CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

パリの朝食専門レストラン CLAUS(クラウス)

665 views

パリの朝食専門レストラン CLAUS(クラウス)

ジバンシィやイヴサンローランなど、モード界で活躍してきたドイツ人のクラウスさんがオーナーを務めるレストラン「CLAUS」(クラウス)。
パリに2店舗あります。

素材にこだわった朝食専門店「CLAUS」で最高の朝食を!

こちらのレストラン、朝食専用のレストランなのです。
「フランスの“パンとコーヒーだけ”の朝食は、ドイツの朝食と比べると寂しい!」
というクラウスさんの強い思いが形になりました。

クラウスさんのモード界時代のコネクションもあり、お客さんもモード業界の方が多いのだとか。
朝食(&ブランチ)専門店ではありますが、17時まで営業しています!

メニューは何種類かあるのですが、私たちは28ユーロの「LE CLAUS」にしました。

  • 温かい飲み物
  • ジュース
  • パン
  • ミューズリーかグラノラ
  • スクランブルエッグ&ベーコン
    がセットになっています。

ジュースは「デトックス」「ビタミン」「オレンジジュース」から選べました。
「デトックス」=フェンネル、きゅうり、リンゴ、レモン、しょうが、スピルリナ(!)
「ビタミン」=りんご、にんじん、しょうが、オレンジ、ターメリック(!)

どちらもちょっとびっくりな食材が入っていますが、しょうがが効いていて美味しかったです♡

美味しくて、ものすごく体によくて、スタッフも優しい。
最高の朝ごはん♡

ですが…若干…いえ…とてもボリューミーです。
(パンとエシレバターが最初に出てくるので、美味しくて食べ過ぎてしまうのですが)
自家製フロマージュブランが入ったミューズリーやグラノラは、どんぶりサイズですし!

前日の晩御飯を控えめにして、お腹を空かせて行くのがいいと思います。
コースは食べ切れない!という方でも、もちろんアラカルトメニューもあります。
(でも一皿がかなりのボリュームです)

高級ホテルでの朝食もいいけど、素材や原料にこだわった専門店での朝食、すごく美味しくて、おもしろい体験でした。

意外とおひとり様でも入りやすい雰囲気でしたので、一人旅でも是非。
店内はすぐに満席になったので、貴重な貴重な旅の時間、並ぶ時間はもったいないので、予約はしたほうがいいと思います。
※予約は電話のみ。英語は通じます。

CLAUS PARIS – La Maison du Petit-Déjeuner
http://www.claus-paris.net/
 
■ Claus Palais Royal
14, rue Jean-Jacques Rousseau 75001 Paris
Tel.+33 1 42 33 55 10
 
■ Claus Saint-Germain-des-Prés
2 rue Clément 75006 Paris
Tel.+33 1 55 26 95 10
 
営業時間
月ー金 8:00 – 17:00
土日祝 9:30 – 17:00

パレロワイヤル店の向かい側にはエピスリーもあります。
レストランで出しているグラノラやコンフィチュール、チーズなどの乳製品…と、こだわりの商品がいっぱい!
テイクアウトのサンドイッチやサラダなどもあります。

■ L’épicerie du petit-déjeuner
15 rue Jean-Jacques Rousseau 75001 Paris




当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE