CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

定番のカタログギフトも婦人画報ならワンランク上の贈り物に

163 views
IMGP4748

一時期、「相手に好きなものを選んでもらえる」「貰った人に選ぶ楽しみがある」として人気を博したカタログギフト。
今でも、お返しの定番となっていますが、少し手抜き感があるかな?と思ってしまいます。
まるで、贈り物を選ぶ時間と手間を惜しんだような…

とはいえ、カタログギフトは、本当に何を贈って良いか判らない、世代や好みが全く違う方への贈り物としては、下手なものを贈るよりも安全で、喜ばれるのも事実。
今回は、私が他とは少し違うと感じたカタログギフトをご紹介します。

ハースト婦人画報社の雑誌「婦人画報」が展開するグルメ・スイーツ・ギフトのお取り寄せサイト“婦人画報のおかいもの”の「婦人画報×リンベル」カタログギフトは、編集部がこだわりを持って探した商品、サイトで人気の商品が揃っています。

IMGP4749

カタログを開いて、最初に感じるのは名だたるブランドが掲載されているということ。
そう、カタログギフトにありがちな「ナゾのブランド」感を感じさせません。
見慣れた人ならば「カタログギフト用のブランドなのでしょ?」と思ってしまいますよね。

逆に、知っているブランド、憧れのブランドの商品が揃う中から「好きなものを選ぶ」のは、テンションが上がります。

IMGP4751

カタログギフトは贈っておしまいなのではなく、商品を受け取っていただいて、初めて贈り物になるのだと思いました。
好みがあるとしても、「欲しい物がない」カタログギフトを贈るのは避けたいもの。

IMGP4750

「婦人画報×リンベル」のカタログギフトには、商品のほか、カフェチケットなども含まれています。
物ではなく、美味しい思い出や、それを誰かと分かち合う時間を贈ることも可能。
そんなラインナップには、センスの良さと婦人画報ならではの女心に対する理解を感じます。

春は入学や就職などお祝いのお返しも必要になってくる季節。
金額が大きくて、品物で返すにはどうして良いか判らないという場合にも、カタログギフトはオススメです。
定番のカタログギフトだからこそ、差をつけたい。
贈った方に「あれもこれも良さそう」って楽しんで欲しい。
本当に「欲しいものだらけ」のカタログギフトなら、こんなに最強なことはありません。
だって、物を得る以外に選ぶ楽しみも贈れるのですから。
贈り物に困ったら、婦人画報のカタログギフトを選んでみませんか?

【公式サイト】
婦人画報のおかいも
http://fujingaho.ringbell.co.jp/

婦人画報のお取り寄せ




Author's Profile

フリーライターMIKI
大阪芸術大学芸術計画学科卒。在学中の「エンターテイメントと思い出」の考察をきっかけに、思い出に作用するモノやコトに興味を持つ。
「良かったこと」、それを感じる心を大切にし、「ハッピーマインドを鍛える」をテーマに日々を過ごす。
ライター業としては、ビューティー、ファッション系の記事を主に執筆。
Follow :

当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE