CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

パリ イヴ・サンローラン美術館 Musee Yves Saint Laurent Paris

398 views

パリ・セーヌ川、エッフェル塔からも近いアルマ橋から徒歩ですぐのところにある、イヴ・サンローラン美術館 Musée Yves Saint Laurent Paris。

2017年10月にオープンしたばかりの美術館。
それまでは約30年もの間イヴ・サンローランのオフィスとして使われていたそうです。
その外観は眩しいほど白く美しいのですが、ナポレオン時代から存在する歴史ある建築物。
公私ともにイヴのパートナーであったピエール・ベルジェは、この美術館オープン直前の9月に亡くなってしまいました…。

最近はそこまで行列していないようですが、インターネットで日時指定のチケットを予約購入しました。
待ち時間ゼロで入館。入場料は10ユーロですが、ネット購入だと手数料がプラスで1ユーロかかります。
旅の途中なので、1ユーロ出して時間を買ったと思えば安い安い。

最初に通されるサロンでは、サンローランの軌跡を振り返る動画を見ます。
この動画は特に目新しいものでなく、既視感があるのですが…
動画が終わらないと次の部屋に通されないので、静かに功績を讃えます。

ちなみにこのサロンの奥の部屋にコインロッカーがあるので、荷物が大きい場合は利用します。(使用後にコインは返却されます)

動画を見終わったら、いよいよ展示フロアへと。
展示入り口には、アンディ・ウォーホルの、サンローラン・ポートレート。

世界中を旅しているような感覚で眺めるコレクションは、美しくて楽しいです。
丁寧な手仕事、オートクチュールの数々、見ていると心の底からワクワク感が湧き出てくるのです。

そして一番楽しみにしていたアトリエを再現した部屋へ。

鉛筆を走らせる音が聞こえてきそうなくらいリアルに再現されていました。
ブランドのミューズである、カトリーヌ・ドヌーヴのお写真も。

美術館全体の規模感は小さく、コレクションの展示数はさほど多くないように思いました。
でも、なんと5,000ものオートクチュール、プラス1,500ものアクセサリーが展示されています!
とは言えコレクションの説明をきちんと読んでも、所要時間は1時間半~2時間もあればじっくり観ることかできるのではないでしょうか。

2019年か2020年には日本での展示もあるみたいなので、首を長ーくして待ちます♡

Musée Yves Saint Laurent イヴ・サンローラン美術館
https://museeyslparis.com/
5 avenue Marceau 75116 Paris
(住所は上記の通りですが、入り口はRue Léonce Reynaud側にあります)
開館時間
火-日曜 11:00-18:00(金曜 21:00まで)月曜休館




当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE