足立洋子の体がよろこぶおいしいご飯

【レシピ】気管支スッキリ!大根とくこの実のサラダ

1

11月になって、朝夕はすっかり寒くなってきましたね。
寒暖の差が大きくなると、本式の風邪とまでは行かなくても出てくる喉の痛みや、咳、痰のからみ。
今日は喉系に良く効くと言われ、いよいよ美味しくなってきた旬の大根と、薬膳には欠かせないくこの実を合わせた冬に向くサラダを作ってみましょう。

大根とくこの実のサラダ

材料と分量(2人分)
大根 200g
小匙1/2弱
くこの実(乾燥したもの) 大匙1
貝割れ菜 1/2パック
<ソース>
ポン酢 大匙2
サラダ油 小匙1
作り方
1.大根は4㎝×1㎝ 2㎜の厚さの短冊に切り、塩を混ぜて5分ほど置いてしんなりしたら水を軽くしぼる。
2.くこの実は洗ってぬるま湯に付けて(15分くらい)ふっくらとしてきたらざるにあげる。
3.大根とくこの実を混ぜ合わせて、貝割れ菜を飾る。
4.ソースをかけてどうぞ。

大根の辛味成分にはがん予防の効果も!

大根の有名な効能はアミラーゼ、ジアスターゼ、ペルオキシダ-ゼなどに代表される消化酵素の働きですが、このほか、有害物質を駆除する効果や、発がん性物質の活動抑制効果などがあるとされています。

又、大根の辛味成分である「メチルメカプラン」には血栓の防止効果や解毒作用があり、生活習慣病の予防やがんの予防効果などに効果があります。
その中で古代中国の医学書には「大根は痰を取る。」と書かれているそうです。

冬に風邪をひきやすい方、喘息の方、年配の方は咳が出やすいのですが、大根を食べると体内の余分な熱を取ったり、肺を潤す作用がありますので、風邪の熱や喉の痛み、咳、痰が取れ、気管支がスッキリします。

又、一緒に組み合わせた「くこの実」は古くから滋養強壮、不老長寿、解熱、眼精疲労にも効能ありの薬膳には欠かせないものです。

著者プロフィール

足立洋子(あだちひろこ)
足立洋子(あだちひろこ)料理家
1951年、函館生まれ。
自由学園女子最高学部卒業。
会員数2万人の「全国友の会」において30年ほど食の講師をつとめる。
NHK「あさイチ」で料理のスーパー主婦として出演。
2013年9月に発売した新潮社から発売した著書『かんたん が おいしい』は13万部を超える。

レシピ本を多数出版している他、雑誌などへのレシピ提供を行なっている。
趣味はお取り寄せ。

関連記事

  1. 夏疲れをキムチチャーハンでしゃっきり! 【レシピ】夏疲れをキムチチャーハンでしゃっきり!
  2. 【レシピ】腸をキレイにする大根のゴロンとスープ
  3. コブサラダ 【レシピ】カラフルでおいしいコブサラダ
  4. 【レシピ】体の酸化防止に!さんまの梅干し煮
  5. 麻婆茄子のジャージャー麺風うどん 【レシピ】麻婆茄子のジャージャー麺風うどんで夏のむくみとさような…
  6. 【レシピ】冷やし汁粉で美味しく夏の疲れとり!
  7. 【レシピ】たこのチヂミで疲れを吹き飛ばそう! 【レシピ】たこのチヂミで疲れを吹き飛ばそう!
  8. 【レシピ】これぞ体がよろこぶおいしいまめまめサラダ

New!!

  1. 【ワークスタイル】たった一度の人生“自分の人生を生きぬきたい” 高山奈保美さん(同)アンジェロ代表
  2. 【プレゼント】『泣き虫しょったんの奇跡』公開直前イベント試写会 】『泣き虫しょったんの奇跡』
  3. 南アフリカの奇跡のハーブ ~ルイボス~ 南アフリカの奇跡のハーブ ~ルイボス~
  4. ナチュラルコスメでつくる、秋のモードメイク ナチュラルコスメでつくる、秋のモードメイク
  5. パリの朝食専門レストラン CLAUS(クラウス) パリの朝食専門レストラン CLAUS(クラウス)
  6. 夏の“足のつり”はアロママッサージで解消しよう!
  7. 野菜の素揚げのせ冷やしうどんと豚の竜田揚げでパワフル週末ごはん 暑い夏を乗り切る休日ごはんの献立
  8. 【プレゼント】『寝ても覚めても』トークショー付試写会 『寝ても覚めても』
  9. 【フラワーアレンジ】真夏はビビットな色合いで
  10. 【占い】七音の幸せになる数秘術占い 8月の運勢

Present & Event

  1. 】『泣き虫しょったんの奇跡』
PAGE TOP