CheRish Brun.|チェリッシュブラン

私のごきげんな毎日

思わず白いご飯が進んでしまう「さばの味噌煮」

足立さんのレシピノート〜美味しいと知恵〜

鯖の竜田揚げはいかがだったでしょうか?
塩さばの良いところは、お魚をおろしたり、内臓の処理をしなくても良い上に、おいしい下味がついているところ。鯖の竜田揚げは、わたしは少し多めに揚げてお弁当のおかずにと重宝しています。

塩さば

今月のお題:魚料理がマンネリ化しています

アバター
健康のために、魚の献立を積極的に取り入れたいと思っていますが、塩焼きばかりになってしまいます。美味しくてかんたんに作れる魚料理を教えください。
アバター
足立さん
今日は「さばの味噌煮」を作ってみましょう。
これも塩さばを使って作ります。
塩さばを使うことで、【お塩を振って出てきた水気を拭き取る】この臭みをとる動作をはぶくことができます。
ちょっとしたことですが、忙しいと、そのちょっとしたことが手間だったりしますよね。

さばの味噌煮

さばの味噌煮

材料と分量(2人分)

  • 塩さば…半身2枚(1尾分)
  • 味噌…大さじ3
  • 水…大さじ3
  • 長ねぎ…1/2本
  • しょうが…1かけ

合わせ調味料

  • しょう油…大さじ2
  • 砂糖…大さじ2
  • 酒…大さじ4
  • 水…3/4カップ

作り方

  1. 塩さばは半身を半分に切る
  2. 鍋に合わせ調味料を入れて火にかけ、煮立ったら塩さばを入れ、ふたをして煮る
  3. 煮立ってきたら、斜め切りの長ねぎと千切りのしょうがを入れ、ふたをして中火で八分通り火が通るまで煮る
  4. 味噌を水で溶き、ところどころに流し入れ5~6分、味噌の味がなじむまで煮る
  5. 塩さばとねぎを取り出して盛り、残りの煮汁を少し煮詰めて上からかける

足立さんへの質問を募集中!

食事作り、お料理に関するお悩みを足立さんに相談してみませんか?
お悩みのある方はこちらからお寄せください!

料理家足立洋子(あだちひろこ)
1951年、函館生まれ。
自由学園女子最高学部卒業。

会員数2万人の「全国友の会」において40年来、食の講師をつとめる。

NHK「あさイチ」で料理のスーパー主婦として出演。近年はNHK北海道の「ひるナマ!北海道」に定期的に出演。
また、全国各地にて料理講習会・講演会を行なっている。

新潮社から発売した著書『かんたん が おいしい』シリーズは13万部を超え、2022年3月10日に婦人之友社から『つくる人も、食べる人も 幸せな おべんとう』を発売。『ひとりぶんのおうちご飯(講談社)』『どんぶり+もう一品(マガジンハウス)』『めんどくさいがなくなる台所(SBクリエイティブ)』他、著書多数。

雑誌などへのレシピ提供のほか、商品開発などにも携わっている。

2013年よりCheRish Brun.にて月に2回、2017年より『苫小牧民報』にて月1回連載中。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Evernote
Feedly
Send to LINE