ハーブ・漢方生活はじめてみませんか

夏の日焼け対策

夏の日焼け対策

夏もいよいよ本番です!海に山に野外ライブに、夏は外で過ごす機会が意外と多い季節。しかし、気になるのはやっぱり紫外線。今日は知っているようで知らない「日焼け」についてのお話です。

皮膚の構造

日焼けって、どうやって起こるか知っていますか?
まずは、私たちの皮膚の構造について簡単にお話しますね。
人間の皮膚は、体を外部からの刺激などから守ったり、感覚を感じたり、体温を調節したり、とても大切なものです。
皮膚は、体の表面側から、表皮、真皮、皮下組織の3層から成っています。

表皮

体の一番外側で、皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)に関わり、約28日周期で新しい細胞へと生まれ変わります。

真皮

水分、コラーゲン、エラスチンやヒアルロン酸などで構成されており、お肌の張りや弾力に関係しています。

皮下組織

ほとんどが皮下脂肪で、外部からの衝撃を受け止めるクッションの働きをしています。

紫外線とは?

太陽光線の中で、最も波長の短いものです。シミやソバカスの原因になるだけでなく、皮膚の老化や、がんの原因にもなります。紫外線には主に2種類あり、UV-AとUV-Bが日焼けを起こす原因となるものです。

UV-A

紫外線の中では波長が長く、真皮にまで浸透します。UV-Bよりは、作用は弱いですが、長時間浴びると、皮膚が黒くなり(サンタン)、シワの原因となります。

UV-B

いわゆる日焼けはUV-Bの影響で、皮膚の炎症(サンバーン)を引き起こし、シミやシワの原因となります。

日焼けをして皮膚が黒くなるのは、肌の防御作用のひとつです。表皮の一番深いところにある基底層で、メラノサイトからメラニンが作られます。メラニンは、紫外線が表皮より奥深くに浸透するのを防いでいおり、皮膚のターンオーバーによって、皮膚から剥がれ落ちていきます。

しかし、紫外線を浴び続け、メラニンが増加すると、ターンオーバーでは処理しきれずに、色素沈着という形で皮膚に残り、シミやソバカスとなり、その結果、皮膚の老化、皮膚がんなどの原因となるのです。

お肌にやさしい日焼け止め

紫外線の怖さ、わかっていただけたでしょうか?
実は、太陽の光は悪いものだけではありません。骨の健康にはかかせないビタミンDの生成や、自律神経の安定化、免疫機能の維持などに関係しています。
1日15分ぐらい、手のひらなどに太陽を浴びるようにしましょう。朝日を浴びるのがおすすめです。

しかし、それ以上の紫外線は、前述したように危険極まりないもの。なので、紫外線対策はしっかりとしましょう。

ところで、市販の日焼け止めを塗ったら、お肌がピリピリしたという経験はありませんか?紫外線吸収剤などの成分は、紫外線を防ぐ効果は強いですが、人によっては、肌に刺激を感じる場合があります。

今はオーガニックブランドからも日焼け止めが発売されているので、ご自分にあった日焼け止めを探してみてください。

また、短い時間の外出に使える日焼け止め効果のあるクリームを手作りすることもできます。(ただし、長時間のご使用はお控えください)
なお、手作りの日焼け止めを使用する時には、必ずパッチテストを行い、お肌に合うか確認してから使ってください。

 

材料
材料

A

ホホバ油 3g
カメリア油 3g
レッドラズベリー油 3g
シアバター 3g
エマルシファイイングワックス(乳化剤) 2.5g
微粒子二酸化チタン※ 1.5g
微粒子酸化亜鉛※ 2g
水(精製水)
ラディッシュエクストラクト(保存料) 2g
精油(ラベンダー) 5滴

※アミノ酸コーティングあり、親油性(化粧品グレード)

作り方
① Aをビーカーなどの耐熱容器(a)に全て入れます。水を別の耐熱容器(b)に入れます。
① Aをビーカーなどの耐熱容器(a)に全て入れます。水を別の耐熱容器(b)に入れます。
② ①を湯せんします。
② ①を湯せんします。
③ 70℃ぐらいになったら(aの中身が溶けている状態)、いずれも湯せんから外し、水(b)をaの耐熱容器に入れ、ホイッパーなどでクリーム状になるまで混ぜます。
③ 70℃ぐらいになったら(aの中身が溶けている状態)、いずれも湯せんから外し、水(b)をaの耐熱容器に入れ、ホイッパーなどでクリーム状になるまで混ぜます。
④ 冷めてきたら、精油を加えて混ぜます。
⑤ 最後にラデッシュエクストラクトを加え、しっかり混ぜたら出来上がり。クリーム容器などの保存容器に入れて、半年以内に使い切るようにしてください。

材料は、アロマやハーブ、手作り化粧品の専門店、ネットで購入可能です。

ホホバ油やカメリア油、レッドラズベリー油、シアバターなどの植物油は、そのもの自体にSPF効果があります。特にレッドラズベリー油は、SPF30とも言われています。市販の日焼け止めを塗る前に、植物油を塗っておくと、刺激をある程度おさえることもできます。

酸化チタンや酸化亜鉛は紫外線散乱剤と呼ばれ、紫外線吸収剤よりもお肌にやさしいと言われています。しかし、多く入れると白浮きするなどの問題点があります。普段使いであれば、クリーム全体の3~4%程度を目安にすると、白浮きしません。

また、微粒子になればなるほど、お肌に吸収されていくとの問題も指摘されていますが、まだ詳細は解明されていません。ご使用になられる際には、化粧品グレードのものであるかを確認して使用するようにしてください。また、SPFは微粒子よりも劣りますが、微粒子化されていないものを使うのも一つの方法です。

また、お肌の調子に合わせて、お好みの精油や、植物油を使い分けてみるのも楽しいで すよ。

著者プロフィール

CHIAKI
CHIAKI

1979年生まれ、兵庫県在住。

メーカーでの研究所勤務を経て、現在は薬剤師として奮闘中。

お薬を患者さんに渡す立場として、なるべく病気にかからない予防分野に興味を持ち、ハーブや漢方の資格を取得。

毎日の暮らしに簡単に取り入れることができる、ハーブ、漢方生活をどんどん提案していきます。


関連記事

  1. ハーブと漢方でストレス対策
  2. 簡単!おいしい!ハーブで作るドレッシング 簡単!おいしい!ハーブで作るドレッシング
  3. 簡単薬膳ごはん~春の不調を整える食養生~ 簡単薬膳ごはん~春の不調を整える食養生~
  4. ローズの乳液でやわらか肌に
  5. クリスマスにぴったりの、ドライハーブで作るスワッグ
  6. 漢方とハーブで花粉症対策
  7. 疲れ目、肩こりをハーブで撃退~スマホ、パソコンが原因?!~ 疲れ目、肩こりをハーブで撃退~スマホ、パソコンが原因?!~
  8. 奇跡の蜂蜜~マヌカハニー~ 奇跡の蜂蜜~マヌカハニー~

New!!

  1. 【編集長日記】チョコレートの勉強会
  2. 新しいフィリピン、癒しのヒロット旅(3) ナーチャー・ウェルネス・ビレッジでスパ三昧 ヒロット編 新しいフィリピン、癒しのヒロット旅(3) ナーチャー・ウェルネス・ビレッジでスパ三昧 ヒロット編
  3. 正月準備やお年賀特集などをテーマに「AKOMEYAのお正月」フェアを開催! 正月準備やお年賀特集などをテーマに「AKOMEYAのお正月」フェアを開催!
  4. macaroniの刺繍とハンカチ展開催
  5. 全国からヨーロッパのアンティーク雑貨・家具を扱う名店が勢揃い「湘南 蚤の市」開催!
  6. 【チャイレシピ】No.47 豆乳チョコチャイ No.47 豆乳チョコチャイ
  7. レストラン「シロノニワ」が、11月17日(金)にリニューアルオープン レストラン「シロノニワ」が、11月17日(金)にリニューアルオープン
  8. 【レシピ】ごぼうのから揚げで冬の美肌をお助け! 牛蒡のから揚げ
  9. 【ワークスタイル】「仕事も生活も最高!」な働き方 滝口智子さん((株)GreenCreate代表取締役) 「仕事も生活も最高!」な働き方 滝口智子さん((株)GreenCreate代表取締役)
  10. 昨年大好評の“リボンボトル”が帰ってきた!今年はアタリくじ付き!「コカ・コーラ」ウィンターキャンペーン2017スタート!

Present & Event

  1. WinterSoapWorkshop
PAGE TOP