おフランスかぶれのうたかたの日々

フランス大使公邸でガレット・デ・ロワ新年会!

フランス大使公邸でガレット・デ・ロワ新年会!

1月6日は、キリスト教の祝日Épiphanie(エピファニー/公現祭)。
フランスではこの日、「王様のお菓子」という名の“ガレット・デ・ロワ”をいただきます。
「そら豆」の意味を持つ陶器でできた小さな“フェーヴ”を入れたガレットを切り分け、フェーヴに見事当たった人は幸せな一年が過ごせる……という、なんだかとっても素敵な風習なのです。

たくさんのブーランジェリー、パティスリーでガレット・デ・ロワが作られるようになり、ここ数年で日本でもガレット・デ・ロワの慣わしはかなり馴染んできました。
それでもまだフランス人のガレットを食べる量には到底及びません……!
“一年の幸福を願って”という意味では、日本でいうおせち料理のようなものかしら、と思いきや、「1月いっぱいはずーっとガレット食べてる」っていう友人もいます。
確かにこの時期のフランス、ショーウィンドーはガレットでいっぱい。
本当にフランス人はガレット・デ・ロワが大好き。

先日、在日フランス大使館の大使公邸にて新年会が開催され、ここにも日本中のガレット・デ・ロワが大集結!

日本中のガレット・デ・ロワが大集結!

フランス伝統菓子の継承や普及のための団体「クラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワ」が、この会場のガレットを提供してくださいました。

「クラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワ」

知人のフランス人は、ホール一個分くらい余裕で食べていました。すごいです……

フランス本国の大統領府で行われる新年会では、フェーヴは一個も入っていないらしいですが、この日用意された超特大ガレットには5つもフェーヴが。
フェーヴを当てたラッキーな人たちには、柴田山親方、室伏広治さん、大野均さんらからプレゼントが贈呈されました(私はニアミスでしたが柔道家の野村忠宏さんも会場にいらっしゃいました!)

フェーヴを当てたラッキーな人たち

そういえば去年はこの新年会に、知事になる前の小池百合子さんもいらっしゃって、ケーキ入刀ならぬ“ガレット入刀”されていました。

知事になる前の小池百合子さん

フェーヴが当たった方、おめでとうございます。
幸せな一年になりますように♪
(私は今年一個も当たってないですが、幸せに過ごします…^^)

著者プロフィール

nontage
nontageWebディレクター
渋谷区在住フランス狂。
趣味:フランス旅行・フランス映画鑑賞・フランス語学習
職業:WEBディレクター兼フランス妄想家
魂はフランスに置いて来ましたが、広島カープファンです。

関連記事

  1. パリの新スポット!ルイ・ヴィトン財団美術館
  2. NOUS SOMMES PARIS
  3. ジョエル・ロブションの期間限定“野菜づくし”ディナーコー…
  4. パリのセルジュ・ゲンスブール巡礼スポット
  5. パリのコスメブティック「BULY」(ビュリー)
  6. フランス社交界御用達の超高級写真館「スタジオ アルクール パ…
  7. フランス滞在は「ルシアン・バリエール」グループのホテルで…
  8. トリコロル・パリさんのパリガイドブック「パリでした…

New!!

  1. 【ワークスタイル】ゴッドハンドは自分でつくれる 西村麻里さん (セラピスト オーダーメイドリラクゼーションサロンmahオーナー) ゴッドハンドは自分でつくれる 西村麻里さん (セラピスト オーダーメイドリラクゼーションサロンmahオーナー)
  2. 【ネイル】大人女子のハロウィンネイルはシースルー蜘蛛の巣ネイル 【ネイル】大人女子のハロウィンネイルはシースルー蜘蛛の巣ネイル
  3. 強く、美しくなる香港(5) 「美」食を満喫 ケリーホテル香港
  4. 【チャイレシピ】No.37 ジンジャー・ミントチャイ 【チャイレシピ】No.37 ジンジャー・ミントチャイ
  5. 【レシピ】ダイエットにもオススメ!贅沢なめ茸のおろし和え 贅沢なめ茸のおろし和え

Present & Event

登録されている記事はございません。

PAGE TOP