CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

敬老の日には心を癒し、元気にしてくれるフラワーギフトを

52 views
P1370018

9月21日は敬老の日ですね。
もうプレゼントはお決まりでしょうか。
おばあちゃん世代に何を贈ったら良いか判らない…
そんな時は、素直に贈り物の定番のお花を贈ってみませんか?
スタイリッシュなフラワーギフトを提案する日比谷花壇では、今年もステキな敬老の日ギフトが用意されています。

中でも、フラワーアレンジメントとお菓子がセットになったギフトは2倍の楽しみがあってオススメ。
「選べるスイーツセット」は、お花はアレンジメントとリンドウ鉢の2種から、スイーツはヨックモック「チョコレートサンドクッキー」、銀座千疋屋「銀座ゼリー3個セット」、菓匠 三全「萩の月」の3種から自由に組み合わせることが出来るのです。

P1360880

これなら、よりおばあちゃんの好みに合わせた贈り物に出来るはず。
特に「萩の月」は、仙台以外ではなかなか買うことが出来ない銘菓ですから、驚きも一緒に贈ることが出来そうです。

P1360874

また、とらやの「慶事小形羊羹5本入」とセットになったアレンジもあります。
日比谷花壇のお花とお菓子のセットは、いずれもおばあちゃん世代でも知っている、喜ばれる銘菓が揃っているところが特徴ですね。

P1360987

食べ物よりも形に残る、使ってもらえるものをと思う方には、ハンカチやストール、食器とのギフトセットを。
「ハンカチのセット」は、ドイツ・シュニール織の名門ブランドであるフェイラーのハンカチがセットになっています。
フェイラーといえば、母世代・祖母世代に贈るブランドの定番!
お花は終わってしまっても、ハンカチを使うたび、思い出してもらえそうです。

P1360862

日比谷花壇のフラワーギフトには、メッセージカードやお茶のオプションもあります。
お茶は種子島だけで採れる希少価値の高い煎茶「松寿」。
お花とお菓子のセットにお茶を添えれば、ステキなティータイムを贈れそう。

長く生きてきた分、たくさんの物を見て、得てきたおばあちゃん。
「もう何でも持っているはず」そんな風に贈り物に悩んでしまうこともありますよね。
だからこそ、シンプルに贈り物の定番であるお花を贈れば良いのでは?と思うのです。
どんなときも、お花はその場や気持ちを華やかにしてくれます。
お花を見たり、部屋に飾るのは、心理学的にも良い効果を及ぼすのだとか。
見ている人の心をリラックスさせ、和ませてくれるお花。
それこそが、「いつまでも元気でいてね」という気持ちを代弁してくれると思います。

【店舗情報】
日比谷花壇.com
http://www.hibiyakadan.com/
※敬老の日ギフトの注文受付は9月18日まで(お届け日指定の場合はは9月13日まで)




Author's Profile

フリーライターMIKI
大阪芸術大学芸術計画学科卒。在学中の「エンターテイメントと思い出」の考察をきっかけに、思い出に作用するモノやコトに興味を持つ。
「良かったこと」、それを感じる心を大切にし、「ハッピーマインドを鍛える」をテーマに日々を過ごす。
ライター業としては、ビューティー、ファッション系の記事を主に執筆。
Follow :

当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE