CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

夏はハイビスカス&ローズヒップティーできれいに水分補給

457 views
ローズヒップ&ハイビスカスティーとミント

梅雨に入って、ジメジメとしたすっきりしない毎日が続いています。
そして、暑さもだんだんと厳しくなってきましたね。
ということは、いよいよ夏本番もすぐそこです。

夏バテ、水太り、熱中症、冷房による冷え、食欲不振、紫外線・・・・・・挙げ出すときりがない大人女子の夏のお悩み。
こんなお悩みを、お手軽に解消できる方法があったら夢のようですよね。

今回は、夏にぴったりの、ローズヒップ&ハイビスカスティーのご紹介です。
からだもこころもきれいに水分補給してみませんか。

夏はからだもこころもお疲れ気味

日焼け対策グッズ

夏は他の季節と比べて疲れやすくないですか?
やる気がでなかったり、からだがだるかったり、胃腸の調子が悪かったりなど、個人差はありますが、体調管理がとてもむずかしい季節なんです。

日本独特の高温多湿の気候や、冷房のききすぎなど、からだに負担がかかりやすい条件が揃っていることもあり、熱中症や夏場の冷えなどは現代特有の不調ともいえます。
さらに、体調が優れないと、こころにも影響が出やすく、気力がわかなかったり、何をするのも億劫なんてことにもなりかねません。

温度と湿度が高い夏は、汗をかくことで、体内の温度を保とうとします。そのため、いつもよりもからだの中の水分や血液の代謝が高まります。
この代謝がうまくいかないと、疲れたり、夏バテになってしまいます。
代謝をスムーズに行えることと、汗で失われたミネラルやビタミンを補給することがとても大切です。

また、紫外線による日焼けや肌荒れも、夏場の大きな悩み。
真夏の日差しは、日焼け止めや日傘なんかでは追いつかないことも多いですよね。
でもそのままにしておくと、シミやシワの原因に!あと10年経ったら、シミだらけのお肌が待っていると思うと、今すぐにでもケアが必要です。

夏におすすめの「ハイビスカス&ローズヒップ」ってどんなハーブ?

ローズヒップ&ハイビスカスティー

ハイビスカスとローズヒップ、名前は聞いたことがある方も多いと思います。
最近では、カフェなどでハーブティーとして飲める所も多くなってきましたね。
ハイビスカスとローズヒップのブレンドティーは赤い色がとても情熱的で、酸味が爽やかな、とても飲みやすいハーブです。

では、なぜこの2つのハーブが夏に良いのでしょうか。

ハイビスカスは、別名ローゼルと呼ばれるハーブで、沖縄でよく見かけるハーブです。
観賞用としても、とても人気があります。

かつて、東京オリンピックの時に、マラソン選手のアベベが、ハイビスカスティーを飲んで、金メダルを獲得したということで、とても話題になりました。

ハイビスカスに含まれているクエン酸やハイビスカス酸などの植物酸やミネラルは、代謝を促進し、新陳代謝を高め、肉体疲労の回復を早めます。
2020年東京オリンピックでも、ぜひ天然のスポーツドリンクとして、ハイビスカスティーを飲んでもらいたいなと思ってしまいます。

また、ハイビスカスは酸味があります。酸味は食欲を増進させるので、夏場の食欲不振にもおすすめです。
汗をかいて、体力を消耗するこの季節に、ハイビスカスは最適。沖縄や暑い国でよく飲まれているのにも納得です。

ローズヒップは、「ビタミンCの爆弾」とも呼ばれ、なんとレモンの20~40倍ほどのビタミンCを含んでいます。
そしてビタミンCは、コラーゲンの生成に関与し、シミやシワの予防にも良いといわれています。まさに今の季節にぴったり!

さらに、ビタミンCはフラボノイドと呼ばれる成分と一緒に摂ると抗酸化作用がアップすると言われ、ローズヒップには豊富なフラボノイドも含んでいることから、紫外線などから、からだを守る働きもあると考えられます。

「ローズヒップ&ハイビスカスティー」のおすすめの飲み方

ローズヒップ&ハイビスカスティー

夏バテや疲れ、美容にと、この季節に何かと重宝するローズヒップとハイビスカス。
わたしのおすすめは、もちろん「ハイビスカス&ローズヒップティー」です。
ハイビスカスとローズヒップだけのブレンドでも十分に美味しいのですが、酸味が苦手な方や、さらに効果を高めたいという方に、おすすめの飲み方をご紹介します。

甘味をプラスする

酸味が苦手な方は、砂糖(きび糖やてんさい糖など)や、ハチミツ、メープルシロップを加えると、とても飲みやすくなります。カルピスもおすすめですよ。

ルイボスティーをブレンドして抗酸化力アップ

抗酸化力の王様的存在のルイボスティーは、相乗効果によって抗酸化力と代謝促進がさらに高まります。 

暑い時にはペパーミントをプラス

ペパーミントは、クールダウン作用がありますので、夏の暑い日にはぜひ。
ミントの爽やかさと酸味がとても相性の良いブレンドです。

コーディアルをプラスして飲みやすく

ハーブをシロップで漬け込んだコーディアル。最近では様々なハーブのコーディアル商品が売られています。
コーディーアルは甘味があり飲みやすくするだけでなく、ハーブの効能も期待できます。自分の体調にあったコーディアルをプラスしてみても良いですね。

ハイビスカスとローズヒップには、どちらも便通をよくする作用があります。
便秘気味という方にはおすすめなのですが、飲み過ぎると、下痢を起こす場合もありますので、自分の体調と相談して、適量を飲むようにしてください。

夏場は、アイスも美味!フレッシュのミントを飾れば、おもてなしにもぴったりですよ。




Author's Profile

薬剤師/ハーバルセラピスト/漢方スタイリストCHIAKI
1979年生まれ、兵庫県在住。
メーカーでの研究所勤務を経て、現在は薬剤師として奮闘中。
お薬を患者さんに渡す立場として、なるべく病気にかからない予防分野に興味を持ち、ハーブや漢方の資格を取得。
毎日の暮らしに簡単に取り入れることができる、ハーブ、漢方生活をどんどん提案していきます。

当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE