CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

7月14日は、フランス革命記念日!

私が今年在宅勤務が始めたのは、冬の終わり。
それから春を迎え、桜を見ずにして初夏になり、梅雨がきて、季節は夏へと。
季節の移ろいをこんなにも家の中で眺めることになるなんて、思ってもみませんでした。
安心してフランス旅行ができる日を待ち続けてから、早5か月が経とうとしています。

フランス パリ

去年の7月14日は、パリで過ごしました。
その時の記事はこちら

朝イチの軍事パレードから始まり、23時30分に花火が終わるまで、1日中ずっとウキウキしながらパリで過ごしました。

今年もこの日を、パリで迎える計画でした。

「まだ航空券高いなー」
「今回はどこから花火を見ようか?」
なんて考えているうちに、世界が大変なことになってしまいました。

この日に旅することを目標にお仕事を頑張ってきたのに、まさか自宅でオンライン花火鑑賞になるとは思ってもみませんでしたが
それでも、健康でこの日を迎えられたことは、とても幸せなことなんだと思います。

フランス革命記念日

今年は朝のシャンゼリゼ大通りでの軍事パレードはなくなり、医療従事者への感謝の想いを伝えるコンセプトのもと、コンコルド広場でのセレモニーのみになりました。

規模は縮小されていたものの、最後のフランス国家「ラ・マルセイエーズ」6番は、鳥肌が立つほど感動し、録画したものを繰り返し見ては、大粒の涙を流したのでした。

23時からのエッフェル塔の花火ショーも、予定通り開催されました。

こちらも無観客でしたが、こういったエンターテインメントを実行する

去年はエッフェル塔の真横で花火鑑賞しました。
今思えば、ものすごく贅沢で幸せ極まりないことだったなあ、と思います。
動画はこちら

https://www.instagram.com/p/Bz6hxNWBmca/

また、例年通りチュイルリー公園での移動遊園地も予定通り開催されています。
アメリカやアジアからの観光客は少ないものの、ヨーロッパ圏からの旅行客で賑わいをみせているとか。

去年の様子はこちら。Twitterでたくさんシェアいただきました!
(酔いそう、という声もいただいていたので、乗り物酔いされやすい方はご注意ください)

私は、10代の終わりにフランスに恋をして、もう何年も何十年も経つのですが
ここ数年でより一層想いは深くなっています。

ですが、40代になってからフランス語を真剣に勉強し始めて気づいたことがあります。

私にはフランス語の才能が本当にないということ(涙)

語学学習のセンスもないし、人一倍勉強していても亀の歩みよりもずっと遅いんです。

でも、フランス愛や、フランス語に対するモチベーションは、誰よりもあります。
だから努力してとにかく量をこなすことは、まったく苦痛ではありません。
そして今年の7月14日のセレモニーを見て、「必ず、フランスに行く。」という気持ちがまた一層強くなりました。

私は努力を怠って、楽をしようとしたり、近道しようとしたりすると、本当にダメっぷりを発揮してしまいます。
語学に近道なんてないのに、早く結果を出したい、早く喋りたい、早くフランスに行きたい、という焦る気持ちばかりが先行してしまって。
だから今、フランス語の試験に向けてしている勉強はとても苦しいのですが、今のレベルに満足することなく、頑張って続けていこうと思います。

強い気持ちと強い愛で、フランスへの想いが届きますように。

フランス革命記念日

友だち追加
@cherishweb_me でも検索できます

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE