーズを乗せて蓋をして再加熱する
  4. チーズがとけたら出来上がり!

ンポイント!
ハンバーグにベーコン、チーズをのせて再加熱する際に、ハンバーグの横で輪切りにしたトマトと茹でたいんげんを一緒にソテーすると一石二鳥!
付け合せにどうぞ。

かんたんコーンスープ

材料(約4人分)

コーン缶(クリームタイプ)・・・1缶 ※日本製のコーン缶がおいしいです
牛乳・・・300㏄
バター・・・10g
コンソメ顆粒・・・小さじ2/3

作り方

  1. コーン缶と牛乳を鍋に入れて火にかけ、焦げ付かないようにゆっくりかき混ぜる。
  2. とろみがでてきたら、コンソメ顆粒で味の調整をして、最後にバターを入れる

12月21日更新の平日晩ごはんでは、煮込みハンバーグをご紹介します!
スペシャルハンバーグとはまた違った美味しいハンバーグ料理が楽しめますよ。
寒い冬にはあつあつ!ピッタリです。




Author's Profile

料理家足立洋子(あだちひろこ)
1951年、函館生まれ。
自由学園女子最高学部卒業。
会員数2万人の「全国友の会」において30年ほど食の講師をつとめる。
NHK「あさイチ」で料理のスーパー主婦として出演。
2013年9月に発売した新潮社から発売した著書『かんたん が おいしい』は13万部を超える。

レシピ本を多数出版している他、雑誌などへのレシピ提供を行なっている。
趣味はお取り寄せ。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE