CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

2016年、悲しいフランス革命記念日

112 views

01

7月14日はフランス革命記念日(パリ祭)。
パレードが行われたり花火を打ち上げたりと、フランス各地で盛大にお祝いします。
フランスではこの翌日から長い夏休み・バカンスをとる人が多く、陽気なムードで大いに盛り上がる日。

サッカー欧州選手権・EURO 2016 では開催国であるフランスは惜しくも準優勝。サポーター同士の乱闘事件はあったものの、無事に幕を閉じて胸を撫で下ろしたところ。今年も例年通り楽しい7月14日になるはずでした。

フランスの南東のリゾート地・ニースで、たった一人の犯人が大型トラックで群衆に突っ込み、84人もの命を亡くし、200人以上を負傷させるという悲しい事件が起きてしまいました。今回の事件を受け、昨年11月のパリ同時多発テロ以来続いていた「非常事態宣言」(厳戒態勢、セキュリティを強化する期間)は、さらに来年の1月まで延長されました。

事件発生の数時間前、私は日本のフランス大使館大使公邸にて、パリ祭をお祝いしていました。
生憎の大雨でしたが、美味しいお料理とシャンパーニュを片手に、心地よい音楽と大好きな人たちと大好きなフランス語に囲まれ、楽しい時間を過ごしていました。

02

03

そのときに旅行会社の方から聞いたお話では、昨年のテロ以来、相変わらずフランスへの旅行者の数が増えていないとのこと。
ヨーロッパの他国では戻りつつあるのに、フランスだけは全然戻らない、と。
今回の事件後、また旅行先からフランスという選択肢を削除する人が増えてしまうかもしれません…。

Nous sommes unis.

これ以上、負の連鎖が起きないことを祈るしかない日々です。




当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE