CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

愛しの大腸包小腸

92 views

P1020125

近頃はまっている食べ物があります。
それがこの「大腸包小腸」。
名前の雰囲気だけ見るとなんだか少し手が出しづらい感じも若干あるのですが、正直、わたしは初めてこれを食べた時、今までの台湾旅行でなぜ食べなかったのだろう!と結構深く反省しました。

美味しい、という話は耳にしていたのですが、ついつい先延ばしになってしまっていたのですよね。
でも今ようやくこの味に出会えて良かった!本当に!

要はお米のホットドックなのですが、腸詰めにしたもち米のソーセージをしっかりと焼いた後に切り込みを入れ、そこに台湾ソーセージ、きゅうり、香草、泡菜(漬物)などを挟み、お店によってはピーナッツの粉、そして好みで辛いソースをかけてもらいます。

挟む具材もソーセージ以外は屋台によって若干変わってきますが、基本はこんなところです。
もち米ソーセージの「大腸」に台湾ソーセージの「小腸」を挟んでいるから大腸包小腸。内容を知ると案外シンプルでストレートな名前です。

台湾のソーセージ(香腸)は少し甘め。
でもその甘さと塩気と焼いた香ばしさのバランスがなんとも絶妙でわたしはすぐにはまってしまいました。

もち米も腸詰めにしてあるので食感もいいし、なにより食べやすいのが素晴らしい。
意外と小振りなのでちょこちょこと色んな味を楽しみたい屋台の食べ歩きにもぴったりです。

今回私は台中の「逢甲夜市」の屋台で買ったのですが、ここはソーセージのフレーバーが何種類かありました。
「黒胡椒」にしてみたのですが間違いのない美味しさでしたよ。スパイシーかつジューシー!

P1020123

P1020129

屋台の並ぶ雰囲気はこのような感じ。
夕方に行ったので空はまだ明るいし、若干開店準備中のお店もあったのですが、人も少なめでお店の吟味もじっくりできるし、欲しいものもほとんど並ばずすぐに買えるし、意外と早めの時間に訪れるのもおすすめです。
ここは大学の周辺にある夜市なのですが、学校帰りにこの環境。羨ましすぎます……。

P1020133

P1020135

あとはこんなものを買ったり飲んだり。
ローズヒップティに生のレモンが入った冷たいお茶と台湾でよく見かける糖葫蘆(タンフールー)というミニトマトの飴といちご飴とのコラボレーション!トマト飴は甘すぎずほどよくさわやかでこれまた美味しいですよ。

歩いていると日本ではまだ見たことのない食べものがいっぱいの屋台フード。
おいしいものはまだまだ山ほどあるので屋台のおやつ、また紹介しますね。




Author's Profile

トラベルライター&台湾ブロガーコバシイケ子
2011年にはじめて台湾を訪れてから、懐かしさと新しさが入り混じる独特の雰囲気、ゆるさ、旅行だけでは食べつくせない幅広い食のバリエーション、薬膳をはじめとした食文化に魅せられ頻繁に通いはじめる。

2016年、ブログ「TAIWAN IKEKO」を開設。

現在ameba公式トップブロガーとして日々台湾情報を発信中。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE