CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

フランス発の高級ジュースブランド「alain milliat(アラン・ミリア)」

192 views

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フランスの高級ジュースブランドalain milliat(アラン・ミリア)。
先日、表参道のレストラン& éclé(アンドエクレ)で、ジュースとお料理のマリアージュを楽しむプレスランチが開催されました。

アラン・ミリアは、リヨン郊外オルリエナで果樹園を営む家に生まれ育ち、果樹園経営に長く携わってきました。
果実の美味しさをジュースやネクターを通して多くの人に伝えたい。
そんな思いからフランス産高級ワインのように、原材料の産地の選定や、製法にこだわった商品を開発、ルレ・エ・シャトーのソムリエ約60名と意見交換をしながら、1997年に「アラン・ミリア」のジュースとネクターとして発表しました。
フルーツ栽培に関する深い知識と経験に情熱を注いで創り上げたジュースとネクターは、フランスが誇る美食のひとつとして注目を集めています。
⇒アルカン ホームページより

1997年にアランさんと意見交換したソムリエたちはすっかりこのジュースに魅了されたのですが…それまでは、高級レストランでも、工場で大量生産されたジュースしか供給してなかったんですって!
現在、アラン・ミリアで生産しているジュース&ネクターのラインナップは35種類以上。(そのうち、19種類を日本に輸入。日本のラインナップは⇒こちら)
フランスではコンフィチュールも発売されています。
現在フランスでは、4つ星、5つ星ホテルの47%、高級レストランの約1,100店で使用されていて、約600店舗の高級食料品店とワインショップで販売しているそう。

それぞれのフルーツの持ち味を誠実に再現することを目指す、アラン・ミリア。
最高の状態でフルーツを収穫するだけではなく、完熟フルーツを味わう喜びを思い起こさせるよう、果汁の舌触りや果肉の食感までも再現することに努めているそう。

「料理とのペアリングをお楽しみいただく機会を作りたい」
アランさんの念願だったというこのランチ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アンドエクレのシェフ、オリヴィエ・ロドリゲスさんが考案した特別メニューとと、アラン・ミリアの数々のジュースとのペアリング…
お料理とワインのマリアージュを楽しむ、というのは今までにもありましたが、ジュースでは初めて!

前菜「オマール海老とズッキーニのコンポジション&アボカドのヴルーテ ライム風味」に合わせるのは、「マンダリンジュース」「シャルドネ種白グレープジュース」「ソーヴィニョン・ブラン種白グレープジュース」の3種類。
「甘味と苦みのバランス」にとことんこだわったというアランさんの思いが、ぎゅっと凝縮されているマンダリンジュースは、あまりにも美味しすぎて卒倒もの。爽やかなヴルーテによく合いました!

03

アンドエクレの名物クーリシャス、「スパイス風味玄米ライス&アロマティックハーブwithビーツクーリ」に合わせるのは「カベルネ種ロゼグレープジュース」「メルロー種赤グレープジュース」「カシスネクター」の3種類。
まるで爽やかなロゼワインと濃厚な赤ワインとのマリアージュを楽しむかのようにいただくクーリシャス。ビーツや玄米の食感も楽しかったです。

04

フォトジェニックなデザート「クレームダンジュ&マンゴーのコンポートwithドラゴンフルーツクーリ」に合わせるジュースは「ライチネクター」「マンゴーネクター」「パイナップルジュース」の3種類。

05

一度の食事でこんなにジュースを飲むのは初めての経験!
ワインと違って酔わないので、お料理そのものと素材の美味しさをとことん味わえたのもよかったです♪
素材、生産地、収穫時期…と、とことんこだわって愛情がたっぷりつめられたアラン・ミリアのジュース。是非みなさんもお料理とジュースのペアリング、楽しんでみてください!

alain milliat(アラン・ミリア)
https://www.arcane-jp.com/products/w/jus_nectar.html

& éclé(アンドエクレ)
http://and-ecle.com/




当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE