CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

「甘酒ヨーグルト」で暑い夏の熱中症予防&美肌対策

203 views
甘酒ヨーグルト

夏の悩みといえば、熱中症と強い紫外線によるお肌へのダメージと感じている大人女子は多いはずです!
私ももちろん悩んでいます。特に最近は暑すぎて、熱中症の恐怖を感じる日々。また、年々日差しが強くなっているような気がしませんか。

そんな夏のお悩みを助けてくれる、薬膳食材があるのです!
それは、「甘酒」と「ヨーグルト」。

寒い時期のもの?寒い国のもの?と思いがちですが、実は夏にぴったりの食材だったのです。
しかもこの2つを組み合わせることがポイント。
さらに、この時期におすすめのフルーツを加えたアレンジも紹介します。

甘酒は冬だけのものではなかった!

甘酒

甘酒といえば、冬にこたつに入って、ふ~ふ~言いながら温まるイメージですよね。
ところが、俳句では、甘酒は夏の季語って知っていましたか?
江戸時代の人たちは、夏バテ防止のために、甘酒を飲んでいたそうです。
先人たちは、からだで甘酒が夏に良いということを実感していたんでしょうね。

最近では、熱中症予防に甘酒が良いと、話題になっていますよね。
店頭には、様々な甘酒が並んでいて、どれにしようか迷うぐらいブームだったりします。
ではなぜ、甘酒がこんなにも注目を浴びているのでしょうか。

甘酒は、米麹と米からできる発酵食品です。
ブドウ糖、アミノ酸、ビタミンB群、ミネラルなどを含み、点滴とほぼ同じ成分であることから、「飲む点滴」とも言われています。

created by Rinker
篠崎
¥594 (2019/08/19 22:37:52時点 Amazon調べ-詳細)

からだのエネルギー源となるブドウ糖、疲労の回復やストレスの緩和、新陳代謝をアップさせるビタミンB群や、アミノ酸が多く含まれ、麹菌が消化吸収も促してくれます。

このように栄養満点であることから、体力が低下している人はもちろんのこと、食欲のないこの季節の夏バテ対策や、熱中症予防に大いに期待できる食材です。
もちろん、冬に飲むことで、風邪予防にも効果的ですよ。

また甘酒には、食物繊維やオリゴ糖も含まれているため、腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整えたり、免疫力アップが期待できます。
腸内環境が良くなると、からだの調子だけでなく、お肌の調子も良くなると言われています。

甘酒が健康にも美容にもよい食材であることが、女性たちを魅了させているのかもしれませんね。

ちなみに、甘酒には、米麹からできたものと、酒粕からできたものがあります。
米麹からできたものは、砂糖やアルコールが含まれておらず、お子様も安心して飲むことができ、お砂糖の代わりに料理やお菓子作りにも使えます。
毎日取り入れるなら、こちらのタイプのものがおすすめです。

一方で、酒粕からできたものは、酒粕をお湯等で溶かして砂糖を加えたものです。アルコールを含みますので、アルコールが弱い方や、お子様、妊娠中の方は控えてください。
粕汁や粕漬けなどのお料理に使うことをおすすめします。

ヨーグルトは熱を冷ましくれる夏の食材

ヨーグルト

ヨーグルトは、腸に良いというイメージがありますよね。
もちろん、腸内環境を整え、改善する効果があり、腸の不調に効果的です。
ヨーグルトを選ぶ時には、ビフィズス菌などが生きて腸まで届くものをなるべく買うようにしましょう。

そして、ヨーグルトには、熱を冷まし、潤す効果もあります。
ほてりや熱を冷ますことで、からだの不要な熱を取り除いてくれます。
夏は熱が体内に溜まりがちです。熱中症の原因ともなりますので、適度に熱を冷ますことはとても大切です。

さらにさらに、腸や肌を潤すことによって、便秘や乾燥した肌にも効果的です。
エアコンや日焼けによって、知らないうちに夏は意外と肌が乾燥しています。
真夏の美肌対策にもヨーグルトはかかせない食材です。

暑い夏の朝には、1杯の甘酒ヨーグルト

甘酒ヨーグルト

このように、「甘酒」と「ヨーグルト」はまさに夏にぴったり!そして、この2つを組み合わせることで、相乗効果により、夏の悩みを改善する効果も期待できます。

甘酒は、栄養たっぷりなので、1日のエネルギー源として、できれば朝に食べたり、飲んだりすることをおすすめします。
プレーンヨーグルトに砂糖代わりに甘酒を加えるのが、手軽でしかも美味しい最強の組み合わせ!

また、お好みのフルーツやきな粉、グラノーラなどを加えれば、しっかりと栄養を摂ることができますので、食欲のない夏や忙しい朝におすすめです。

甘酒ヨーグルトだけでも十分なのですが、フルーツを加えることで、さらに栄養素をプラスすることができます。
今の時期におすすめしたいフルーツは、桃とブルーベリーです。

桃

桃は、食物繊維が豊富なフルーツで便秘解消に、またからだを潤すので便秘や美肌効果が期待できます。
また、夏のフルーツの中では珍しくからだを温めます。(夏のフルーツはからだを冷やすものが多いですので、冷え症の人は食べ過ぎに注意してくださいね)
冷房でからだが冷える機会が多い人は、ぜひ桃を食べてみてください。

ここで桃のうんちくをひとつ。
桃の種は、「桃仁(トウニン)」という血の巡りをよくする生薬として使われています。
女性の不調を改善する生薬として月経不順などに有効といわれています。
漢方薬にも使われているので、ぜひ試してみたいという人は、かかりつけのお医者さんや、薬局に相談してみてください。

ただし、桃の種にはアミグダリン、青酸といった毒性のある成分が少量含まれています。
大量に食べない限り大丈夫ですが、フルーツとして買ってきた桃の種を食べることは、できるだけ避けてくださいね。

ブルーベリー

ブルーベリーは、パソコンやスマホ、紫外線で疲れた目にとても良いフルーツです。
今の季節なら、国産の生のブルーベリーが手に入ります。
甘酸っぱくてとても美味しいので、見かけたらぜひお試しください。もちろん冷凍のもの
などでも大丈夫です。

お好みの季節のフルーツで自分好みにアレンジしてみてくださいね。ぶどうやバナナ、い
ちじくなども、間違いなく美味しい組み合わせです!
ただし、フルーツは糖分が比較的多いので、食べ過ぎには注意です。

また、甘酒が苦手な方は、フルーツ甘酒などとても飲みやすいものもあります。
甘さ控えめなものなどもあり、店頭でぜひ探してみてください。

甘酒とヨーグルトのコンビネーション、ぜひこの夏思いっきり楽しんでみてくださいね。




Author's Profile

薬剤師/ハーバルセラピスト/漢方スタイリストCHIAKI
1979年生まれ、兵庫県在住。
メーカーでの研究所勤務を経て、現在は薬剤師として奮闘中。
お薬を患者さんに渡す立場として、なるべく病気にかからない予防分野に興味を持ち、ハーブや漢方の資格を取得。
毎日の暮らしに簡単に取り入れることができる、ハーブ、漢方生活をどんどん提案していきます。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE